アグエロ、膝手術でワールドカップに間に合わなそう | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2018/04/24
アグエロ、膝手術でワールドカップに間に合わなそう

アグエロ、膝手術でワールドカップに間に合わなそう
アグエロがユナイテッド戦でアシュリー・ヤングのタックルを受け負傷
膝の関節鏡手術で1ヶ月以上らしい

アグエロのW杯出場に暗雲?AFA医師「100%になれるとは到底思えない」
(Goal)

アルゼンチン代表のFWセルヒオ・アグエロは、ロシア・ワールドカップに間に合わない可能性があるようだ。アルゼンチンサッカー協会(AFA)のホメロ・ダゴスティーノ医師が明かした。
7日に行われたプレミアリーグ第33節のマンチェスター・ユナイテッド戦で、アシュリー・ヤングのタックルを受けて膝を負傷したアグエロ。先日関節鏡下での手術を受け、今シーズンの残り全試合を欠場し、ロシアW杯に照準を合わせると言われている。
しかし、6月の大会には間に合わない可能性があるようだ。ダゴスティーノ医師は、大会までにコンディションが整わないと考えているようだ。
『ラジオ10』でアグエロについて語ったダゴスティーノ医師は、「選手が、ワールドカップまで60日の段階で膝の関節鏡術を受けたことは心配だ」とコメントし、以下のように続けた。
「復帰までに最低でも5週間を要する。さらに、膝の負傷を経験したことがある選手の場合、ない選手に比べて回復速度は遅い。3週間や4週間で治ることはまずないだろう。医師はできる限り外科的なことではなく保存的な治療で治そうとするが、それがダメだったみたいだ」
「彼がワールドカップに100%のコンディションで挑めるとは予想しがたいが、ケガとはこのようなものだ。もちろん、彼はワールドカップを目指せる。だが、現段階で100%になれるとは到底思えない」
アグエロがW杯に間に合わない場合、アルゼンチン代表は代役として、マウロ・イカルディ、パウロ・ディバラ、カルロス・テベスなどを候補に挙げているようだ。

アグエロが膝手術で今季終了、W杯出場は時間との闘いに
(AFP=時事)

【AFP=時事】イングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・シティ(Manchester City)のジョゼップ・グアルディオラ(Josep Guardiola)監督は20日、FWセルヒオ・アグエロ(Sergio Aguero)が膝の手術を受けて今季終了となり、アルゼンチン代表としてのW杯ロシア大会(2018 World Cup)出場は時間との闘いだと明かした。
15日にリーグ優勝が決まったシティのグアルディオラ監督は、今季の公式戦でチーム最多の30得点を記録している29歳のアグエロが、3月10日の練習中に負傷した箇所の手術に踏み切り、4、5週間ほど戦列を離れることになったとしながらも、W杯出場の可能性は残っていると示唆した。6月中旬に開幕するW杯で、アルゼンチンは同16日にモスクワで行われるアイスランドとの初戦に臨むことになっている。
アグエロのシーズンが終了したのか問われたグアルディオラ監督は「ここでは、そういうことだ。彼は4、5週間ほど戦列を離れることになる。現在はスペイン・バルセロナに滞在していて、われわれは彼がW杯に出られるように協力しているところだ」と回答。アグエロ本人も自身のツイッター(Twitter)に、「膝の関節鏡視下手術を受け、そのリハビリをしている。早くフィールドに戻れるように全力で励んでいる」と投稿した。
シティで通算199得点を記録しているアグエロは、チームがチェルシーに勝利した3月4日のリーグ戦を最後に先発から外れている。約1か月の休養を経て今月7日に行われたマンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)とのダービーマッチでは終盤に途中出場を果たしたものの、アシュリー・ヤング(Ashley Young)から反則まがいのタックルを受けて負傷していた。

W杯出場への影響は? アルゼンチン代表アグエロ、膝の手術を明かす
フットボールチャンネル

マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロは、膝の負傷のため手術を受けたことを明らかにした。
「膝の関節鏡手術から回復しようとしているところだ。すぐにピッチ上に戻りたいというモチベーションに溢れている」とアグエロはツイッターの公式アカウントで17日にメッセージを投稿している。
英紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』などによれば、アグエロは先月の練習中に膝を負傷したとのこと。3月4日のチェルシー戦以降は先発での出場がなく、今月7日のマンチェスター・ユナイテッド戦と10日のリバプール戦(チャンピオンズリーグ)に交代出場していたのみだった。
復帰に向けた具体的な見通しは明らかにはされていない。だがすでにプレミアリーグ優勝を決め、その他のタイトルも残されていないシティとしては、アグエロに復帰を急がせる必要はなさそうだ。
アルゼンチン代表としての出場が見込まれるロシア・ワールドカップへの影響は気にかかるところだ。アルゼンチン代表は6月16日に大会初戦のアイスランド戦を迎える。

アグエロが膝を手術…気になるワールドカップへの影響は?
(SOCCER DIGEST Web)

先月から膝の怪我に悩まされていたマンチェスター・シティのFWセルヒオ・アグエロが、4月17日、手術に踏み切ったことが明らかになった。
バルセロナに渡って実施したオペは関節鏡を使った簡単なもので、ラモン・クガットという名医が担当。幸いにして無事に成功したという。
「関節鏡手術によって僕の膝は回復に向かっている。すぐにピッチに戻りたかったから、全力を尽くしたよ」
手術後、アグエロ自身がツイッターでそう告白した。
6月にはロシア・ワールドカップが控えているだけに、気になるのは復帰時期だ。今シーズンの残りのプレミアリーグ(5月13日が最終節)は欠場することが濃厚ながら、10日程度で練習には復帰できる見込みで、ワールドカップへの影響は心配なさそうだ。
親友でもあるリオネル・メッシともに、母国アルゼンチンを86年大会以来となる世界制覇へと導けるか。アルゼンチンの初戦は6月16日、アイスランドが相手だ。

手術を行ったアルゼンチン代表FWアグエロ…全治1ヶ月でW杯も出場可能
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

マンチェスター・Cに所属するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロは、ひざの手術を行ったようだ。同選手の復帰まで約1ヶ月ほどかかると予想されている。17日にイギリスメディア『BBC』が伝えている。
アグエロは過去5週間に渡りひざのケガに悩まされており、思うようにプレーできていなかったようだ。同選手は3月4日に行われたチェルシー戦以来、先発出場は記録しておらず、今月7日に行われたマンチェスター・Uとのダービーにも途中出場。その3日後に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント準々決勝セカンドレグのリヴァプール戦でも、同じく途中出場となった。
さらに15日に行われたトッテナム戦は欠場したアグエロ。試合前のインタビューに応じたマンチェスター・Cの指揮官、ジョセップ・グアルディオラ監督は同選手の状況について次のように話した。
「彼はアルゼンチン代表でも必要とされている選手だし、一刻も早く復帰して欲しいね。22日のスウォンジー戦に出場できるかもまだわからない」

W杯で100%のアグエロは見れない? 母国サッカー協会医師が明言
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

マンチェスター・Cに所属するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロのコンディションは2018 FIFAワールドカップ本戦までに整わない可能性が高いようだ。スペイン紙『アス』が18日付で報じている。
今シーズン、プレミアリーグで優勝を果たしたマンチェスター・Cで、チームトップの21得点を記録し、例年と変わらずエースとして君臨したアグエロ。イングランドサッカー選手協会(PFA)が発表する年間ベストイレブンにも選出されている。
しかし、3月4日のチェルシー戦で負った膝のケガが原因で、それ以降のリーグでの先発出場はない。さらにその後、違和感の拭えなかった膝の手術を行い、復帰までには1カ月を要すると予想されている。
時期的にはワールドカップ本戦までに間に合うとされ、サポーター達を一安心させる結果となったが、アルゼンチンサッカー協会で医師を務めるオメロ・ダゴスティーノ氏はワールドカップまでの限られた時間でアグエロがトップコンディションに戻ることはないだろう」とコメント。
さらに「人体は人体であり、ケガはケガだ。我々も努力はするが、彼が(ワールドカップまでに)100パーセントの状態になることはないと思う。彼のケガは全治までに最低5週間はかかる。それが古いケガである場合、絶対に期間が短くなることはない。3~4週間、あるいはそれ以上に早まることは決してないんだ」と、本戦を最高のコンディションで迎えることはできないことを強調した。
世界屈指のタレントがひしめくアルゼンチン代表の前線で、長年にわたり結果を残してきたアグエロ。年齢的にもピークを迎える今大会でトップコンディションのプレーを見ることは叶わないのだろうか。

update: 2018年4月24日11:43 pm