CL準々決勝前にリバプールのファンがシティ・バスを襲撃 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2018/04/05
CL準々決勝前にリバプールのファンがシティ・バスを襲撃

試合前にリバプールのファンがシティのバスを襲撃
こういう輩は本当に困ったものでリバプールだって困る
バスのフロントガラスはだめになったものの
選手に怪我は無しだったが警官2人が怪我

マンCのチームバスをリバプールファンが襲撃…憤るクロップ監督異例の試合前謝罪「理解できない」
ゲキサカ[講談社]

4日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準々決勝の第1戦において、リバプールはホームでマンチェスター・シティに3-0で勝利し、4強入りへ大きく前進した。
しかし試合前に残念な出来事があった。リバプールサポーターがマンチェスター・シティのチームバスを襲撃する事件を起こしていたのだ。『ミラー』によると、幸い怪我人は出ていないが、スタジアム入りするチームバスに向かってボトルが投げ込まれたり発煙筒がたかれた。
これを受けて試合前にも関わらず、リバプールのユルゲン・クロップ監督が『BTスポーツ』に対して事件に言及する異例の事態に。「本当に理解できない。以前にもこんな話がたくさんあった。こういう状況を阻止するため、あらゆる手段をつくしたのに」と憤ると、「リバプールFCを代表して私が謝りたい」と謝罪した。
またリバプールも「ペップ・グアルディオラ、選手たち、スタッフ、そしてクラブに対し、今回の出来事を率直に謝罪いたします。今回起きた出来事はまったくもって許されることではありません。誰がやったのかを見つけ、徹底的に対処することを約束いたします」と声明文を発表。
一方のマンCを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督も「ユルゲンが謝ってくれたことには感謝を伝えたい。あんなことが起きるなんて予想していなかった。こういうことが二度と起きないことを望んでいる」と再発防止を願った。

ファンが試合前にマンCのバスを襲撃…リヴァプールは公式HPで謝罪
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

リヴァプールは4日、サポーターがマンチェスター・Cのバスを襲撃したことについて、クラブ公式サイトで声明文を発表した。
チャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグでリヴァプールと対戦するために敵地アンフィールドへと向かったマンチェスター・C。しかし、スタジアムに到着すると取り囲んでいたリヴァプールサポーターから缶や瓶、花火などが投げつけられ、バスが損傷する被害を受けていた。これを受け、リヴァプールは公式サイトを通じて以下のように謝罪した。
「ジョゼップ・グアルディオラ監督をはじめ、選手、スタッフ、そして全ての事件に巻き込まれてしまった関係者に謝罪する。何人かのサポーターによって行われた行為は、完全に不適切な行動で、クラブは警察と協力して加害者を特定することに全力を尽くします。今大事なことは事実を把握することで、マンチェスター・Cが必要とする全てのサポートを提供します」

リヴァプールファンが暴徒化…選手や監督乗るマンチェスター・Cのバスを襲撃、クロップも陳謝
(Goal)

チャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグで、マンチェスター・Cと対戦したリヴァプール。本拠地「アンフィールド」で3-0と快勝し、準決勝進出へ大きく前進した。
しかし、試合前に事件が発生。リヴァプールのバスを送り出すためにアンフィールドにつながる通り集まった大勢のサポーターたちの一部が、相手チームバスに攻撃。卵や発煙筒、缶、ガラス瓶を投げつけた。
マンチェスター・Cのバスは、フロントガラスとサイドガラスに深刻なダメージを負い使用不可に。幸い選手たちにケガはなかったようだが、クラブはマンチェスターから代わりのバスを準備しなければならなくなったという。これを受け、欧州サッカー連盟(UEFA)はすでにこの件に関する調査を開始している。
前日会見でサポーターに冷静になるよう求めたユルゲン・クロップ監督だったが、事件は起きてしまった。ドイツ人指揮官は、試合前の『BTスポーツ』のインタビューで騒動を陳謝している。
「このようなことを起こさないように前日から話していたが、何で起きたのか理解できない。シティのバスは我々の前を走っていたから、何が起きたのかはわからなかった。リヴァプールの関係者として謝罪したい」
クラブも「この騒動に巻き込まれたジョゼップ・グアルディオラ監督、選手たち、スタッフ、その他関係者に謝罪する。多くのファン個人による振る舞いは受け入れられるものではなく、クラブは個人の特定に全面的に協力する。マンチェスター・シティが必要なものがあれば提供したい」と声明を出している。

マンCのバスがリバプール戦前に襲撃される、ペップ監督は警備に疑問
(AFP=時事)

【AFP=時事】サッカー欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2017-18)、準々決勝第1戦のリバプール(Liverpool FC)対マンチェスター・シティ(Manchester City)戦の前に、シティのチームバスに瓶や缶が投げつけられて窓ガラスが割れ、警官2人がけがをする出来事があった。シティのジョゼップ・グアルディオラ(Josep Guardiola)監督は運営に疑問を呈し、リバプールは謝罪に追い込まれた。
試合前日の記者会見で、手荒すぎる歓迎が予想されることをメディアから伝えられていたグアルディオラ監督は、安全対策が強化されなかった点に疑問を投げかけた。そして、前年のチャンピオンズリーグの試合で起こったボルシア・ドルトムント(Borussia Dortmund)のバス事件を考えても、チームバス全般の安全をもっと高める措置を講じてもいいのではないかと訴えた。
「きのう、みなさん(メディア)からその話をされたが、私がチャンピオンズリーグの試合でここへ来るのは初めてだった。みなさんがそうなると説明し、そしてその通りのことが起こった。警察がそうした動きを知っていたら、普通は発生を防ごうとすると思うのだが」
「1年前にはドルトムントでも事件が起こった。われわれはサッカーをしにここへきている。スポーツだし、こういう状況は理解できない。バスは壊れた。しかし、リバプールのような権威あるクラブがこういったことをするとは思いたくない。もちろん、やったのはリバプールではなく一般の人たちだ。それでも、できれば二度と起こってほしくない」
リバプールとしては9年ぶりのチャンピオンズリーグ準々決勝ということもあって、この試合では会場となるアンフィールド(Anfield)のまわりでサポーターが発煙筒をたき、異様な雰囲気が作り出された。報道によれば、バスは使い物にならないくらいに壊され、クラブは帰路で使うバスを別に手配したという。
これを受けてリバプールはすぐに声明を発表し、壊した人間を特定すると誓った。
「われわれは、チャンピオンズリーグ準々決勝の前に起こった出来事を最大限の強さで非難します。その出来事で、アンフィールドに向かっていたマンチェスター・シティのチームバスが損壊しました。事件に遭われたペップ・グアルディオラ監督と選手、スタッフ、役員のみなさまに心よりお詫び申し上げます」
地元警察は、犯人の行動を「ぞっとする」と形容し、捜査を行う予定であることを明かした。試合の警備責任者を務めた警視正は「幸いにもバスに乗っていた面々にけがはなかったが、バスに向かって投げつけられた物に当たり、われわれの警察官2名が負傷した」と話した。

ペップがCL英国対決での“敵地洗礼”に苦言 リバプールサポーターの暴挙は「防ぐべき」
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)の準々決勝第1戦で、プレミアリーグ首位のマンチェスター・シティは敵地でリバプールに0-3で敗れた。試合前にリバプールサポーターがシティのバスを囲み、発煙筒などを投げつけられるトラブルが発生。ジョゼップ・グアルディオラ監督は「警察は防ぐべきだった」「1年前にドルトムントに何か起きただろう」と不満を漏らしている。英公共放送「BBC」が報じた。
重要な第1戦でアウェーに乗り込んだシティ。前半12分にカウンターからエジプト代表FWモハメド・サラーに先制ゴールを許すと、その後も同21分にイングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンの強烈なミドルシュート、同31分にサラーの折り返しからセネガル代表FWサディオ・マネのヘディングと立て続けに失点。欲しかったアウェーゴールは奪えずに、0-3で完敗した。
キックオフ前に敵地アンフィールドへ乗り込むシティのチームバスの元にはリバプールのサポーター群が押し寄せ、ブーイングとともに発煙筒や空き缶などが投げつけられる騒動が起きた。事前にサポーターエリアが設けられることは通達されていたようだが、それならばなぜしっかりとした対策がなされていなかったのかと、ペップは首を傾げた。
「警察はこうなることを知っていたならば、普通は防ごうとするべきだ。私はリバプールの人間からこのようなことをされるなんて全く予想していなかった」
チームバスの騒動と言えば、昨年のCL準々決勝で日本代表MF香川真司の所属するドルトムントが爆発の標的にされるという事件が起きている。ペップも「1年前にドルトムントに何か起きただろう」と言及している。選手やスタッフは無事だったものの、警察官2名が負傷したと伝えられており、安全面の管理が行き届いていなかった。
その後、リバプールは公式に声明を出し、シティへ謝罪した。リバプールのレジェンド、スティーブン・ジェラード氏も衛星放送「BTスポーツ」で「必要のないことだった。このような光景を目にすると、クラブとしても受け入れがたい夜になった」と渋面を作った。

マンCバス襲撃のサポーターをクロップ監督が非難 「ほんの少しのバカのせいで…」
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第1戦の試合直前、リバプールサポーターが対戦相手のマンチェスター・シティのチームバスを囲んで発煙筒などを投げつけた事件で、警察官二人が負傷した。シティ相手に3-0で勝利を収めたリバプールだが、ユルゲン・クロップ監督は「全てが台無しになった」とサポーターの不適切な行動を嘆いた。英公共放送「BBC」が報じている。
CLで実現した注目のイングランド勢同士の激突。第1戦は現地時間4日、リバプールの本拠地アンフィールドで行われた。
しかし、スタジアムの外に大挙していたリバプールサポーターは、会場入りするシティのバスに対して発煙筒や空き缶、瓶などを投げつける暴挙に出た。バスは破損してその場にストップ。選手やスタッフに怪我人は出なかったものの、レポートによれば警察官2人が負傷したという。
クロップ監督は6日、翌日に控えるエバートンとのマージーサイド・ダービーに向けた記者会見で、シティ戦のバス事件について言及した。あらためて謝罪し、騒動を起こしたサポーターには苦言を呈した。
快勝もクロップ監督は謝罪「全てが台無しだ」
「試合前に起きたことについて、あらためて謝らなければいけない。全く奇妙なことだ。自分たち(リバプールの)の観衆の中を通り抜ける時はファンタスティックな気持ちで素晴らしいものだった。それはサポートであり、パッションを感じる。だが、スタジアムに入った後、最初に聞いたのは彼らがマンチェスター・シティのバスを壊したということだ。全てが台無しだ」
ドイツ人指揮官はサポーターのあるまじき行為に対して怒りを露わにしている。「良いことをするための機会が与えられたはずだったが、ほんの少しのバカのせいでもう二度とないだろう」と厳しい言葉を残した。
この事件でリバプールは、UEFAから処分を受けることも決まっている。シティ相手に3-0と快勝したリバプールだったが、後味の悪さが残った。

試合直前にチームバスを襲撃…マンCのコーチがバス内からの動画を公開
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

チャンピオンズリーグ準々決勝で、リヴァプールがホームのアンフィールドでマンチェスター・Cを3-0で破った試合直前に事件が起こっていた。1000人単位のリヴァプールのファンたちが、スタジアムに向かうマンチェスター・Cのチームバスを襲撃していたのだ。4月6日の『ビルト』が報じている。
試合後にマンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ監督は「尊敬を集めているクラブであるリヴァブールでこんなことが起きるなんて、思ってもみなかった。我々はサッカーをプレーしに来たのに、こんな状況は理解できない。ドルトムントで起きた事件の後で、まさかこんな事が起こるなんて予想もしていなかった」と話した。試合前から、地元メディアはこういったことが起こる可能性を報じており、リヴァプールの保安局も批判される事態となった。
ドイツ版の『ヤフー・スポーツ』では、マンチェスター・Cのマヌエル・セスティアルテコーチがインスタグラムで公開したビデオを載せながら、その様子を伝えている。発煙筒やガラスの瓶などが投げ込まれ、チームバスの強化ガラスの表面に穴が空くほどの損害を受け、帰路は新たなバスを調達する必要があるほどの損害を受けていたようだ。
リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は試合前に「本当に信じられない。(ファンのこういった行動は)全く受け入れられない」と謝罪していた。すでに欧州サッカー連盟(UEFA)は調査を開始。5月31日に対処を決定する予定だ。また、リヴァプール警察もこの件に関して捜査を開始。上記のビデオも証拠として用いられることになるという。

デ・ブライネ、ファンのバス襲撃に「良い気分ではなかったが、大した問題ではない」
(Goal)

マンチェスター・シティのケヴィン・デ・ブライネは、リヴァプールサポーターによりバスを襲撃されるも、問題はないと気丈に振舞った。
4日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグのリヴァプール戦の直前、アンフィールドに繋がる通りでデ・ブライネら選手やスタッフが乗ったバスがリヴァプールサポーターの手荒い洗礼を受けた。発煙筒やガラス瓶を投げつけられたバスの窓は破壊され、使用できない状態に。ジョゼップ・グアルディオラ監督が非難の声を上げる中、欧州サッカー連盟(UEFA)もリヴァプールに対して処分を下す声明を出している。
試合後、この件について口を開いたデ・ブライネは「以前にもこのような場面に出くわした。でもそんなに悪いことではないと思う。もちろん、窓を壊されるのを目にするのは良い気分ではないが、暴力的な行為がなかったのだから問題はないよ」と話した。
初戦は0-3とアンフィールドの雰囲気に飲み込まれて完敗を喫したマンチェスター・シティだが、ホームのエティハド・スタジアムで行われるセカンドレグではサポーターが素晴らしい雰囲気を作ってくれるだろうとデ・ブライネは期待を口にしている。
「スタジアムの雰囲気が違うから非常に難しい試合になった。でも、これがフットボールだ。何が起きるかは誰にもわからないし、僕たちは大きな自信を持っている。この試合でリヴァプールがファンからの後押しを受けていたように、来週の試合ではファンが僕たちに力を与えてくれるだろう」
「逆転は不可能ではないが、もちろん簡単ではない。まずは7日の試合に向けて準備を進めて、リヴァプール戦で良い結果を残すために全力を尽くしたい。彼らが有利なのは変わりないが、これまでにも多くの試合で3ゴール以上奪ってきた。だから逆転は不可能ではないだろ?」

update: 2018年4月5日11:06 pm