ドルトムントのヴァイグルに興味 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2018/02/19
ドルトムントのヴァイグルに興味

ドルトムントのドイツ代表ヴァイグル22歳に興味
クロップ、オーバメヤンなどプレミアがどんどん引っ張ってきている
グアルディオラもバイエルンでブンデスのいい選手を
見ていただろうから今後もブンデスから獲ってくるか?

マンC、ヴァイグル獲得に本腰…ドルトムントは移籍金60億円を要求
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

マンチェスター・Cが、ドルトムントのドイツ代表MFユリアン・ヴァイグル獲得に向けて準備を進めているようだ。イギリス紙『デイリーミラー』が17日付で伝えている。
報道によると、マンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ監督が4バックの前に構える“シールド”のような選手を求めており、ヴァイグルへの関心を強めている。すでにドルトムントの試合へスカウトを数回送り込んでおり、獲得に向けた動きを本格化させた模様だ。
しかしながら、ドルトムントは移籍金4000万ポンド(約59億6000万円)以上のオファーでなければ取引に応じない意向だという。今後、両者がどれだけ歩み寄りを見せられるかが、移籍実現のカギとなりそうだ。
ヴァイグルは現在22歳。2015年夏に1860ミュンヘンからドルトムントへ完全移籍した。移籍1年目からレギュラーに定着。2017-18シーズンはここまでブンデスリーガで15試合に出場している。

すでにスカウト派遣済み?シティが“ドルトムントの若き天才”に興味
ゲキサカ[講談社]

マンチェスター・シティが、ドルトムントに所属するドイツ代表MFユリアン・バイグル(22)の獲得に興味があるようだ。
2015年夏にミュンヘン1860からドルトムントに加入したバイグルは、足もとの技術が高く、正確なパスで中盤の底から攻撃に絡む選手。ここまで公式戦117試合に出場している。また、2016年5月にドイツ代表デビューを飾り、ロシアW杯のメンバーに選出される可能性もある“ドルトムントの若き天才”だ。
英『ミラー』によると、シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、新たなアンカーの獲得を希望。その中でバイグルに関心を示しており、すでに数試合にスカウトを派遣したという。ドルトムントは簡単に売却するつもりはないが、4000万ポンド(約59億6000万円)以上のオファーがあれば、応じる可能性もあるとのことだ。

update: 2018年2月19日5:29 am