グアルディオラ、デ・ブライネを褒めまくるも言葉が追いつかない | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2018/02/15
グアルディオラ、デ・ブライネを褒めまくるも言葉が追いつかない

グアルディオラがデ・ブライネを褒めたいも
その褒め具合をあらわすことが難しいほど褒めたいらしい
「感謝の気持ちを伝える言葉が出てこない」
「僕の人生で見てきた中で最も才能ある選手の一人」
「全てを備えている」

「最も才能ある選手の一人」 ペップが「感謝を伝える言葉が出てこない」とベタ褒めするのは…
ゲキサカ[講談社]

10日に行われたプレミアリーグ第27節でレスター・シティと対戦したマンチェスター・シティは、エースのFWセルヒオ・アグエロの4得点などで5-1で快勝した。
クラブ公式ウェブサイトによると、チームを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、試合後に一人のフィールドプレーヤーを絶賛。それは、4ゴールを奪ったアグエロではなく、中盤の核となるベルギー代表MFケビン・デ・ブルイネだった。
昨季18アシストを記録してクラブ記録を更新したデ・ブルイネは、今季リーグ戦第27節終了時点で全試合に先発出場しているように、指揮官から絶対的な信頼を寄せられている。レスター戦でも先発出場を果たして前半3分にMFラヒーム・スターリングの先制点をお膳立てすると、後半3分と同8分にはアグエロへのラストパスで得点を導き、3アシストを記録してチームの大勝に貢献した。
全試合先発出場を続けるだけでなく、しっかりと結果を残すデ・ブルイネに対し、グアルディオラ監督も「感謝の気持ちを伝える言葉が出てこない」と称賛する。
「僕らが抱える選手の中で、ベストプレーヤーの一人だ。疑いの余地はない。一番走り、一番戦う姿勢を見せてくれる選手で、僕の人生で見てきた中で最も才能ある選手の一人だよ」

デ・ブライネがバロンドールを獲るには? ペップ「あのタイトルを…」
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

マンチェスター・Cを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督がベルギー代表ケヴィン・デ・ブライネがバロンドールを獲るために必要なものについて語った。イギリスメディア「スカイスポーツ」が11日に報じている。
チャンピオンズリーグ(CL)ではベスト16に進出し、リーグ戦でも2位と大きな差をつけて首位にいるマンチェスター・C。この躍進を支える一人であるデ・ブライネが、この10年間バロンドールを競い合っているアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと肩を並べることが「間違いなくできる」とグアルディオラ監督は語ると、次のように続けた。
「彼は1試合だけではない。特に今シーズンは3日ごとの試合全てで本当に素晴らしいプレーをしている。しかし、(バロンドールを得るには)彼がタイトルを獲得しなければならないことを誰もが知っている。特にあのタイトルを獲得する必要があることは分かっているよ。ヨーロッパでの活躍がもっと必要かもしれないね」
そして、言及した「あのタイトル」が「CL」であるかどうか尋ねられると、グアルディオラ監督は「最終的にそれが必要になるだろう」と語った。
今シーズンの公式戦で既に18アシストを記録しているデ・ブライネは個人的な賞よりチームのタイトルを強調した。
「僕は自分がしなければならないことをしている。チームとタイトルを獲得するためにすべてをかけて戦っているんだ。その後に何が起こるのかはわからないよ。最終的にもし個人的な名誉を得るなら、それは美しいことだろうね」

首位マンCのアグエロが司令塔デ・ブライネに賛辞 「世界中全てのクラブが求めている」
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

名将ペップ・グアルディオラに率いられ、プレミアリーグ首位を独走するマンチェスター・シティ。そのチームのエースストライカーは、21得点で得点ランク2位タイにつけるアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロだ。現代屈指の点取り屋が、チームメイトの一人を手放しで絶賛する。それがベルギー代表MFケビン・デ・ブライネだ。
アグエロはクラブ公式テレビ「シティTV」の取材で次のように語っている。
「幸運なことに、ケビン・デ・ブライネは僕らのためにプレーしている。彼は僕らが得点する手助けをしてくれるんだ」
デ・ブライネはペップスタイルを体現するうえで欠かせない存在だ。その正確無比のキックは常に相手の危険なエリアを狙っている。
今季リーグ戦27試合に出場しているプレーメーカーはここまで7得点14アシストという成績で、チーム総得点(79)の約27%に直接関与している。5-1で快勝した現地時間10日の第27節レスター・シティ戦ではアグエロの2得点を含む計3得点のアシストを記録した。
パスの受け手となるアグエロは「ハッピーだよ。僕のゴールの大半は彼のアシストから生まれているし、僕はボールに当てるだけでいいからね」とデ・ブライネを絶賛。このベルギーが生んだ才能を欲しがらないクラブはないとまで断言する。
メッシ指導の監督も評価「全て備えている」
「彼は偉大だ。世界中全てのクラブが彼を求めているだろう」
アグエロだけでなく、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシらを指導してきたグアルディオラ監督をして「全てを備えている」と言わしめるほどの実力で、デ・ブライネはその評価に相応しい結果を残している。

デ・ブルイネは“バロンドール候補”に。アシスト量産の活躍をペップも絶賛
フットボールチャンネル

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、ベルギー代表MFケビン・デ・ブルイネの活躍ぶりを称賛し、バロンドールの受賞候補にもなり得ると予想している。英『スカイ・スポーツ』など複数メディアが伝えた。
現地時間10日に行われたレスター・シティ戦でも3点をアシストして5-1の大勝に大きく貢献するなど、シティでチャンスメークに高い能力を発揮しているデ・ブルイネ。今季プレミアリーグでは全選手中最多の14アシストを記録している。
そのデ・ブルイネの活躍もあり、シティはプレミアリーグで首位を快走。チャンピオンズリーグ(CL)と国内の2つのカップ戦でも勝ち残り、前人未到の“4冠”の可能性も残している。
デ・ブルイネがバロンドール受賞を争えるかどうかと会見で質問を受けたグアルディオラ監督は、「間違いない」と返答。「1試合だけ(の活躍)ではない。シーズン全体だ。3日ごとの試合でいつもああいうプレーをしている」とその活躍を称賛した。
だがバロンドール受賞のためには、チームのタイトルが必要だと指揮官は述べた。「彼自身も分かっているし、誰もが分かっていることだ。そこまで行くためにはタイトルを獲り続けなければならない。特に、その中のひとつだ」。そのひとつとはCL優勝のタイトルであるとして、「終盤まで勝ち残らなければならない。そうでなければノミネートされないだろう」と語った。
サッカー界の年間最優秀選手に贈られるバロンドールは、2008年以来リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドの2人が独占してきた。その時代に終止符を打つべく、デ・ブルイネはシティをCL優勝へ導くことができるだろうか。

update: 2018年2月15日11:53 pm