マフレズ獲得できず | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2018/02/02
マフレズ獲得できず

150億円ともなるとそれは無理で撤退
しかしマフレズ本人は移籍志願書を出すほどで
シティとしては4度目のチャレンジ
100億円+1選手も拒否したレスター
マフレズのモチベーションはさがるだろうし
シティだからもっと要求しても大丈夫だろうと思ったか?

マフレズ、マンC移籍叶わず。退団許さぬチームに失望か「すごく落ち込んでいる」
フットボールチャンネル

レスター・シティに所属するアルジェリア代表MFリヤド・マフレズが、移籍を容認しないチームに失望しているようだ。英紙『デイリ-・メール』が伝えた。
マフレズは、移籍市場終了の直前にクラブに移籍を志願する「トランスファーリクエスト」を提出。同選手の獲得を熱望していたとされるマンチェスター・シティへの移籍が実現されるかと思われた。
しかし、実際にシティ側が提示していた6500万円(約100億円)と1人の選手の譲渡というオファーは、レスター側が要求していた9500万ユーロ(約147億円)に達することはなく、交渉は決裂となってしまった。
これを受けて、移籍を志願していたマフレズは失望しているようだ。同選手に近しい友人は「リヤドは、ここ最近ことですごく落ち込んでいる。なぜレスターがこのような態度を示したのか理解できずにいる」と語っている。
さらに、マフレズは今回の件でクラブの関係者だけでなく、チームメイトまでも不快にさせてしまったとも伝えられている。来季にもシティが同選手の獲得を狙うことが予想されている中、同選手は残り半期をどのように過ごしていくのだろうか。

レスターの要求額147億円にペップ「今はそんな余裕ない」 マフレズ獲得交渉は決裂
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

マンチェスター・シティは1月31日で閉幕した冬の移籍市場最終日に、レスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズの獲得に動いたが、レスターからの9500万ポンド(約147億円)という法外な要求額の前に交渉は決裂に終わった。この破談に終わった交渉について、ジョゼップ・グアルディオラ監督は「今はそんな余裕はない」と語ったと、英紙「デイリー・メール」が報じている。
現地報道によれば、シティはマフレズ獲得に向けて6500万ポンド(約101億円)のオファーを提示したという。これでも移籍金のクラブ史上最高額を更新するメガオファーだったが、レスター側が反発。日本円換算で約147億円となる9500万ポンドを要求した。
これにはさすがのシティも手を引くしかなかった。グアルディオラ監督は「クラブにも限度がある。将来的に1億ポンド(約155億円)で選手を獲得することはあるかもしれないが、それは特別な選手で、今そんな余裕はない」と話している。
「私の下には素晴らしい選手たちがいる。クラブが私のために連れてきてくれた。競争に勝つためには良い選手たちが必要。そして彼らはとても高額だった。我々にも基準があり、それを超えることはできない。
我々が買ったすべての選手は4000万ポンド(約62億円)、5000万ポンド(約77億円)、5500万ポンド(約85億円)だった。とても大金を投じたが、大きな違いは我々が買う必要があったかどうかということだ」
一方、移籍を希望していたマフレズはレスターの対応に失望しているとも報じられている。名将ペップの下でのプレーを望んでいたと言われるレフティーの夢は、金銭面が大きな障害となり実現しなかった。

マンC移籍破談のマハレズ、約束を破ったレスターに失望…元同僚からは「戦争をしなければ退団できない」
(SOCCER DIGEST Web)

今冬の移籍市場最終日となった現地時間1月31日、マンチェスター・シティはレスターのリャド・マハレズの引き抜きを目指したが、要求額が高すぎたために取引は成立しなかった。
レスターは、総額6500万ポンド(約100億75000万円)というマンチェスター・Cのビッグオファーに対し、総額9500万ポンド(約147億2500万円)の移籍金を望んだが、この超高額の“逆オファー”には、さすがの金満クラブも手を引かざるを得なかったようだ。
昨夏に続いてビッグクラブへのステップアップ移籍が実現しなかったことで、マハレズの胸中は察するに余りある。英国メディア『Sky Sports』の取材に応えた同選手の友人は、「この2日間の出来事に、リャドはとても落ち込んでいる。どうしてレスターがあんな振る舞いをしたのか理解できないんだ」と、アルジェリア代表MFの落胆ぶりを明かした。
「レスターが移籍を認めると言ったのは、今回の市場で4度目だ。彼はクラブのために全力を尽くしてきたと自負している。1年目は昇格に貢献し、2年目には歴史的なプレミア制覇も手助けして、チェアマンが望んだようにチームに残ってクラブの(プレミア)残留も成し遂げたのに……」
さらにこの友人は、「レスターから出るには『戦争をしなきゃいけない』と、多くの元チームメイトから言われた。でも、彼はそれを避けようとしたんだ。このマーケットで移籍できるように、今シーズンもレスターのために全力を尽くした」と、仲違いをしないようにマハレズが努めてきたとし、それゆえにクラブの対応への失望は大きいと述べた。
「マンチェスター・Cへの移籍は、彼にとって夢の実現となるはずだった。彼はグアルディオラ監督の下でプレーしたがっていた。それが今や、ずっと先のことになってしまった。懸命に尽くしてきたクラブからの扱いに、彼は落ち込んでいる」
一方、同日に行なわれたウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン戦(プレミア25節)で、3-0と快勝したジョゼップ・グアルディオラ監督は、試合後に「彼はレスターの選手だ。我々が獲得を目指したのは周知のとおりだが、現時点で彼らが求める額は払えない。それは完璧に理解できるよ」と、一連の動向を振り返った。
「昨夏も我々はマハレズ獲得にトライし、この冬も彼を狙った。だが、去年の夏と同様に、彼らがドアの鍵をかけたんだ。不可能だった。次の夏にどうなるか、様子を見よう」

岡崎同僚マフレズがクラブに激怒!夢のマンC移籍認められず
(スポニチアネックス)

日本代表FW岡崎慎司(31)が所属するプレミアリーグ・レスターのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ(26)が、マンチェスター・シティーへの移籍を認めなかったクラブ首脳陣に対し激怒していると、1日付の英紙サンを含む複数の英メディアが伝えた。
マンチェスター・シティーからオファーを伝えられたマフレズは、レスターに移籍志願書を提出。マンチェスター・シティーは5000万ポンド(約78億円)の移籍金から「6500万ポンド(約101億円)+シティー所属選手ひとり」にオファーを引き上げたが、レスターのタイ人オーナーはこれを拒否した。レスター陣営は「9500万ポンド(約148億円)+シティ所属選手ひとり」を要求し、最終的にマンチェスター・シティーはオファーを取りやめた。
報道によると、レスター陣営の振る舞いにマフレズは落胆しているといい、親しい友人に「クラブがそのように振る舞う理由が分からない。エンゴロ・カンテとダニー・ドリンクウォーターにはチェルシーへの移籍を認めたというのに」と激怒していたという。
また、英衛星放送スカイ・スポーツでもマフレズの友人が「移籍を認めなかったのは今回の市場で4度目。ここ数日の流れにリヤドはとても落胆している。マンチェスター・シティーへの移籍は彼にとって夢だった。グアルディオラ監督のもとでプレーしたがっていた」と明かした。

マンチェスター・C、マフレズ獲得に失敗…トランスファーリクエスト提出も移籍は不成立に
(Goal)

先日のFAカップで負傷したレロイ・サネの長期離脱が決定し、代役探しに追われるマンチェスター・シティは、移籍市場終盤になってマフレズの獲得に動き出す。同クラブは6500万ポンド(約100億円)のオファーを提示したと報じられるも、レスターの要求額は9500万ポンド(約147億円)と双方に大きな溝があった。
ビッグクラブ移籍を望むマフレズもマンチェスター・シティ移籍に前向きとされており、クラブに“トランスファーリクエスト”を提出。しかし、30日からの2日間にわたる交渉もむなしく、着地点が見つからなかった両クラブの交渉は不成立に終わった。
2015-16シーズンのプレミアリーグ制覇に貢献したマフレズにシーズン終了直後から多くのビッグクラブが興味。すでにレスターから離れたヌゴロ・カンテやダニー・ドリンクウォーター同様にアルジェリア代表FWも退団するのではないかと考えられており、昨夏はローマが獲得間近に迫っていた。しかし、またしてもビッグクラブ移籍に失敗し、同選手は今冬もレスターに残留することが決まった。

レスターのやり方に「がっかり」 マンC移籍破談のマフレズ、“4度目の挑戦”も叶わず
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

欧州各国リーグの冬の移籍市場は現地時間31日にクローズを迎えた。数々のビッグネームの駆け込み移籍が成立する一方、破談となった注目銘柄はレスターのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズだ。マンチェスター・シティへの移籍が近づいているかに見えたがレスター側が拒否した経緯について、マフレズ自身は失望感を隠せないようだ。英衛星放送局「スカイ・スポーツ」が報じている。
マフレズは移籍期限のリミットが迫るなかで、クラブ側に“トランスファー・リクエスト”を要求。プレミアリーグ首位を走り、陣容を厚くしたいマンチェスター・シティが興味を示していたものの、レスターが離脱を認めず残留となった。
2015-16シーズンに奇跡のプレミア制覇を成し遂げた際には八面六臂の活躍を見せ、PFA年間最優秀選手賞を受賞するなど一気にワールドクラスへと駆け上ったが、ビッグクラブへのステップアップはかねてより希望するものだった。それだけにマフレズの失望は大きい模様で、同局は本人に近しい友人のコメントを掲載している。
「リヤドはこの2日間に起きたことの中で、特に今夜はがっかりしているよ。レスターの取った行動と理由を認めることができないはずだ。だって今回はレスターが“移籍を許す”と言ってから、4度目の移籍ウィンドーだったし、彼はクラブのためにすべての力を出し尽くしたと強く感じているからね」
またしてもビッグクラブ移籍の可能性を閉ざされたマフレズ。「シティに加わることは彼にとって夢だったはずだし、ペップ・グアルディオラ監督の下でプレーすることは今もなお望んでいるんだから」と友人は話している。イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ、日本代表FW岡崎慎司らを操るテクニシャンだが、モチベーション低下は必至だろう。

サッカー=マンCのマレズ獲得希望、レスターが拒否と報道
(ロイター)

地元紙レスター・マーキュリーによると、マンCは6500万ポンド(約100億7000万円)プラス1選手の条件をレスターにオファー。取引が成立していれば、移籍金としてはマンCのクラブ史上最高額とだった。
マレズは1月30日の練習を欠席。31日のエバートン戦のメンバーからも外れていた。だが報道によれば、レスターはオファーを検討した末に断った模様。昨年8月もマレズは移籍の心づもりをしていたが、再び市場最終日に取引が破談した形となった。

レスターが総額94億円のメガオファーを一蹴! 英雄マハレズに付けた値札は驚きの…
(SOCCER DIGEST Web)

レスター・シティが、ライバルクラブから届いたメガオファーを一蹴したようだ。
現地1月31日、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターは、マンチェスター・シティからのリャド・マハレズに対する獲得オファーを拒否。ついには交渉が決裂したと、英国メディア『Sky Sports』などが一斉に報じた。
昨夏からメガクラブでの挑戦を望み、幾度となくステップアップ移籍の可能性が報じられてきたマハレズ。その想いは今冬も強まっていたようで、30日にはクラブに対してトランスファーリクエストを提出したほどだ。
そんなアルジェリア代表MFの引き抜きに狙いを定めたのがシティで、レスターに対して3度のオファーを提示。だがいずれも足蹴にされ、31日には4度目となる総額6500万ポンド(約94億2500万円)にのぼる「現金+選手譲渡」のパッケージオファーで揺さぶりをかけたものの、結果的に折り合わなかったのだ。
『Sky Sports』によれば、マハレズと2020年6月までの契約を結んでいるレスターは、強気な姿勢を崩さなかったという。なんと「現金+選手譲渡」で総額9500万ポンド(約137億7500万円)の“逆オファー”を突きつけたのだ。これにさすがの金満シティも「市場価値に見合っていない(Sky Sports)」と判断し、ギブアップしたようだ。宿敵マンチェスター・ユナイテッドに狙っていたアレクシス・サンチェスを奪われたが、その際もサンチェス側からの超高額なサラリーの要求を受け、撤退を余儀なくされていた。
さて、火種が燻ぶりそうなのがレスターだ。今回シティからのオファーを蹴ったことで、マハレズが不満を抱く可能性は否定できない。クラブ側からすれば唯一無二であるメインキャストの流出を阻止した格好ながら、アルジェリア代表の韋駄天がすんなり意識を切り替えられるかどうか。

マンC、マフレズ獲得から撤退へ。レスターの要求に答えられず交渉決裂
フットボールチャンネル

マンチェスター・シティは今冬最後の交渉をまとめることができなかったようだ。英『スカイ・スポーツ』など複数メディアが、一斉にレスター・シティのMFリヤド・マフレズ獲得失敗を報じた。
移籍市場が開くたびにレスター退団が噂になるマフレズだが、今回はシティとの交渉のためクラブにトランスファーリクエスト(移籍志願書)を提出していたと伝えられている。しかし、レスター側に主力を手放す意思はなかった。
シティはこれまで3度のオファーをレスターに拒否され、31日になって総額6500万ポンド(約100億円)にのぼる「現金+選手譲渡」のパッケージオファーを提示したという。しかし、4度目も実らず。
レスターはシティに対し「現金+選手譲渡」で総額9500万ポンド(約147億円)を要求したようだ。やはりマフレズを手放すのであれば、代役になれる選手を確保しなければならない。シティ側が誰の譲渡を提案したかは判明していないが、150億円にも迫る要求を呑むことはできなかったとみられる。
また、シティは並行してウクライナの強豪シャフタール・ドネツクに所属するブラジル代表MFフレッジにも触手を伸ばしていたようだが、こちらも拒否されてしまった様子。冬の移籍市場でクラブ史上最高額を支払ってアスレティック・ビルバオからDFエメリック・ラポルトを獲得し守備の強化には成功していたが、攻撃陣の補強は失敗に終わりそうだ。

シティ、レスターMFマフレズ獲得へ 「移籍金100億円+選手一人」で最終オファー
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

FW岡崎慎司が所属するレスターのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズに対して、マンチェスター・シティが“最終オファー”を送ったという。英衛星放送局「スカイ・スポーツ」が報じている。
マフレズはペップ・グアルディオラ監督が率いるシティへの移籍を望み、練習を欠席するなどレスター内で浮いた状況にあると同メディアでは報じられていた。レスターはそれでもマフレズを手元に残す方針とされていたが、シティは移籍市場の最終日となった31日に一発勝負のオファーを投じたという。
移籍金は現金で6500万ポンド(約100億円)に加え、選手一人のオファーになるという。シティの放出対象プレーヤーは明らかにされていない。
2015-16シーズンには岡崎らとともに“ミラクル・レスター”の司令塔としてプレミアリーグ制覇に貢献した左利きの“魔術師”だが、近年はビッグクラブへの移籍願望が見え隠れしている。
マフレズにとってはプレミアリーグで首位を走るシティから待望のオファーが届いた形になるが、果たして残り半日を切った残り時間で交渉は成立するだろうか。

グアルディオラ監督、今夏もマフレズ獲得挑戦を示唆…今冬は失敗に
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

マンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ監督が、今夏に再びレスターのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ獲得に動くことを示唆した。2月1日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。
マンチェスター・Cは今冬もマフレズ獲得に挑戦。マフレズ自身はクラブにトランスファーリクエストを提出し、移籍に近づいていたことが報じられていたが、レスターが売却を認めなかったことから交渉は破談した。しかし、グアルディオラ監督は、マフレズ獲得をまだ諦めてはいないようだ。
「彼はレスターの選手だ。誰もが知っているように彼を獲得しようとしていた。しかし、それは出来なかった。我々は昨夏も今冬も獲得に動いていた。でも、彼らは移籍の扉を閉めていて、獲得は不可能だった。次の夏どうなるかは見てみよう」

update: 2018年2月2日12:20 am