ラポルト87.5億円で獲得 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2018/01/31
ラポルト87.5億円で獲得

ラポルト87.5億円で獲得
ファン・ダイクに次ぐDF2位の金額で獲得したことに
違約金は満額でアスレティック・ビルバオを満足
デ・ブルイネを越えシティの獲得最高額

マンC、クラブ史上最高額での補強を完了。フランス代表CBを87億円で獲得
フットボールチャンネル

マンチェスター・シティは30日、アスレティック・ビルバオに所属していた23歳のフランス人DFエメリック・ラポルトを獲得したことが決定したとして発表を行った。
ラポルトとの契約は2023年までの5年半となる。背番号は14番を着用することが決定している。移籍金は公表されていないが、英複数メディアの報道によれば、ビルバオとの間で契約解除金に設定されていた5700万ポンド(約87億5000万円)の満額が支払われるという。
2015年に5500万ポンドで獲得したMFケビン・デ・ブルイネを上回り、シティのクラブ史上最高額補強となる。DFの選手としては、この冬にリバプールがサウサンプトンから獲得したフィルジル・ファン・ダイクに次いでサッカー界歴代2位となる金額だ。
「シティは、多くの野望を持ったクラブで、現在欧州でベストクラブの一つだ。ペップ・グアルディオラ監督の下でプレーできることを楽しみにしている。成功をクラブにもたらすために、手助けをしたい」とラポルトはシティ加入に際してコメントを述べている。
身長191cmの長身センターバックであるラポルトは、2010年にビルバオ下部組織に加入し、Bチームなどでのプレーを経て2012年にトップチームにデビュー。6シーズンで公式戦通算222試合に出場して10ゴールを挙げた。
フランスの各年代の代表チームでプレーしてきたが、まだA代表での出場歴はない。昨年10月には初招集を受けており、今年夏のワールドカップに向けてメンバー入りする可能性もあるかもしれない

マンC、クラブ史上最高額で“補強のラストピース”ラポルトを獲得! 待望のCBにペップも満足
(SOCCER DIGEST Web)

マンチェスター・シティは1月30日、アスレティック・ビルバオからフランス代表DFのエメリック・ラポルトを獲得したことを発表した。
ビルバオが設定した契約解除金5700万ポンド(約83億円)を支払うことになるが、これは、マンチェスター・Cにとってクラブ史上最高額となる。契約期間は2023年まで、背番号は14となることが決定している。
現在23歳のラポルトはフランス南西部のアジャン出身で、16歳の時にビルバオの下部組織に加入し、2012年にトップチームでデビュー。2シーズン目から主力として定着し、今シーズンはここまでリーガ・エスパニョーラで19試合に出場していた。
年代別のフランス代表にも名を連ね、昨年は出場こそなかったものの、ロシア・ワールドカップ予選ブルガリア戦でA代表に招集されている。
マンチェスター・Cは昨夏の移籍市場で、2億4000万ユーロ(約312億円)もの巨額を費やし戦力補強を施して話題になったものの、“ペップ”グアルディオラ監督はこれに満足せず、当時からCBの獲得を希望していた。
ラポルトについて指揮官は「彼は若い頃からリーガというハイレベルな舞台でプレーしてきた。空中戦に強く、スピードもあり、高いクオリティーを備えている。技術、インテリジェンスも高く、十分に経験も積んだCBであり、我々を助けてくれるだろう。年齢的にも完璧だ」と絶賛し、期待を寄せている。
フットボールディレクターの“チキ”ベギリスタインは「エメリックを迎え入れることができ、とても嬉しく思っている。彼のことは以前から高く評価し、見守ってきた。ペップのスタイルにフィットすると確信している」と、こちらも新加入のCBに賛辞を送った。
当のラポルトは「とても嬉しい。マンチェスター・Cは多くの野心を持った、欧州でもベストなクラブのひとつだと思う。グアルディオラ監督の下でのプレーが楽しみだ。クラブの成功に貢献したい。プレーするのが待ち切れない」と、加入の喜びと新チームへの期待の言葉を残している。
今シーズン6人目となる補強を終え、ラストピースが埋まったマンチェスター・C。現在首位のプレミアリーグ、そしてチャンピオンズ・リーグで、さらに勢いを増してタイトルを独占することができるか。
なお、ラポルトを送り出したビルバオは同日、後釜としてレアル・ソシエダからCBイニゴ・マルティネスを獲得したことを発表している。契約期間は23年6月まで。移籍金は3200万ユーロ(約42億円)、契約解除金は8000万ユーロ(約116億円)に設定されたという。

ビルバオがDFラポルテの退団を正式発表「契約解除金が支払われた」
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

アスレティック・ビルバオは29日、23歳のフランス代表DFアイメリク・ラポルテとの契約が解消されたことを発表した。
ビルバオは声明で、スペインプロリーグ機構ラ・リーガが、同クラブがラポルテの契約解除金6500万ユーロを受け取ったことを認定した、と報告した。また、同選手への感謝のメッセージを送った。なお、ラポルテの移籍先として報じられているマンチェスター・Cから契約解除金が払われたかどうかに関して発表はない。
「選手がクラブとの契約を一方的に解除する意思を示したこと、契約で定められた違約金が支払われたことが示されました。アスレティックは、選手がこのクラブに所属した期間の貢献に感謝をします」
一方、ラポルテ本人は、ビルバオのファンに以下の通りコメントを残した。
「僕に関わってくれた人全員にありがとうと言いたい。若くからここでサッカー選手として成長することができた。でも、僕のプロフェッショナルとしてのキャリアの新たな挑戦のためにここを去る。さよならではなく、またすぐに会いたいよ。僕は唯一無二のほかにはないこのクラブを去る。決して忘れないよ」
ラポルテは2009年にアスレティック・ビルバオの下部組織に入団し、2012-13シーズンのプロデビュー以降、不動のセンターバックとして活躍している。

マンC、クラブ史上最高額更新が決定的に。約90億円で仏代表DF引き抜き合意
フットボールチャンネル

マンチェスター・シティが、アスレティック・ビルバオからDFエメリック・ラポルトを獲得することが決定的となった。英メディア『ガーディアン』は、シティが合意に達したと伝えている。
シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、23歳のフランス人DFを高く評価している。アスレティック・ビルバオは同選手に5700万ポンド(約88億円)ほどの違約金を設定しているが、シティは満額を支払って引き抜くことを決めたようだ。
アスレティック・ビルバオで不動のレギュラーだったラポルトは、現地時間26日に行われたエイバル戦でベンチ入りしなかった。そのことからも、シティ行きは近いものとみられている。
『ガーディアン』によると、ラポルトは来週チームに加入する。契約は5年となる見通しだ。
シティは2015年、MFケビン・デ・ブルイネの獲得に5500万ポンド(約85億円)を投じた。ラポルトの取引が実現すれば、クラブ史上最高額を更新することになる。

デ・ブルイネを上回るクラブ史上最高額! シティがビルバオの23歳DF獲得で合意か
ゲキサカ[講談社]

マンチェスター・シティがビルバオのフランス人DFアイメリック・ラポルト(23)を獲得することで合意に達したようだ。英『ガーディアン』によると契約期間は5年。移籍金はクラブ史上最高額となる5700万ポンド(約88億円)になるという。
ラポルトはビルバオの下部組織から2012年にトップデビューし、通算222試合の出場で10ゴール6アシストを記録している。また、年代別の代表経験もあり、2012年にはU-19フランス代表としてUEFA U-19欧州選手権に出場。今季のリーガ・エスパニョーラでは19試合に出場していたが、26日にホームで行われた第21節エイバル戦(1-1)はメンバー外となっていた。
これまでシティは2015年にMFケビン・デ・ブルイネを獲得した際の5500万ポンド(約85億円)がクラブ史上最高額となっており、ラポルトの移籍が実現すればこれを塗り替えることになる。同選手は来週マンチェスターに到着し、メディカルチェックなどを行うようだ。

マンC、ビルバオDFラポルテ獲得間近か…移籍金はクラブ史上最高額に
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

マンチェスター・Cが、アスレティック・ビルバオに所属するフランス代表DFアイメリク・ラポルテ獲得に近づいているようだ。26日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。
マンチェスター・Cは、ラポルテの契約解除金である5700万ポンド(約88億円)を支払うことでビルバオと合意に達した模様。同選手は、26日に行われたリーガ・エスパニョーラ第21節のエイバル戦を欠場しており、移籍決定は間近となっているようだ。
また、ラポルテは移籍が成立すれば、2015年夏に加入したベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネの5500万ポンド(約85億円)を上回るクラブ史上最高額での加入となる。
現在23歳のラポルテは、今シーズンここまでリーグ戦19試合に出場し3アシストを記録。ビルバオではチームの主力として活躍している。

シティ移籍は決定的…ビルバオ、フランス代表DFとの契約解消を発表
ゲキサカ[講談社]

ビルバオは29日、フランス代表DFアイメリク・ラポルテ(23)との契約解消を発表した。
ビルバオの下部組織出身のラポルテは、高い守備力と安定した足もとの技術を武器に、公式戦222試合に出場して10ゴールを記録。ビルバオの不動のセンターバックとして活躍していた。ラポルテに対して、以前からマンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が高い関心を示していた。
具体的な移籍先は発表されていないが、スペインプロリーグ機構ラ・リーガに対して、ラポルテの契約解除金6500万ユーロ(約87億5000万円)を預け、ラ・リーガ側がそれを認証した模様。これにより、契約を解除するために必要な要件を満たしたようだ。
ビルバオはラポルテに対して「このクラブに所属した期間の貢献に感謝をします」とコメント。ラポルテ本人は「僕に関わってくれた方々にありがとうと言いたい。僕はプロキャリアにおける新たな挑戦のためにここを去る。さよならではなく、またいつか会いましょう。僕はこの特別なクラブを去るけど、決して忘れることはないよ」とファンにメッセージを送った。
なお、英『スカイ・スポーツ』によると、すでにラポルテはメディカルチェックのためにマンチェスターに旅立ったという。

update: 2018年1月31日3:36 am