アグエロとグリエーズマン実現するのか | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2018/01/25
アグエロとグリエーズマン実現するのか

アグエロとグリエーズマンのトレード
アトレティコがアグエロの復活を願い
可能性があるかどうか確認
そこでシティはアグエロ渡すからグリエーズマンどうよ?と

アグエロとグリエーズマンのトレード!?マンC、アトレティコが大型移籍画策か
ゲキサカ[講談社]

マンチェスター・シティ所属のFWセルヒオ・アグエロとアトレティコ・マドリー所属のFWアントワーヌ・グリエーズマンのトレード話が浮上している。24日、英『ザ・サン』が伝えている。
アグエロは2011年にアトレティコから3800万ポンド(約60億円)でシティに移籍。スコアラーの真価を発揮してクラブ史上最多得点記録も更新し、圧倒的な強さを誇るシティの原動力としてチームを牽引している。
アトレティコはチェルシーから獲得したFWジエゴ・コスタとの前線を形成すべく、かつてのエースに対して復帰を熱望。ペップ・グアルディオラ監督はアグエロ放出を望みはしないものの、グリエーズマンとのトレードの場合は可能性を残しているという。
同メディアのとある関係筋によると、アトレティコはアグエロの代理人に連絡を取っており、アグエロを連れ戻す可能性がどれだけあるかを確認中とのこと。シティにとって、クラブのレジェンドとして名を残したアグエロをトレードに出すことは可能性としては低い。しかし、マンチェスター・ユナイテッドやバルセロナも獲得を狙うグリエーズマンとのトレードとなったら、果たしてどうなるか。ビッグディール候補から目が離せない。

マンC、グリーズマン獲得狙う!?アトレティコの新旧エースがトレードか
フットボールチャンネル

イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティが、アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの獲得を狙っているようだ。英紙『ザ・サン』が伝えた。
同紙によると、ストライカーの獲得を目指すシティは、来夏のグリーズマン獲得を目指している。同選手は、クラブとの契約を2022年まで残しており、契約解除金は8500万ポンド(約131億円)にも昇る。
以前からバルセロナが獲得に迫るなど、グリーズマンは現在の移籍市場ではかなり人気が高く、実際に獲得に至るには大きな困難が予想される。そこでシティは、現在リーグ戦で16得点をマークするなど好調維持するFWセルヒオ・アグエロをトレード要因として考えているようだ。
2006年から5年間をアトレティコで過ごしたアグエロは、同クラブにとっても来夏のターゲットとなっている。同紙は「アトレティコはアグエロを連れ戻すチャンスがあるかどうかを知るために、彼の代理人とコンタクトを取った」と伝えている。
果たして、アトレティコ・マドリーの新旧エースによるこの大型トレードは実現するのだろうか。

update: 2018年1月25日11:48 pm