アレクシス・サンチェス来るの?来ないの? | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2018/01/12
アレクシス・サンチェス来るの?来ないの?

アーセナルのアレクシス・サンチェス
ずっとグアルディオラは欲しがっていて
いよいよシティに来るんじゃないかという感じだったが
ユナイテッドがムヒタリアン+お金で猛アプローチ
ヴェンゲル監督は「何もおきないと思う」

“嫌われ者”サンチェスのシティ移籍は今週中にも発表か
ゲキサカ[講談社]

アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)のマンチェスター・シティ移籍が今週中にも発表されるかもしれない。
昨夏からシティ移籍が盛んに報じられているサンチェスは、フリーとなる今夏に移籍するとみられていた。しかし、状況が変わった。シティのブラジル代表FWガブリエル・ジェズスが左膝の内側側副靱帯を損傷したからだ。ジョゼップ・グアルディオラ監督は「恐らく1か月以上の離脱となるだろう」と予想している。
そのため、英『インデペンデント』によると、今週末に再び話し合いの場が設けられる模様。これまでアーセナルはサンチェス売却を否定していたが、チームメイトとの関係悪化により、サンチェスがロッカールームでは“嫌われ者”になっているため、適切な価格であれば、売却に応じる構えを見せているという。

シティ移籍が盛り上がるサンチェスのベンチスタート、ベンゲルがその起用理由に言及
ゲキサカ[講談社]

カラバオ杯(リーグ杯)準決勝が10日に行われ、チェルシーとアーセナルとの第1戦は0-0で引き分けに終わった。第2戦は24日に行われる。10日、英『メトロ』はFWアレクシス・サンチェスのベンチスタートについて、アーセン・ベンゲル監督のコメントを伝えている。
マンチェスター・シティへの移籍が囁かれているサンチェスはこの試合先発で起用されることなく、後半21分からの途中出場。しかし短い時間ながらも、貢献度の高さを強調していた。
サンチェスの移籍は昨夏に報じられたものの実現せず、契約が満了となる今夏に移籍すると見られていた。しかし、シティのブラジル代表FWガブリエル・ジェズスが左膝の内側側副靱帯を損傷。1か月以上の離脱が予想され、戦力補強としてサンチェス獲得が加速すると予想されている。
去就が注目されるサンチェスのベンチスタート。負傷で戦力を欠く台所事情の中でも起用されなかったことに対し、移籍話はより現実的なものとなった。しかしベンゲル監督は試合前の『スカイ』のインタビューに対し、「すべての決断について説明することはできない。今日はこういう決断になったというだけだ」と言及。「もちろんサンチェスは完璧に集中しているし、最近もチームに多くの貢献をしてくれている」と去就と起用法は無関係であることを強調した。

デ・ブライネ、噂されるサンチェスのマンチェスター・C移籍を歓迎「チームにとってプラスになる選手」
(Goal)

マンチェスター・シティのケヴィン・デ・ブライネは、新チームメイトになると噂されるアレクシス・サンチェスについて“何かを与えてくれる選手”と称賛した。
サンチェスが1月にアーセナルを離れ、マンチェスター・シティへの加入を強く望むとされている中、同選手の今冬の移籍を巡り、双方のクラブは交渉を再開したと報じられていた。これらの報道を受け、チリ代表FWの加入が近づいていることについて問われたデ・ブライネは、仮に同選手が加入すれば、チームにさらなるクオリティを与えてくれると話している。
「彼は非常に優れた選手だ。この移籍期間で何が起きるか楽しみにしている。良い選手が僕たちのチームに入ってくれればそれは良いことだが、来なくたって、僕たちは今いるメンバーで何とでもなる」
「1シーズンにわたって好調な時期が続いているし、全員が良い働きを見せている。でも、彼がここに来てくれれば、チームに何かを与えてくれるはずだ」

マンC移籍濃厚のサンチェスに宿敵マンUがオファー! 「38億円+ムヒタリアン」で強奪狙う
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスは、今冬のマンチェスター・シティ移籍で個人合意に達したと報じられている。しかし、ここに来てシティの宿敵であるマンチェスター・ユナイテッドがオファーを出したというニュースが飛び込んできた。英衛星放送「スカイ・スポーツ」や英紙「ガーディアン」が報じている。
記事によれば、ユナイテッドはアーセナルに対して移籍金2500万ポンド(約38億円)でサンチェス獲得を打診しているという。また、ユナイテッドは交渉にジョゼ・モウリーニョ体制で構想外となりつつあるユナイテッドのアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンを含める可能性もあるという。
「ガーディアン」紙では、週給20万ポンド(約3000万円)というムヒタリアンのサラリー面が障害になる可能性もあると指摘されているが、実現すれば両クラブ間での大型トレードが実現することになる。
ジョゼップ・グアルディオラ監督率いるシティ移籍が確実視されるサンチェス争奪戦。横槍を入れた格好の“赤い悪魔”は、交渉を実らせることができるだろうか。

アーセナルFWサンチェスの移籍先、ユナイテッドも有力に? 代理人がSNSで関心を示唆
ゲキサカ[講談社]

移籍の噂が取り沙汰されているアーセナルFWアレクシス・サンチェスだが、代理人はマンチェスター・ユナイテッド行きを示唆しているようだ。現地紙『メトロ』が報じている。
今冬の移籍が濃厚とされているサンチェスの行き先として、最も有力とされる候補はマンチェスター・シティ。ジョゼップ・グアルディオラ監督は負傷したFWガブリエル・ジェズスに代わる攻撃の選手を求めているとされている。だが、昨夏に6000万ポンド(約90億円)で獲得を狙った際は、アーセナル側が許可を出さなかった。
一方でマンチェスター・Uは、獲得のために2500万ポンド(約37億7000万円)を用意するとともに、交渉の材料としてMFヘンリク・ムヒタリアンを使うことも考えているという。そこで今回、代理人はツイッター上でマンチェスター・Uをフォローし、関心を示唆している。

ヴェンゲル「金銭面でマンチェスター・Cに敵わない」エヴァンズ獲得に白旗か
(Goal)

アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、DFジョニー・エヴァンズ争奪戦のライバルであるマンチェスター・シティに金銭面で太刀打ちできないと認めた。
ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンで復活を遂げているエヴァンズの獲得にアーセナルとマンチェスター・シティが乗り出しているが、争奪戦は激化しているようだ。北アイルランド代表DF獲得の可能性を否定したヴェンゲル監督だが、2チームによる争奪戦になった場合、アーセナルはマンチェスターシティに到底敵わないと話している。
「我々は誰とも合意には至っていないし、(エヴァンズの)移籍について話すことは賢明ではないと思う。マンチェスター・シティが誰に興味を持っているかなど知らない。ただ、金銭面に関して言えば、我々はマンチェスター・シティに遅れをとるだろう」
また、1月中のマンチェスター・シティ移籍が噂されるアレクシス・サンチェスについて「何も起きないと考えている」と報道を否定したヴェンゲル監督は、以前の発言と同様に今シーズンまで同選手がアーセナルとの契約を全うすると考えているようだ。
さらに、サンチェス同様に今夏にクラブとの契約が切れるメスト・エジルとジャック・ウィルシャーが、今月から他クラブとの交渉が可能になることについて「それは大きな問題ではない。なぜなら多数の選手がプレミアリーグでのプレーを望んでいるからだ」と近いうちに契約延長に合意すると語っている。

update: 2018年1月12日11:38 pm