今度こそ来るかアレクシス・サンチェス | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2018/01/02
今度こそ来るかアレクシス・サンチェス

アーセナルの選手やヴェンゲル監督とも
まずい空気が流れているようで
ずっと欲しがっていたグアルディオラの夢叶うか?

マンC監督ペップ、冬の移籍市場で狙うCBやサンチェスについて語る
(SPORT.es)

マンチェスター・シティはクリスタル・パレスと引き分けて2017年を締めくくった。シティが戦列を補強するために冬の移籍市場に駆けつける可能性は非常に高い。
そして、指揮官のペップ・グアルディオラは記者会見で彼らが獲得を望む選手の1人、アレクシス・サンチェスについて語った。
シティの冬の市場でのメインターゲットはセンターバックだが、昨夏に獲得寸前で破談となったアレクシスの加入は否定されてない。
グアルディオラは今冬に彼の獲得に乗り出すかどうかまだハッキリしていない事を認めた。
「分からない。我々はクラブの人々と内部会議を行い、最良の判断について考えるだろう。だが、現時点で彼はアーセナルの選手だ。従って、あそこでプレーを続けると 思う」ペップはそのように発言した。

サンチェスは1月のシティ行きを強く希望…チームメイトとの関係は修復不可能か
(Goal)

アーセナルFWアレクシス・サンチェスは、1月の移籍市場でマンチェスター・シティ移籍を強く望んでいるようだ。『Goal』の取材で明らかになった。
今夏のマーケットで、最終日に6000万ポンドの移籍金で成立間近に迫っていたサンチェスのシティ行き。しかし、アーセナルが代役を確保できなかったため、取引は実現しなかった。
サンチェスはこれに激怒し、アーセナルでのプレーを拒否したと伝えられていた。この時期に、シティは1月のマーケットで獲得することを約束。代理人と条件面でも合意した伝えられている。
しかし先週のレポートによると、プレミアリーグ首位を独走するシティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、スカッドのバランスを崩すことを望んでおらず、来夏フリーで獲得することを希望しているという。
それでも、サンチェスは1月の移籍を強く望んでいるようだ。『ガーディアン』によると、数試合欠場した後アーセナルに復帰しプレーを続けていたチリ代表FWだが、チームメイトとの関係は悪化の一途をたどっているという。サンチェスの後半アディショナルタイムの決勝弾で勝利した第13節のバーンリー戦後、ゲームキャプテンを務めるDFローラン・コシールニーとロッカールームで衝突したことが報告されており、『Daily Mail』も16節のサウサンプトン戦後に同じようなことが起きたと報じている。

サンチェス、今冬は残留? 獲得狙うマンCのペップは「残留すると思う」と予想
フットボールチャンネル

アーセナルのFWアレクシス・サンチェスは、この冬に移籍しない可能性が高いのかもしれない。マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が「彼は残ると思う」と話している。英メディア『スカイ・スポーツ』が伝えた。
シティは昨年夏にサンチェスの獲得を試みたが失敗に終わった。グアルディオラ監督は今でも同選手の獲得に興味を持っているものとみられている。
1月の市場でサンチェスを獲得するかと問われたグアルディオラ監督は、「何が起こるかは知らない。ただ、彼はアーセナルの選手で、そこに残るつもりだと思う」と語った。

update: 2018年1月2日2:09 am