バッド・バロ、シティ最高、給料無しでもシティに戻りたい | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2017/12/25
バッド・バロ、シティ最高、給料無しでもシティに戻りたい

とにかくいろいろやらかしてくれていたバッド・バロことバロテッリ
シティからミラン>リヴァプール>ミランと来て
現在フランスのニースにいる
そんなバロ、シティが最高だった、シティに無給でも行きたい、と
残念だが今来ても活躍できるところも無く
まずグアルディオラが来させないだろう
どこかで頑張れバッド・バロ

バロッテリがマンC復帰を希望、「給料無しでもプレーしたい」
(AFP=時事)

ニースでの2年目を迎えたバロテッリは今季公式戦21試合で16得点を挙げているが、再び大きなトロフィーを手にすることを焦がれている。
21日付の伊紙ガゼッタ・デロ・スポルト(Gazzetta dello Sport)でバロテッリは、「ビッグクラブに戻って重要なタイトルを勝ち取ることが目標だ」と語った。
「自分の後ろに優秀なチームがいる状況に戻りたい。欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League)でプレーしたいし、何かを勝ち取りたい」
バロテッリはインテル(Inter Milan)在籍時にチャンピオンズリーグを含む六つのタイトルを手にし、2010年にシティに移籍。その後ACミラン(AC Milan)に加入したが、リバプール(Liverpool FC)時代は苦しい時期を過ごし、再びミランに復帰していた。
バロテッリは奔放だった日々は過ぎ去り、家族に囲まれてこれまでにないほどサッカーを楽しんでいると続けた。
一方でバロテッリは、最高の日々を過ごしたのは「間違いなく」シティだったと振り返った。バロテッリはシティで2011-12シーズンの最終節に劇的な展開でタイトルを手にした。
「最高のシーズンをあそこで過ごしたし、クラブには独特の雰囲気がある。給料無しであってもあそこでプレーをしたいね」 【翻訳編集】 AFPBB News

バロテッリ、無給でもシティ入り熱望…一方「大好きだけど行きたくない」クラブは?
(Goal)

ニースに所属する元イタリア代表のFWマリオ・バロテッリが、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じた。
今シーズン、リーグ・アンで13試合に出場し10得点を挙げ好調のバロテッリ。所属先のニースとは今シーズンまでの契約となっており、もしニースがカップ戦の出場を逃がした場合、移籍が濃厚とされている。『ガッゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューにおいて、インテルやナポリへの加入を希望したほか、マンチェスター・シティへは無給でもプレーしたいと熱望したバロテッリだが、今夏の大型補強の効果が表れず、監督交代後も成績低迷が続くミランへの移籍を敬遠している。
「ミランは大好きだけど、今は非常に特殊な状況だ。自分が問題の原因だと感じてしまうので戻りたくない。救世主だと期待されて行っても、自分の責任以上の物を背負わされているように感じてしまうし嫌だ」

バロテッリ、古巣マンCへの復帰を希望? 「給料無しでも戻りたい」
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

リーグ・アンのニースに所属するイタリア人FWマリオ・バロテッリが、古巣のマンチェスター・Cに戻りたいと語った。21日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。
バロテッリは、2010年8月から2013年1月までマンチェスター・Cに在籍。プレミアリーグでは54試合に出場し、20ゴールを記録したものの、数多くの問題行動を起こしていた。しかし、同選手は現在でもマンチェスター・Cのことが気になっているようで、同クラブについて次のように語った。
「私は、マンチェスター・Cが大好きだ。ファンも愛している。クラブが好きなんだよ。シティだったら給料無しでも戻りたいと思うね。マンチェスター・Cで過ごした日々は、自分の人生の中で最高の時だったよ」
バロテッリはマンチェスター・C時代に、自宅浴場の窓から友人たちと花火をやり自宅が火事になったことや、当時同クラブを率いていたロベルト・マンチーニ氏と取っ組み合いになるなど数多くの騒動を起こしていたが、一番好きなクラブは同クラブであったことが明らかになった。

update: 2017年12月25日11:55 pm