グアルディオラ、今回の補強は先行投資 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2017/07/31
グアルディオラ、今回の補強は先行投資

多くのベテラン勢を放出し
大金はたいて新戦力を補強
この先5、6年を見据えたもの
グアルディオラは5、6先シティにいられるか?

ペップ監督、シティ大改革の真意を語る「これは一時の変化ではない」
TheWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

マンチェスター・シティのペップ・グアルディオラ監督は、自身2年目のシーズンを迎える。結果が期待された16-17シーズンは、UEFAチャンピオンズリーグの出場権は獲得するものの、無冠に終わっている。
今夏シティはタイトル奪取のため、移籍市場が開くと同時に活発に動いている。大改革を行うシティは完全移籍だけで7人、ローン移籍を含めると10人以上もの選手を既に放出した。その空いたポジションには、約300億円をつぎ込み補強している。しかし、この改革の背景にはちゃんとした経緯があると、グアルディオラ監督はクラブ公式サイトに語った。
「今シーズンの目標はなにも変えていない。もちろん我々はタイトルの数で判断される。しかし、昨年はとてもよくやっていたよ。我々には変化が必要だったんだ。なぜならはチームのスカッドは年齢が高くなっていたからね。これは一時の変化ではななく、この先5、6年のためのものだ」
今夏の改革は目先のものではなく、先を見越した先行投資だとグアルディオラ監督は語る。もちろん毎年この額で選手を獲得することはできず、それ以上の結果が求められる。新シーズンはなにかと“お金”に注目が集まることになるが、その問題を払拭する結果を残したい。

update: 2017年7月31日11:27 pm