オーバメヤンを獲るとか獲らないとか | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2017/06/20
オーバメヤンを獲るとか獲らないとか

ドルトムントから移籍するであろうオーバメヤン
手を挙げたいクラブは多くあるが実際は金額的に
手を挙げられるクラブはいくつもない
パリ・サンジェルマンが降りたことから
シティが行くとか?
グアルディオラはやっぱりサンチェスがいいとか

マンチェスター・Cはオーバメヤンの獲得には動かず?やはり本命はサンチェスか?
(Goal)

マンチェスター・シティはボルシア・ドルトムントに所属するガボン代表ピエール=エメリク・オーバメヤン獲得には動いていないようだ。『BBC』が伝えている。
オーバメヤンは2016-17シーズン、公式戦46試合に出場し、40ゴールを記録した。特に、ブンデスリーガでは31得点を挙げ、ブンデスリーガの得点王に輝いた。シーズン終了後にはパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍が濃厚と見られていたが、PSGはより典型的なセンターフォワードタイプの獲得を目指すことを伝えたと報じられている。
そして、前線の強化を目論むマンチェスター・シティが獲得に興味を示していることが報じられた。しかし、『BBC』によると、マンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ監督が獲得を望んでいるのはオーバメヤンではないようだ。

マンC、昨夏に続いてオーバメヤンに関心…パリSGらと争奪戦か
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

日本代表MF香川真司のドルトムントに所属するガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンに対して、マンチェスター・Cが関心を示しているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が19日に報じている。
今夏の移籍市場で去就に注目が集まるオーバメヤンについては、移籍金6000万ポンド(約85億3000万円)でパリ・サンジェルマン加入が有力との報道があったほか、ドルトムントで同選手を指導していたユルゲン・クロップ監督が率いるリヴァプールからの関心も伝えられている。
そして今回、マンチェスター・Cも移籍先候補として報じられた。昨夏の移籍市場で獲得目前に迫ったと報じられていた同クラブが、再びオーバメヤンに関心を示しているようだ。『スカイスポーツ』によると、ジョゼップ・グアルディオラ監督が同選手の獲得を望み、状況を注視しているという。

マンC、ドルトのエースに84億円オファーか? グアルディオラ監督が獲得熱望
フットボールチャンネル

マンチェスター・シティはドルトムントに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンに間もなく正式オファーを出すようだ。19日付けの英メディア『スカイ・スポーツ』が報じている。
シティで指揮を執るジョゼップ・グアルディオラ監督が28歳のストライカー獲得を熱望しているようで7000万ユーロ(約84億円)の移籍金を支払う準備があるようだ。
先日、仏紙『レキップ』がオーバメヤン獲得に熱心だったパリ・サンジェルマン(PSG)や中国1部リーグ天津権健などが相次いで撤退したと報じていた。一方で仏紙『Le Parisen』ではイングランド・プレミアリーグのリバプールが7000万ユーロのオファーを提示する準備があるなど連日新たな報道がなされている。

ペップも高く評価…シティがブンデス得点王のオーバメヤン獲得に動く
ゲキサカ[講談社]

マンチェスター・シティがドルトムントのFWピエール・エメリク・オーバメヤン(28)獲得に動いているようだ。英『スカイ・スポーツ』が報じている。
今季ブンデスリーガで31得点を記録し、得点王に輝いたオーバメヤン。その高い決定力を昨季までバイエルンを指揮したシティのジョゼップ・グアルディオラ監督も高く評価しており、先週6000万ポンド(約85億3000万円)でのパリSG移籍が破談となったことで、シティ移籍の可能性が浮上している。
シティには、FWセルヒオ・アグエロのほかに、今冬加入のFWガブリエル・ジェズス(20)やFWケレチ・イヘアナチョ(20)がいるが、高い能力を持つストライカーが十分に揃っているとは言えない状況。そのため、オーバメヤンが加入すれば大きな戦力になることは間違いないとのことだ。

update: 2017年6月20日11:47 pm