大物補強第1弾はポルトガル代表ベルナルド・シウバ61億円 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2017/05/27
大物補強第1弾はポルトガル代表ベルナルド・シウバ61億円

退団情報が多かったがいよいよ補強第1弾は
モナコからポルトガル代表ベルナルド・シウバ22歳
ポルトガル代表の有能な若者、モウリーニョはイライラしているか

マンチェスターC、今夏の移籍第1号はB・シウバ…移籍金は約61億円
(Goal)

マンチェスター・シティは、モナコからポルトガル代表MFベルナルド・シウバを獲得したと発表している。
26日金曜日にシティのトレーニング場でメディカルチェックをパスしたB・シウバは、4300万ポンド(約61億4300万円)の移籍金で加入し、5年契約にサインしている。就任2シーズン目を迎えるジョゼップ・グアルディオラ監督にとって今夏の移籍第1号となった。ポルトガル代表MFは、来シーズンはマンチェスター・Cで20番のユニフォームを着用することになるようだ。
マンチェスター・Cは「7月1日にモナコからベルナルド・シウバが加入することを発表する。モナコでリーグ・アン優勝とチャンピオンズリーグ準決勝進出に貢献したポルトガルのプレーメーカーを獲得した」と声明を出している。
一方のB・シウバも「素晴らしい気分だ。世界でも指折りのチームの一員となれた。このクラブに加入できたこととそのようなチャンスを得られたことは最高だ。マンチェスター・シティの選手としてベストを尽くし、チームに貢献できるように頑張りたい」とマンチェスター・Cの公式ウェブサイトで喜びを語った。
続けて「彼(グアルディオラ)は最高の監督の1人だ。グアルディオラの下でプレーできるなんて、これ以上何も言うことはない。バルセロナやバイエルン・ミュンヘンで偉大なことを成し遂げた。ここでもタイトルを獲得できるはずだ。彼の下でプレーできる機会に恵まれて素晴らしい限りだ」とスペイン人指揮官の存在が移籍を決断した理由だと話している。
ベンフィカアカデミー出身のB・シウバは、22歳ながらポルトガル代表としてすでに12試合に出場し、今シーズンは37試合で8ゴールを挙げる活躍を見せ、モナコのリーグ優勝に貢献。また、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でもマンチェスター・C相手に得点を決め、ベスト4進出の立役者の1人となっていた。

マンC、モナコからポルトガル代表MFシウバを獲得
(AFP=時事)

【AFP=時事】イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティ(Manchester City)は、来季チェルシー(Chelsea)からタイトルを奪うための手始めとして、26日にASモナコ(AS Monaco)のポルトガル代表プレーメーカー、ベルナルド・シウバ(Bernardo Silva)と契約を結んだ。
シティは契約年数などの詳細を明かしていないものの、英メディアは移籍金が4300万ポンド(約61億円)ほどと報じている。
7月1日に正式加入する22歳のシウバは、17-18シーズンに向けてジョゼップ・グアルディオラ(Josep Guardiola)監督率いるシティの最初の補強となった。
マンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)も獲得に興味を示していたとされてたが、25日にマンチェスター空港(Manchester Airport)に降り立ったシウバはエティハド・スタジアム(Etihad Stadium)を選んだ。
これまでに代表戦12試合に出場しているシウバは、「グアルディオラ監督の指導を受けられる機会に恵まれるのは本当に素晴らしいこと。断れない。知っての通り、FCバルセロナ(FC Barcelona)やバイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)で彼は素晴らしい仕事をしてきた。ここでもタイトルが取れるだろうとみんな思っているしね」とコメントしている。
ポルトガル1部のベンフィカ(Benfica)でキャリアをスタートさせたシウバは、2014年にモナコへ1シーズンの期限付き移籍をするとフランス・リーグ1で序盤から活躍し、6か月後には完全移籍を果たした。

マンC、仏王者モナコからFWベルナルド・シウヴァを獲得
(ISM)

マンチェスターC(イングランド)は現地時間26日(以下現地時間)、フランス・リーグ1王者のモナコからポルトガル代表FWベルナルド・シウヴァ(22)を獲得したと発表した。契約の詳細は明かされていないが、同選手の正式加入は7月1日となる。
2012年、14年とプレミアリーグ王者に輝いたマンCだが、ペップ・グアルディオラ監督1年目となった今季は3位でシーズンを終了。チャンピオンズリーグ(以下CL)ではアウェイゴール差によりモナコに敗れ、ベスト16止まりとなっていた。
一方のモナコは、シウヴァの貢献もあって今季リーグ1優勝を達成。CLでも準決勝までたどり着いている。(STATS-AP)

マンC 今オフ補強1号で期待の若手を獲得 移籍金61億円超
(スポニチアネックス)

イングランド・プレミアリーグで今季3位のマンチェスター・シティーが、今オフの補強1号で期待の若手を獲得した。
26日、モナコ(フランス)からポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(22)を獲得したと発表。英BBC放送によると、移籍金は4300万ポンド(約61億4900万円)で、英クラブで歴代7位にあたる。グアルディオラ監督は「頭が良く、フィジカルも強い。中盤のどこでもプレーできる素晴らしい選手」と高く評価。シウバは「グアルディオラ監督に指導してもらえるチャンスにノーとは言えない」と名将の下でプレーできることを喜んだ。
“リトル・メッシ”と呼ばれ、モナコで10番を背負ったシウバは、14年にベンフィカ(ポルトガル)から期限付きで加入し、15年に完全移籍。今季はリーグ37試合に出場して8得点9アシストをマークして17季ぶりのフランスリーグ制覇に貢献した。13季ぶりの4強入りした欧州CLでは11試合で2得点1アシスト。決勝トーナメント1回戦ではマンチェスターCを相手に1アシストをマークした。

マンC、約86億円で今夏最初の補強完了へ。仏王者の主力獲得間近
フットボールチャンネル

マンチェスター・シティが、モナコのMFベルナルド・シルバの獲得に迫っているようだ。英紙『デイリー・メール』など複数メディアは、選手がマンチェスターへ向かったことを伝えている。
ベルナルド・シルバは、今シーズンのチャンピオンズリーグでも躍進したモナコで10番を背負っている22歳のポルトガル代表MF。シティは同選手を獲得するために6000万ポンド(約86億円)を用意し、すでにクラブ間で合意に達した模様だ。
選手本人は25日にマンチェスターへ渡ったとされている。メディカルチェックで問題がなければ、5年の契約にサインをする見通しだ。
6000万ポンドという移籍金は、シティにとってクラブレコードだ。これまでの最高額は、2015年にMFケビン・デ・ブルイネを獲得する際に投じた5500万ポンドとされている。

マンC、早速大物獲得。モナコMF加入を発表、その移籍金は…
フットボールチャンネル

マンチェスター・シティは現地時間26日、モナコからポルトガル代表MFベルナルド・シルバが加入することを発表した。
22歳のベルナルド・シルバは、今シーズンのモナコの躍進に貢献したMFで、7月1日からシティの選手となる。英メディア『スカイ・スポーツ』などによると、移籍金は4300万ポンド(約62億円)だ。
シティで20番のユニフォームを着ることになった同選手は、「世界のベストクラブの一つにやってくることができた。とても良いフィーリングだ。マンチェスター・シティの一員になれてうれしい。チームが目標を達成するために、自分のベストを尽くしたい」と喜び、「ペップ・グアルディオラ監督のもとで練習できる機会があったら、もちろんノーなんて言えない」と話している。

B・シウバの退団にモナコの同僚ムバッペも反応「大切な親友…幸運を祈る」
(Goal)

今シーズン、モナコのリーグ・アン制覇に貢献し、チャンピオンズリーグではベスト4進出の原動力となったポルトガル代表MFベルナルド・シウバ。同選手が26日にマンチェスター・シティに移籍することが決まった。
B・シウバの退団決定を受けて、2シーズンモナコでともにプレーしたキリアン・ムバッペが『twitter』で惜別のツイートを行った。ムバッペは「大切な親友…エティハドスタジアム(マンチェスター・Cのホーム)でも幸運を祈る」というコメントを公開し、同僚B・シウバの退団を惜しんだ。
また、モナコ公式メディアもB・シウバ移籍の一報を伝え、「B・シウバはモナコにとって大きな希望だった。マンチェスター・Cでの新たな挑戦、成功を祈っている」というツイートを公開している。
B・シウバは今シーズン、リーグ戦37試合で8ゴールを記録。報道によるとマンチェスター・Cとは5年契約を結び、移籍金は4300万ポンド(約61億4300万円)に及ぶと見られている。

CL躍進のモナコ大解体の危機! ポルトガル代表MFがシティと5年契約、移籍金62億円
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

今季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で準決勝まで躍進したモナコは、若さと才能の溢れる選手の集団として戦ってきたが、戦力の維持に苦戦している模様だ。イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティが、モナコのポルトガル代表MFベルナウド・シウバを5年契約で獲得したと発表した。
英メディア「ブリーチャー・レポート」は、22歳のシウバが残した今季成績を公式戦11ゴール、12アシストとしている。18歳の新鋭FWキリアン・ムバッペや元コロンビア代表FWラダメル・ファルカオの得点力がクローズアップされたが、2列目のシウバから生み出される変幻自在のドリブルとパスはその2トップを強く支えるものだった。しかし、その戦力の流出が早くも決まっている。シウバの移籍金を英紙「テレグラフ」は4300万ポンド(約62億円)と報じている。
一方、ムバッペにはレアル・マドリードなどのビッグクラブから1億ユーロ(約125億円)級のオファーが舞い込むと伝えられている。また、ファルカオには古巣であるスペインのアトレチコ・マドリード行きが浮上。中盤を支えたMFティエムエ・バカヨコにはチェルシーから熱視線が浴びせられ、そのコンビであるMFファビーニョにはイタリア王者ユベントスが獲得の意思を見せているという。
気鋭のアタッカー陣による爽快感のある戦いぶりが高い評価を受けたモナコだったが、大解体の危機に直面している。

マンC、UCL4強入りを果たしたモナコの10番を獲得「ノーなんて言えるわけがない」
TheWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

マンチェスター・シティは26日、モナコからポルトガル代表MFベルナルド・シウバを獲得することで合意に至ったと発表した。なお、正式加入は7月1日以降となり、背番号は「20」に決まった。
現在22歳のシウバはポルトガル代表の各年代でプレイし、2015年3月に当時20歳ながらA代表デビュー。昨夏に行われたEURO2016は、負傷により欠場を余儀なくされていたが、これまで12キャップを記録している。
一方、クラブではベンフィカの下部組織出身で、2013年10月にトップチームデビューを飾ったが、その後はなかなか出場機会に恵まれず、2014年夏にモナコへレンタル移籍。チームの主力として活躍したことで、半年後の2015年1月に同クラブへ完全移籍していた。そして、モナコの「10」を背負う彼は今季も公式戦58試合に出場し、11ゴール12アシストを記録しており、チャンピオンズリーグ(UCL)の4強進出やリーグ優勝に貢献している。
そんなシウバはクラブの公式サイトを通じて「素晴らしい気分だよ。世界最高のチームの一員になることができた。このクラブの一部になれたことやこんな機会を得られたことが嬉しいね。チームのために全力を尽くせるのを楽しみにしているよ。グアルディオラ監督の指導を受けるチャンスがあるのであれば、ノーなんて言えるわけがないだろ。バルセロナやバイエルンで行ってきたことは驚くべきことだからね」と喜びを語った。

マンC、モナコのシルヴァ獲得決定…「世界でもトップクラスのクラブ」
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

マンチェスター・Cは27日、モナコに所属するポルトガル代表MFベルナルド・シルヴァ獲得を公式HP上で発表した。移籍金は約4300万ポンド(約61億円)と噂されている。
ベンフィカでキャリアをスタートさせたシルヴァは、2013年に行われたU-19ヨーロッパ選手権において、欧州サッカー連盟(UEFA)が選ぶ10人の才能ある選手に選出。2014-15シーズンにモナコへ移籍すると瞬く間にチームの主軸へ成長、リーグ・アン32試合に出場し9ゴール3アシストをマークした。
モナコが17年ぶりのリーグ優勝を果たした今シーズンは、公式戦58試合に出場。さらに11ゴール、12アシストを記録した。
背番号も既に発表されており、来シーズンからは「20」番を背負うことになる。同選手は公式HP上で「とてもいい気分だ。本当に世界でもトップクラスのクラブにいくことができた。このクラブの一員となってたくさんのいいチャンスを掴みたい」とコメント。
「マンチェスター・Cの一員となれたことを嬉しく思う。最高のパフォーマンスをもって、ゴールを奪う手伝いができることを心待ちにしている。もちろん、ジョゼップ・グアルディオラ監督のもとで練習ができることに、ノーと言う人はいないだろう。みんなも知っている通り、彼はバルセロナとバイエルンで数々の成功を収めてきた。彼と一緒に仕事ができるのは素晴らしいことだ」と、グアルディオラ監督についてもコメントした。

update: 2017年5月27日11:42 pm