レスターのシュマイケルを狙う | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2017/05/22
レスターのシュマイケルを狙う

弱点のGKにカスパー・シュマイケルを狙う
現レスターのシュマイケルだが
元シティでもあり長い間武者修行に行ってきたとも言える、言いたい
そしてシュマイケルが抜けた場合ジョー・ハートを狙うという

レスターとマンCの守護神が入れ替わる? シュマイケルの移籍から動きが起こる可能性も
TheWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

今季3位に終わったマンチェスター・シティは、シーズンを通してGK問題に悩まされた。昨夏バルセロナから獲得したクラウディオ・ブラーボは指揮官ジョゼップ・グアルディオラの好みに合うタイプと言われたが、セービングで不安な部分を露呈。結局シーズン途中からは第2GKのウィリー・カバジェロがゴールマウスを任されている。
クラブが今夏に新たなGKを求めるのは当然の流れで、レスター・シティで安定感あるパフォーマンスを披露しているカスパー・シュマイケルに興味を示しているといった話題もある。シュマイケルのセービング能力はプレミアリーグ内でも高いレベルにあり、シュートストップの面ではブラーボより信用できる。
一方で守護神を強豪クラブから狙われているレスターも後釜探しに動いている。英『Daily Mail』によると、ターゲットの1人にマンCからトリノにレンタル移籍しているイングランド代表GKジョー・ハートの名前が挙がっているという。
ハートは昨夏グアルディオラの構想から外れてレンタルに出されたが、トリノ側に完全移籍で獲得する意思はないと見られている。マンC側もハートを残す考えはなく、その状況にレスターが興味を示しているようだ。ハートには他にもエヴァートン、リヴァプール、サウサンプトン、ウェストハムなどプレミアリーグの複数クラブが興味を抱いているようだが、今夏マンCとレスターでGKがトレードされるシナリオは実現するか。

update: 2017年5月22日11:56 pm