やっぱりボヌッチが欲しいグアルディオラ | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2017/04/21
やっぱりボヌッチが欲しいグアルディオラ

何度もボヌッチが欲しい、獲得の記事も出たが
やっぱりボヌッチが欲しくてかなりの額を
使ってももう一度オファーをかける模様

チェルシーとマンチェスター・Cがボヌッチを再評価…巨額オファーを準備へ
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

ボヌッチは2010年7月にユヴェントスに加入。これまで同クラブで公式戦310試合に出場し、20ゴールを記録、5度のセリエA制覇に貢献してきた。今シーズンのセリエAではここまで24試合に出場して2得点、チャンピオンズリーグ(CL)では8試合に出場して1得点を決めている。CL準々決勝ではバルセロナとの注目の対戦で、2戦連続先発フル出場。凄まじい攻撃力を誇る相手の前線を抑え込み、2試合の完封に大きく貢献したことも記憶に新しい。

マンCがボヌッチ獲りに再挑戦! DF史上最高額を準備か?
SOCCER DIGEST Webから

ユベントスに所属するレオナルド・ボヌッチは昨年9月、夏にマンチェスター・Cからオファーがあったことを認め、自身の心が揺らいでいたことを明かしていた。
この事実からもマンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ監督が、ボヌッチを高く評価していることが良く分かる。英紙『テレグラフ』は、現地時間4月20日、マンチェスター・Cが昨夏に続いてイタリア代表CBの獲得を目指し、「DF史上最高額となる移籍金を支払う覚悟がある」と報じた。
チャンピオンズ・リーグ準々決勝の2試合で、MSNを擁するバルセロナをノーゴールに抑えたユーベ守備陣の中心を担うボヌッチは、精度の高いフィードでビルドアップの起点になれることもあり、以前からグアルディオラ監督が賛辞を寄せているCBだ。
今シーズンからプレミアリーグに挑戦したグアルディオラ監督は昨夏、マンチェスター・Cの資金力を生かしてボヌッチの獲得を画策。しかし、「大きな目標を達成するために」と、ボヌッチはユーベに残留していた。
だが、テレグラフ紙によると、チーム状況を知る人物が、「依然として彼らはボヌッチを望んでいる。CBは引き続き問題を抱えるポジションであり、今夏はそこを補強する必要がある」と、マンチェスター・Cがボヌッチ獲得に再挑戦すると明かしているという。

update: 2017年4月21日11:57 pm