テリーをさらに粘る | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2009/07/16
テリーをさらに粘る

テリー獲得に粘りを見せているがまだまだ粘る模様
もとチームメイトの監督も気持ちはわかってるからと説得
チェルシーはブルーノ・アウベス獲ればいいじゃん

マンチェスター・シティのマーク・ヒューズ監督は、チェルシーのジョン・テリーに対し、三度目のオファーを提示する可能性を認めた。ヒューズ監督によれば、テリーは「環境の変化」を求めているようだという。テリーは、チェルシーがこの夏、大物の補強ができなかったことに不満を感じていると言われており、そうした報道に対して何もコメントしていないこともあって、マン・シティ移籍の噂が再浮上している。ヒューズ監督は、10年以上も前の現役時代にチェルシーでチームメートだったテリーについて、「傑出した選手であり人間」と高く評価している。「彼と初めて会ったのは、私がまだ現役で、彼がチェルシーの若手だった頃だ。それ以来彼のことは考えていたよ。彼のようなレベルの選手を獲得できるチャンスがあったら、なんとしてもものにしたいと思う。チェルシーとはすでに話をしており、今度はテリー本人を話をする機会を求めている」「我々はオファーを出したが、チェルシーは彼らの考えをはっきりさせた。我々はそれを尊重しなければならない。だが、近いうちに我々はまたオファーを出すかもしれない]ヒューズ監督はまた、テリーがチェルシーを去る可能性を、自らが15年近くを過ごしたマンチェスター・ユナイテッドを去った時の状況と重ね合わせた。「金銭の問題じゃないんだ。新しいチャレンジを求めるんだよ。ジョンは人生においてもキャリアにおいても別の段階にさしかかっているんだと思う。(チェルシー残留を認める)発言がないのは、ジョンがそういうことを真剣に考えているからなんだ。私も選手時代にそういう過程を経験したから、彼の考え方も理解できる」(FOOTBALL WEEKLY)

update: 2009年7月16日9:09 am