レアル、バルサがオタメンディを欲しがる | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2017/02/21
レアル、バルサがオタメンディを欲しがる

レアル、バルサがオタメンディを欲しがる
元々リーガでやっていた選手だし欲しいのもわかる
本人も行きたいのかも知れない
それ以上に代理人が行かせたいか

レアル、ペペ放出でオタメンディ獲得へ 代理人「彼らの誘いを断る人間などいるのか?」
TheWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

ファイターの代わりを務められるのはファイターだけだ。マンチェスター・シティでプレイするアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディの代理人が、同選手のレアル・マドリード移籍の可能性について言及している。
現在29歳のオタメンディは名門バレンシアで突出した守備センスにより世界的CBへと成長すると、2015年夏に晴れてプレミアリーグへ上陸。闘争心を剥き出しにしたプレイと安定感溢れる対人クオリティーは、豪華な陣容の揃うシティにおいても貴重な存在だ。
今夏のマーケットでポルトガル代表DFペペを失う可能性が高いレアルの補強リストには、この有能なアルゼンチン人CBの名前が記されているという。『Radio Continental』が同選手の代理人マルティン・センドア氏のコメントを伝えている。
「ペペがレアル・マドリードを退団すれば、オタメンディはまさに打ってつけの存在といえるだろう。それにバルセロナも彼の獲得に興味を持っている。もっとも、彼らはオタメンディがまだバレンシアにいた頃から追っているけどね。ニコラスはマンチェスター・シティで幸せだが、レアル・マドリードからの誘いを断る人間なんているのか? 彼らは世界最大のクラブだ」

update: 2017年2月21日11:12 pm