メッシを140億円で獲得に動く | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2017/02/20
メッシを140億円で獲得に動く

メッシのシティ入りは何度か言われてきたが
契約延長も難航しいよいよシティにやってくるかも

マンCが約140億円でメッシ獲得に動くか…指揮官が熱望と英紙報道
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

マンチェスター・Cが今夏、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの獲得に動くと、18日付のイギリス紙『デイリーミラー』が報じている。
同紙によると、マンチェスター・Cはメッシがバルセロナを離れる準備が整ったと考えている模様。同クラブの指揮を執るジョゼップ・グアルディオラ監督が、かつての教え子の獲得を今夏の補強の最優先事項として位置づけたという。さらに、獲得に向けて1億ポンド(約140億円)もの獲得資金を用意しているとも同紙は伝えている。
2018年6月で現行の契約が終了するメッシについては、新契約締結に向けた交渉が難航しているとも報じられていた。これに関して同紙は、メッシの父で代理人であるホルヘ・メッシ氏が現在スペインに滞在しているものの、ビジネスのためであり、契約延長のためにクラブと話し合いの場を持つ予定がないことも明らかに。同選手のマンチェスター・C移籍を加速させる一因とした。

シティが140億円でメッシ獲りへ…“相思相愛”ペップとの再会なるか
ゲキサカ[講談社]

ジョゼップ・グアルディオラ監督率いるマンチェスター・シティが、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ獲得に1億ポンド(約140億円)を用意しているようだ。英『ミラー』が伝えている。
現在、税引き後200万ポンド(約28億円)の年俸を受け取っているメッシ。バルセロナと2018年で契約が満了するため、現在、契約延長に向けて話し合っている最中とされているが、契約延長のオファーを断ったと報じられるなど交渉は難航している。また、パリSG移籍報道や、スペイン国内で脱税の容疑を掛けられ、気持ちが退団に傾いていると報じられたこともあった。
メッシのバルセロナでの将来が不透明となっている中、グアルディオラ監督がシティで教え子との再会を望んでいるとのこと。メッシがバルセロナと契約を更新する前に、なんとかして獲得したいと考えているようだ。メッシがカンプ・ノウにグアルディオラ監督を連れ戻そうと試みているとも伝えられるが、再会の地はマンチェスターとなるのだろうか。

メッシ、140億円の“格安価格”でマンチェスター・シティ移籍か 英紙報じる
TheWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

金で勝利を買えるかは分からないが、リオネル・メッシを購入すればあらゆるトロフィーが手に入るだろう。イングランドのマンチェスター・シティは、そんな壮大なプロジェクトを始動させたようだ。
このアルゼンチン人アタッカーを“タダ同然”で獲得したバルセロナは、ディエゴ・マラドーナやロナウド、そしてロナウジーニョ以上に長く濃密な時間をメッシと共に過ごしている。伝統の背番号10を与え、王様としての地位と居心地を提供し続けるバルサだが、夢のような日々も終わりを迎えるかもしれない。英『Mirror』は、メッシの恩師であるペップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティが、契約延長問題に揺れるスーパースターの強奪におよそ140億円を準備していると報道。曰く、イングランドの金満クラブはメッシがバルサと新たなサインを結ぶ前に“横取り”することを望んでおり、当然ながらペップもその贅沢な買い物を熱望しているという。
これまでにもインテルやパリ・サンジェルマンなど幾つかのビッグクラブが夢見てきた“メッシ獲得プロジェクト”だが、今回は恩師ペップ・グアルディオラと、遅々として纏まらない契約延長交渉の存在が強みとして挙げられるだろう。もちろん難しいミッションであることに違いはないが、パリ・サンジェルマンとの2ndレグの結果次第ではどんなことも起こりうるかもしれない。

update: 2017年2月20日2:23 am