女子アメリカ代表選手獲得 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2017/02/17
女子アメリカ代表選手獲得

女子アメリカ代表選手カーリー・ロイドを獲得
代表ではキャプテンで10番を付けていた選手
女子もいい選手を補強中

なでしこ相手にW杯で圧巻ハット…女子米国代表の伝説的10番エースがマンCに加入
フットボールチャンネル

マンチェスター・シティが15日、ナショナル・ウーマンズ・サッカーリーグのヒューストン・ダッシュに所属する34歳の女子アメリカ代表MFカーリー・ロイドを獲得したと発表した。今季終了までの契約となっている。
ロイドは2005年にアメリカ代表としてデビューを果たして以降、2011年W杯や2015年W杯、北京オリンピックやロンドンオリンピックなどに出場して活躍している。2015年W杯では日本のなでしこジャパンと決勝戦を戦い、ハットトリックを記録してアメリカ代表の優勝に貢献していた。
2015年シーズンと2016年シーズンのFIFA年間最優秀選手賞を受賞しており、その他にも数多くの個人タイトルを持っている。女子アメリカ代表では背番号10をつけ、主将として活躍するなど、代表の中心選手として活躍していた。なお、シティでも背番号10を着用することになっている。

update: 2017年2月17日11:32 pm