アグエロにレアル、インテル、チェルシーが名乗り | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2017/02/06
アグエロにレアル、インテル、チェルシーが名乗り

アグエロが移籍する噂が出ているが
ジェズスがいいのでその話しはどんどん大きくなる
アグエロ本人は残留したいがどうなるか・・・
と移籍無しとは言い切れなくなってきた

アグエロ、今季終了後マンC退団の可能性示唆と英紙
(日刊スポーツ)

マンチェスターCのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(28)は、今季終了とともにクラブを退団する可能性があることをほのめかした。5日付のインディペンデント電子版が報じた。
冬の移籍で新規加入したブラジル代表FWガブリエルジェズス(19)が、5日のスウォンジー戦で先発し、チーム全得点となる2得点を決めるなど好調。この試合でアグエロはベンチスタートで途中出場した。
ベンチを温める機会が増えた同選手だが、クラブにとどまりたいことを主張も、去就は同選手ではなく、クラブが決めることだと話した。「来季もとどまりたいが、クラブがどうしたいのか見極めていく。僕は問題ないよ。こういうことは、時々起こり得ることだ」と、厳しい現状を冷静に見極めた。
2試合連続でベンチスタートが続いているが「ベンチにいる時は、チャンスを待つしかないね。まだ3カ月残っているし、チームメートを助けられるように努力する」と腐らずにプレーすることを強調した。今後については「僕の未来に何が起こるか見てみようじゃないか。クラブを去ることは考えていないが、3カ月で僕に何ができるかだ。その後、クラブが僕を残したいかどうかだ」と自身の去就をクラブにゆだねることを明かした。

マンC退団噂のアグエロ、移籍の可能性否定せず「将来がどうなるか見ていて」
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

マンチェスター・Cに所属するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが、自身の去就について言及した。5日付のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。
マンチェスター・Cは5日、プレミアリーグ第24節でスウォンジーと対戦。今冬から加入したブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスの2ゴールで2-1と勝利を収め、リーグ3位に浮上した。アグエロは2試合連続のベンチスタートとなっていた。
レアル・マドリードやチェルシーなど、複数のビッグクラブが関心を示していると噂されるアグエロ。去就について問われると、「あと3カ月はチームを助けなければならない。その後、どこのクラブが僕と接触するか見ることになるだろうね」と、移籍の可能性を否定しなかった。
続けて、「もちろん残留したいよ。契約は3年間残っているし、それは嬉しいことだ。僕の将来がどうなるか見ていてよ」と、マンチェスター・Cへの思いも口にした。
また、ジョゼップ・グアルディオラ監督もアグエロの去就について言及。「簡単なことではない。ただ、セルヒオは最も重要な選手の1人だ」と、貴重な選手であることを強調した。

インテルがアグエロ獲得に興味?中国マネーで週給4200万円のオファーを準備か
(Goal)

インテルが夏の移籍市場では、マンチェスター・シティのFWセルヒオ・アグエロの獲得に興味を示していると、イギリス紙『エクスプレス』が報じている。
昨年6月末、中国の家電小売販売会社である蘇寧電器がインテルを買収しており、来シーズンの開幕に向けて、潤沢な資金を武器に目玉となる大型補強をサポーターへプレゼントしたい意向のようだ。
現在アグエロは、マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルティオラ監督との不仲が噂されている。グアルディオラはブラジル人の若手FWガブリエウ・ジェズスを重用しており、また来夏には、ドルトムントからFWピエール=エメリク・オーバメヤンを引き抜くとの噂もある。
蘇寧はアグエロ獲得に向けて、週給34万7000ユーロ(約4200万円)のオファーを準備していると伝えられている。

アグエロ争奪戦にチェルシーも? D・コスタの後釜探しか
フットボールチャンネル

マンチェスター・シティのFWセルヒオ・アグエロに対し、チェルシーが関心を示しているという。英紙『デイリー・ミラー』が伝えた。
シティでは最近、アグエロの去就が注目を集めている。19歳の新戦力ガブリエウ・ジェズスが見事なスタートを切ったこともあり、6月に29歳になるエースはレアル・マドリーのターゲットになっているようだ。
チェルシーは1月の移籍市場でFWジエゴ・コスタの移籍が話題になった。ひとまず冬の史上では残留することになったが、次の移籍市場でどうなるかは分からない。そのため、ジエゴ・コスタに代わる新しいストライカーを探している可能性はあるだろう。
レアル・マドリーは、アグエロ獲得に7500万ポンド(約100億円)を用意しているという。シティにアグエロ放出を急ぐ理由はないが、ジョゼップ・グアルディオラ監督がガブリエウ・ジェズスを高く評価しているのであれば、次の夏に大物ストライカーの移籍が起こるかもしれない。

アグエロ、新戦力ジェズスの活躍で窮地に。今季終了後の移籍は否定するが…
フットボールチャンネル

マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロは、先発のポジションを失う危機に立たされている。現地時間5日に行われたスウォンジー・シティ戦では2試合連続の交代出場となった。試合後のコメントを英紙『インディペンデント』などが伝えている。
2011年の加入以来シティのエースストライカーとして活躍を続けてきたアグエロは、今季もチーム最多の11ゴールを記録。だがジョゼップ・グアルディオラ監督のもとではエースの座が安泰ではなくなりつつある。
1日のウェスト・ハム戦に続いてスウォンジー戦でもベンチスタートとなり、残り数分での交代出場にとどまった。アグエロに代わって先発に起用された新加入のブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスは前節の初ゴールに続いて2得点を記録し、チームを2-1の勝利に導いている。
ここのところ噂され続けていた移籍への憶測がさらに強まることは避けられない状況だ。アグエロは試合後に、「来シーズンもここに残りたい。移籍することは考えていない。今後の3ヶ月でできる限りチームを助けたい」と話しているが、「それからクラブが僕に対してどうしたいのか見てみよう」とも付け加え、移籍の可能性を完全には排除しない様子を見せている。
アグエロに対してはレアル・マドリーからの関心が噂されているほか、中国への移籍の可能性があるとみられるFWジエゴ・コスタの代役としてチェルシーが獲得に動くのではないかとの見方もある。

去就注目のアグエロ、マンCに「もちろん残りたい」としつつ将来的な退団を否定せず
(Goal)

マンチェスター・シティに所属するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが注目の去就について『Goal』の取材で語ってくれた。
アグエロはプレミアリーグでここ2試合スタメンを外れ、最前線には新加入のガブリエウ・ジェズスが入っている。一部の報道では、ジョゼップ・グアルディオラ監督がアグエロの練習態度やコンディションに満足していないといううわさもあり、レアル・マドリーやチェルシーが獲得を狙っていると伝えられる。
5日に行われたスウォンジー・シティ戦後のミックスゾーンで取材に応じたアグエロは「こういったこと(移籍話)はよくあることだし、普通だよ」と話し、以下のように続けた。
「ベンチに座っていたら、チャンスを待たなければならない。残り3カ月ベストを尽くすし、チームを助けられるよう戦うさ。将来についてはまあ見てみようじゃないか」
移籍のうわさについては煙に巻いたアグエロだが、契約は2020年まで。自らの気持ちについては「もちろん残りたい」と話し、クラブで幸せであることを強調している。
また、新たなライバルとなったG・ジェズスについては「若くて、最高峰の選手だけど、まだシティで学ぶことは多いね。彼はクラブで素晴らしい将来が待っている」と語った。

update: 2017年2月6日11:36 pm