グアルディオラにがっかり、ペジェグリーニと変わらない | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2017/01/06
グアルディオラにがっかり、ペジェグリーニと変わらない

グアルディオラにがっかり、ペジェグリーニと変わらない
期待が大きすぎてこの結果はちょっとがっかりか
日本では雑誌の取り上げ方も多くなりブランド力は上がった
グアルディオラ力でもっとスムーズに移籍交渉も行くと思ったがそんなでも無い
グアルディオラはこれから何を見せてくれるか?

グアルディオラもペジェグリーニも大して変わらない? 「チームは大きく変わったか?」と疑問も
TheWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

グアルディオラ就任当初はマンC、さらにはプレミアリーグ全体を変えてくれるのではとの考え方もあったが、英『Daily Mirror』の記者ジョン・クロス氏はマンCがあまり変わっていないと感じているようだ。同氏は英『sky SPORTS』で「私は本当にびっくりしているし、マンCとペップ・グアルディオラにとても失望した」とコメント。リヴァプール戦の敗北にショックを感じていることを明かした。
また、同氏は「良いパフォーマンスもあるが、継続性が欠けている。リヴァプール戦に負けた時点での順位表をペジェグリーニが率いていた昨季と比較すると、3ポイント程度しか変わらない。リヴァプール戦は無気力に見えたし、ファイトがなかった。チームは大きく変わっただろうか?」とコメントし、グアルディオラのチームに疑問を抱いている。
今夏に獲得したMFイルカイ・ギュンドアンは大怪我を負ってしまい、DFジョン・ストーンズは不用意なミスが目立つ。グアルディオラがこだわったGKも、クラウディオ・ブラーボのパフォーマンスは賛否両論ある。同氏もブラーボについて「ゲームを変えるビッグセーブはあったか?」と本来GKに求められるシュートストップの能力に納得していない。
今夏の補強もそれほど効果的だったとは言えず、チーム力にはあまり変化がない。グアルディオラのチームらしい美しいパスワークが見られる機会もそれほど多くなく、簡単にロングボールを蹴ってしまうシーンも目立つ。昨季はこの時点で勝ち点35を稼いでおり、今季はそれよりも4ポイント多い39点を獲得している。それでも、グアルディオラに大きすぎる期待をかけていたサポーターにとっては大満足とはいかないはずだ。現在は首位チェルシーと勝ち点差が10離れているが、2017年に巻き返せるか。

update: 2017年1月6日11:45 pm