やっぱり、どうしてもボヌッチが欲しいグアルディオラ | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2016/12/13
やっぱり、どうしてもボヌッチが欲しいグアルディオラ

グアルディオラの補強リストの上位にいつもいる
ユヴェントスのボヌッチ
それは守備のメンバーがある程度あっても欲しいのであって
守備ががたがたならなおさら欲しくなる

マンチェスター・C、ボヌッチ獲得を諦めず…ペップスタイルには必要不可欠か
(Goal)

守備の補強を急務とするマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がユヴェントスのDFレオナルド・ボヌッチの獲得を要望している。イギリス紙『サン』が報じている。
シティはプレミアリーグ第15節のレスター戦で4失点、その前のチェルシー戦では3失点と大量失点を喫し、守備の脆弱さが露呈した。
イギリスメディアはその責任がGKクラウディオ・ブラーボにあると追及しているが、グアルディオラ監督はGKではなく、守備陣にあると考えているようだ。
その打開策として、グアルディオラは1月の移籍市場で再びセンターバックの大型補強を行うと見られており、夏にエバートンから獲得したDFジョン・ストーンズの隣に据えることになるという。
候補として挙がっているのが、ユヴェントスのDFレオナルド・ボヌッチだ。ユヴェントスの5年連続リーグ優勝に貢献し、イタリア代表でも守備の要として活躍している。グアルディオラ監督はバイエルン・ミュンヘンを指揮していた頃から、ボヌッチの獲得を熱望していたとされている。
このほか、アスレティック・ビルバオのDFアイメリック・ラポルテやサウサンプトンのDFジョゼ・フォンテとDFビルヒル・ファン・ダイクもマンチェスター・Cのセンターバック補強候補として挙げられているという。

update: 2016年12月13日11:24 pm