ハートは放出へ | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2016/12/06
ハートは放出へ

イタリア・トリノにレンタル中のハート
15億円で移籍をさせる流れに

プレミアのクラブ移籍は基本認めない
しかし本当に今のGK陣でいいのか

トリノへレンタル中のGKハート、マンCがシーズン終了後に放出か
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

マンチェスター・Cがイングランド代表GKジョー・ハートの放出を決めたと、イギリス紙『サン』が5日付で報じている。
今シーズンに同クラブの指揮官に就任したジョゼップ・グアルディオラ監督の構想外となり、トリノへ期限付き移籍で加わっている同選手。同紙によれば、マンチェスター・Cは今シーズン終了後にイングランド国外のクラブであれば1000万ポンド(約15億円)で売却するつもりのようだ。一方で国内のクラブの場合、グアルディオラ監督は2000万ポンド(約29億円)以上の移籍金を要求するとしている。
マンチェスター・Cのゴールを長らく守ってきたハートだが、同クラブのユニフォームに袖を通すことはもうないのだろうか。

マンC、ハート放出を決断か。条件は英国外?
フットボールチャンネル

英紙『ザ・サン』によると、マンチェスター・シティはGKジョー・ハートを手放すつもりのようだ。
今年夏にバルセロナからGKクラウディオ・ブラーボを獲得したシティは、2006年からクラブに所属していたハートをトリノにレンタルした。
今シーズンからシティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、GKに足もとの技術や守備範囲の広さを求めており、ハートはこのタイプではない。そのため、シティは完全移籍で手放す準備があるという。
そこで、シティはハートの移籍金を1000万ポンド(約14億5000万円)に設定したようだ。ただし、イングランド国内のライバルとは取引をしないつもりだという。
トリノはハートをレギュラーで起用しており、完全移籍での獲得を検討するものと思われる。イングランド代表GKは、プレミアリーグに戻らないのだろうか。

update: 2016年12月6日11:24 pm