コンパニーの怪我が多すぎて守備陣の補強を考える | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2016/11/27
コンパニーの怪我が多すぎて守備陣の補強を考える

復帰しては怪我してしまうコンパニー
これだけ怪我が多いと計算できずいろいろ補強を考える
外から獲ってくるだけではなく
ヤヤ・トゥーレをCBにする案やマンガラ復帰案なども

負傷回数37回、合計878日間の離脱…… マンC主将の負傷記録がとんでもないことになっていた
TheWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

やっと復帰を果たしたと思ったら、どこかにアクシデントを抱えてピッチ上に座り込む。マンチェスター・シティDFヴァンサン・コンパニは悪いサイクルに入ってしまっている。19日のクリスタル・パレス戦ではGKクラウディオ・ブラーボと衝突し、脳震とうの疑いで前半37分に交代。しかしこの試合で膝を痛めていたようで、数週間離脱することになってしまった。
コンパニの負傷がなかなか止まらないが、英『sky SPORTS』はコンパニが合計2年半近く負傷が原因で離脱していると紹介した。コンパニは2008年にマンCに加入し、チームのリーグ制覇などに大きく貢献してきた。しかし近年は負傷も多く、ここまで37回も負傷離脱している。日数にすると878日間も離脱していることになり、2年以上をピッチとは別の場所で過ごしていたと考えると恐ろしい。
現在のジョゼップ・グアルディオラが率いるマンCではジョン・ストーンズのようなパスもできるDFが好まれる傾向にあり、コンパニのような選手は理想的なモデルではないだろう。しかし万全な状態のコンパニはチームで最も頼りになるDFであり、プレミアリーグで戦うために必要な高さやパワー、1対1の強さを高次元で備えている。だからこそ負傷が多いのは残念だが、いったいいつコンパニはベストコンディションでシーズンを戦えるようになるのか。

主将コンパニー、マンC加入以降35カ所目のケガ 最長6週間の離脱へ
(ISM)

マンチェスターC(イングランド)は現地時間25日(以下現地時間)、主将のベルギー代表DFヴィンセント・コンパニーが故障で最長6週間の離脱となることを発表した。ケガの絶えない同選手は、今季ここまで公式戦わずか5試合の出場にとどまっている。
コンパニーは、19日のプレミアリーグ・クリスタルパレス戦でひざのじん帯を負傷し途中交代。ペップ・グアルディオラ監督は、同選手をバルセロナの専門医のもとへ送り、クラブドクターの診断が正しいことを確認したという。コンパニーは4週間から6週間の離脱となる見込み。
ふくらはぎとそ径部のケガで昨季の大半を棒に振ったコンパニーは、今季も小さなケガが絶えず、これが2008年にマンCに加入して以降35カ所目。約2年半ケガで離脱している計算となる。(STATS-AP)

ペップの要求満たせるDFいた! オタメンディ、コンパニより上手い“万能戦士“のセンターバック起用を
TheWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

相変わらず負傷の絶えないヴァンサン・コンパニ、指揮官ジョゼップ・グアルディオラが求めるような足下の技術を持っていないニコラス・オタメンディなど、マンチェスター・シティのセンターバックは決して万全ではない。今冬にも新たなセンターバックが欲しいところだが、英『Daily Mirror』はMFヤヤ・トゥレのセンターバック起用を勧めている。
ヤヤ・トゥレはトップ下やボランチなど中盤の複数ポジションをこなす選手で、先日のクリスタル・パレス戦では得点を決めるなど攻撃力も非常に高い器用な選手だ。パスを繋ぐのも上手く、グアルディオラが求める技術を持っている。加えて高さ、パワーもあり、フェルナンジーニョやフェルナンドをセンターバックに回すよりはヤヤ・トゥレの方が合っているかもしれない。
グアルディオラも以前バルセロナで指揮を執っていた際に、チャンピオンズリーグの決勝マンチェスター・ユナイテッド戦でヤヤ・トゥレをセンターバックで起用している。チームも2-0で勝利しており、マンCでもセンターバックで起用してみるのも手だ。
ヤヤ・トゥレは代理人とグアルディオラ間の問題で出場機会が全くなかったが、先日のクリスタル・パレス戦ではさっそく結果を出してみせた。グアルディオラも戦力として計算しているはずだが、中盤にはイルカイ・ギュンドアンやフェルナンジーニョなど優秀な選手が揃っている。ヤヤ・トゥレを中盤に入れる場合は誰かがベンチに下がることになり、少々もったいない気もする。
そんな問題を解決するのがヤヤ・トゥレのセンターバック起用だが、グアルディオラはヤヤ・トゥレを今後どう使っていくつもりなのか。マンCにとっては非常に心強い存在だ。

マンガラ、1月にマンC復帰の可能性も…コンパニの負傷離脱が要因か
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

バレンシアでプレーするフランス代表DFエリアカン・マンガラが、冬の移籍市場でマンチェスター・Cへ復帰する可能性が浮上した。イタリアメディア『calciomercato.com』など複数メディアが報じている。
ジョゼップ・グアルディオラ監督の構想に入らず、今夏の移籍市場でバレンシアへの1年間のレンタル移籍が決定したマンガラ。同クラブがリーガ・エスパニョーラ暫定16位に沈む中、マンガラは9試合でプレーしている。
同メディアによると、マンチェスター・Cはマンガラのレンタル期間を短縮し、冬にチームへ復帰させることを画策している模様。25日にグアルディオラ監督が「4週間から6週間」戦列を離れることを明言されたベルギー代表DFヴァンサン・コンパニの状態が要因となっているようだ。
現在マンチェスター・Cではアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディとイングランド代表DFジョン・ストーンズが主にセンターバックを務めている。しかしチャンピオンズリーグ決勝トーナメントなどを控えるシーズン後半戦に向けて、十分な戦力を整えておきたい同クラブは、マンガラを復帰させることで選手層を厚くしたいようだ。今後の展開に注目が集まる。

マンC、負傷離脱した主将の後釜にセインツのオランダ代表DF?
フットボールチャンネル

マンチェスター・シティが、サウサンプトンのDFフィルジル・ファン・ダイクを狙っているようだ。英紙『デイリー・スター』が伝えた。
シティは最近、DFヴァンサン・コンパニが負傷した。離脱期間は6週間ほどと伝えられている。
そこで、シティはファン・ダイクの獲得に本腰を入れることにしたようだ。
オランダ代表のファン・ダイクに対しては、リバプールやマンチェスター・ユナイテッドも強い関心を示しているものと思われる。それでも、シティは3000万ポンド(約42億円)を用意して獲得を狙うようだ。
ファン・ダイクは昨年夏、サウサンプトンがセルティックから1300万ポンド(約18億円)の移籍金で獲得した25歳のDF。ビッグクラブへ飛躍する日は近いのだろうか。

ペップがサウサンプトンDFの獲得を熱望 負傷の多いコンパニーの後継者として白羽の矢
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、故障を繰り返しているベルギー代表DFヴァンサン・コンパニーに代わる守備の要として、日本代表DF吉田麻也の同僚であるサウサンプトンのオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクの獲得を希望しているという。英紙「デイリー・スター」が報じた。
コンパニーは2008年にシティ加入後、リーグ制覇などに大きく貢献してきた。ハードマークと強烈なタックルを身上とするタイプだが、その代償と言えるのか負傷が非常に多い。加入から今季で9年目を迎えるなか、コンパニーが負傷離脱した回数は計37回、その通算離脱日数は878日間に達したという。今季も出場はわずか3試合となっている。
DFリーダーにしてキャプテンも務めるコンパニーだが、故障の多さに加えて今年30歳を迎えた。“ガラスの肉体”を抱えるセンターバックの後継者探しは、シティにとって深刻な問題となっている。
そこでペップが求めているのが、サウサンプトンでは不動の地位を築くファン・ダイクだ。昨夏にスコットランドの名門セルティックから加入するやいなや、日本代表の吉田を控えに追いやってレギュラーを獲得した。
マンUやリバプールも獲得に関心か
十分に伸びしろを残す25歳は193センチの長身で、圧倒的な空中戦の強さだけでなく足下の技術にも優れている。セルティック時代から直接FKのキッカーも務めていたうえに、自陣からゴール前まで一人でドリブルで持ち込みゴールを決めたこともある。
今やマンチェスター・ユナイテッドやリバプールからの関心も取り沙汰され、獲得には3000万ポンド(約42億円)が必要と見られている。記事では「ペップ・グアルディオラがフィルジル・ファン・ダイクをマンチェスター・シティへ連れてきたがっている」と、指揮官熱望のターゲットだと伝えられている。

ユーヴェやアーセナル、マンCらが熱視線…アタランタの22歳DF争奪戦が勃発か
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

アタランタに所属するU-21イタリア代表DFマッティア・カルダラが、セリエAとプレミアリーグの強豪クラブから熱視線を浴びているようだ。イタリアメディア『tuttomercatoweb.com』が24日に伝えている。
カルダラについては、ユヴェントスとインテルが関心を寄せているほか、アーセナルやチェルシー、マンチェスター・U、マンチェスター・Cといったプレミアリーグのビッグクラブも興味を抱いているという。
22歳のカルダラはアタランタ下部組織の出身。トラーパニやチェゼーナへのレンタル移籍を経て今夏に古巣に復帰した。今シーズンはセリエA第13節終了時点で7試合に出場し、センターバックながら3ゴールを挙げて高い得点能力を示している。5位に躍進するアタランタで存在感を十分に発揮している。

update: 2016年11月27日11:46 pm