ナスリ、厳しすぎるグアルディオラに耐えきれず | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2016/11/16
ナスリ、厳しすぎるグアルディオラに耐えきれず

セックスをするなら午前0時前
3G回線の使用を禁止
朝食と昼食をチーム全員で取る
グアルディオラはこれを求める
ナスリもさすがに驚き
Jリーグが出来た頃ジーコがジャンクフード、ファーストードを食べるな
みたいに言っていたがそれどころじゃない

ペップ、深夜のセックスを禁止 ナスリが明かす「休みの前の日でもだよ」
(ISM)

ナスリはフランスのTV番組「L’Equipe du Soir」で、グアルディオラ監督は「選手にスリムで、コンディションを保つことを望む」指揮官だったと語り、そのうえで「食事に関しても色々と禁止されたけど、最大の秘話といえば、オフの前日に(セックスを)したければ0時前にしろと言っていたことだね。休みの前の日でもだよ。選手たちがしっかりと睡眠を取ることを望んでいるんだ」と明かした。また、ナスリは「彼は同じことを(FWリオネル・)メッシにも言ったと話していた。それ以降、メッシが筋肉の負傷をしていないともね」とコメント。グアルディオラ監督がバルサ時代にも同様の指示を出し、それがメッシらのコンディション維持につながったと話していたと語っている。
ナスリは今夏、グアルディオラ監督を迎えたマンCで1試合の出場にとどまり、移籍市場最終日にセビージャへのレンタル移籍が決定。バカンス明けには、指揮官から体重超過を指摘され、プレシーズン中にトップチームの練習への参加を禁じられたこともあった。「グアルディオラ監督からは何度か、メチャクチャだと言われた。そして文字通り、蹴り飛ばされた」と振り返っている。

「午前0時まで」 ナスリ、グアルディオラ監督による“夜の生活指導”を告白
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

シーズン開幕後の8月31日にセビージャへとローン移籍したナスリは、マンチェスター・Cを去ったのはグアルディオラ監督との軋轢が原因とも言われている。だが、母国のスポーツ番組『L’equipe du soir』とのインタビューでは、その噂を否定すべく指揮官に賛辞を送った。
「今シーズンの僕は、マンチェスター・Cにセビージャと2人の監督から指導を受けるという幸運に恵まれている。プレシーズンを一緒に過ごしたグアルディオラ監督には、様々な事に気付かせてもらった。僕達は当初は何度も議論を交わしたし、個人的には色々と疑問もあった。しかし、最終的には彼が最高レベルの指揮官であることが分かった。彼は僕がシティでプレーを続けることを望んでいたが、自分としては毎試合出場したかった。それゆえ『スタメンを保証してくれないのであれば、移籍させて欲しい』と言ったんだ」
グアルディオラ監督からは、体重オーバーを理由に当初は練習への参加を禁じられ、その後もなかなか試合で起用して貰えなかったナスリは、事の真相を次のように説明している。
「プレシーズンに入ってチームに合流すると、グアルディオラ監督から『君の体重は76キロでなければならない』と言われた。僕はマルセイユ時代から体重を量る習慣がなかったので把握していなかったが、実際には4キロオーバーの80キロあった。彼のもとでは、わずか2.5キロオーバーであっても全体練習に参加させて貰えない。それゆえ、チームから離れて個別に調整を重ねていた。プレミアリーグでは筋肉の量を増やすプログラムをこなすのが常とされているが、彼はシャープでスタミナがある選手を好むようだ」
ナスリは一方、これまでバルセロナおよびバイエルンを率いたグアルディオラ監督が、両チームのエースであるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキにも授けたという“夜の生活指導”を受けたことを告白した。
「グアルディオラ監督は選手にとてつもなく多くの食事制限を課すが、本当に凄い逸話はそんな程度のものではない。ある休みの日、彼は僕達にこう言ったんだ。『もし誰かと性的関係を持ちたければ、午前0時までに済ませなければならない。たとえ次の日が休みであったとしてもだ。なぜなら、選手には良質な睡眠を取る必要があるからだ。これはメッシに対しても行ったことで、それからの彼は筋肉系の負傷をしなくなった。また、レヴァンドフスキも、罰則としてベンチスタートにして以降、理解してくれるようになった』とね」

「午前0時以降のセックスは禁止だった」とペップのあまりにも厳しい規律を語るナスリ
(Goal)

フランス『L’equipe du soir』のインタビューに答えたナスリは、今夏シティの指揮官に就任したグアルディオラ監督について「夏に僕のベストの体重は76キロだと言われた。グアルディオラはキレのある選手を求めていたんだ。僕は(長期休暇を終えて)4キロの体重超過だった。グアルディオラの下では、2,5キロ以上体重超過していたら、チームの練習に参加させてもらえない」と話している。
だがナスリを驚かせたのは、栄養面の管理だけではなさそうだ。
「グアルディオラはクラブの調理場から多くのものを排除した。でも、彼にまつわるエピソードにはもっとすごい話がある。1日休養を与えられた前日に、セックスをするなら午前0時前にしなければならないと選手たちに言ったんだ。良い睡眠が確保できないからという理由でね」
「彼は(リオネル・)メッシや(ロベルト・)レヴァンドフスキにも同じような規律を求めたと言っていたよ。メッシはそれから筋肉系の負傷が減り、レヴァンドフスキはベンチスタートにされたことで、少しずつ理解していったようだ」

清武の同僚ナスリ、ペップから「深夜の情事」を禁止されていたと告白
(SOCCER DIGEST Web)

清武弘嗣も所属するセビージャの元フランス代表MFのサミア・ナスリが、古巣マンチェスター・シティの指揮官、ジョゼップ・グアルディオラとのエピソードを明かした。仏紙『レキップ』が伝えている。今夏にマンチェスター・Cからレンタルでセビージャへと移籍してきたナスリは、レキップの取材に対し、「ペップからは遊ぶのは真夜中になる前までだと言われたよ。たとえ次の日が休みだったとしてもね」とスペイン人指揮官から “深夜の情事”を禁止されていたことを明かした。ナスリは、グアルディオラが真夜中にセックスをすることを禁じた理由について、次のように語っている。
「彼は『きちんとした睡眠を取るべきなんだ。これが(リオネル・)メッシや(ロベルト・)レバンドフスキを大ケガから避けさせて、最大限の能力を引き出せた方法でもある』って僕に説明してくれたよ」
しかし、ナスリは全てを管理しようとするグアルディオラに嫌気がさしていたようで、「グアルディオラはトレーニングの初日に僕がどうプレーすべきか、どうやって身体を絞るべきかを指摘した。そして翌日にはフィットネスメニューが詰まったビデオを持ってきたんだ。彼は『君をいじめるつもりはない。ただ、君が再生するために全力を尽くす』と言ってくれたけど、彼は口うるさい人だよ」と語った。
グアルディオラは、ナスリに科した禁止事項のほか、マンチェスター・Cでは、3G回線の使用を禁じ、朝食と昼食をチーム全員で取ることを義務付けており、パブロ・サバレタが「ほとんど監禁されている状況だ」と漏らすほどの徹底した管理体制を行なっていることが話題となっている。ナスリはマンチェスター・Cを去る際に「愛と多くのプレー時間をくれる家族的なクラブを欲していた」と語っていただけに、完璧主義者のグアルディオラの指導スタイルは水に合わなかったのかもしれない。

update: 2016年11月16日11:43 pm