マンガラ、ダメ評価に反論 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2016/09/09
マンガラ、ダメ評価に反論

スペインに出されたマンガラ
いい補強をし評価も低く出されてもしょうがなかったマンガラだが
俺は悪くない、チームがだめだった、と
マンガラ、44億円の働きはしなかったよ

オレは使えないCBじゃない! レンタルに出されたマンCDF憤慨「僕が出場している時の方が勝ってた」
TheWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

マンチェスター・シティ加入以降決して安定していたとは言えないDFエリアキム・マンガラは、新指揮官ジョゼップ・グアルディオラの構想に入れず、今夏バレンシアへとレンタル移籍した。
マンガラは不要な選手と考えられていたため、放出されるのは妥当な判断だと言えるだろう。しかし、マンガラ本人は不要な選手と判断されたことに納得していない。
スペイン『MARCA』によると、マンガラは自身が出場していた時の方が勝率は良かったと主張し、使えないセンターバックとの見方には納得していないことをアピールしている。
「チームは上手く機能していなかった。だけど、スタッツでは僕が出場していない時より、出場している時の方が多く勝っているんだ。唯一欠けていたのはタイトルさ。だけど僕はチャンピオンズリーグの準決勝まで進出したんだ」
マンガラはヴァンサン・コンパニの相棒として期待されたが、残念ながらサポーターを満足させるレベルのパフォーマンスではなかった。確かにチャンピオンズリーグでは昨季準決勝まで進んだものの、マンCのプレイが抜群に良かったわけでもない。何かと不安定だったマンガラは、やはり放出されて当然の存在だったと言えるだろう。

update: 2016年9月9日7:07 pm