ジョン・ストーンズを狙う | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2016/08/01
ジョン・ストーンズを狙う

エバートンのイングランド代表ジョン・ストーンズ22歳
移籍金は69億円でシティの考えている額とは10億円差がある

DF移籍金最高額が更新か。“ペップ”マンC、69億円で超人気銘柄を一本釣り!
フットボールチャンネル

マンチェスター・シティは、エバートンに所属するイングランド代表DFジョン・ストーンズをDF史上最高額で獲得するつもりのようだ。28日付の英放送局『BBC』が報じている。
ジョゼップ・グアルディオラ監督は、ユベントスに所属するイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチがお気に入りだ。そのために移籍金6000万ユーロ(約69億円)と年棒800万ユーロ(約9億円)での5年契約という巨大オファーを提示して今夏に獲得を試みていたが、ユベントスは同選手が非売品であることを主張したために獲得を諦めた。
そこでグアルディオラ監督が白羽の矢を立てたのが、先月行われたEURO2016に挑むメンバーにも選出された現在22歳のストーンズのようだ。長い交渉の末にクラブ間合意に至り、現在詳細を詰めている段階とみられている。
ストーンズは、シティへ5000万ポンド(約69億円)で移籍するとみられている。その金額はDFダビド・ルイスが2014年にチェルシーからパリ・サンジェルマンへ移籍した際に支払われた4000万ポンド(約55億円)を上回る、DFとして史上最高額だ。
以前には、イングランド人選手を中心にチーム作りを行いつつも、ホームグロウン制に伴う国産選手の価格高騰に不満を漏らしていたグアルディオラ監督。未だにその人数は少ないが、ストーンズがそのプロジェクトの中心に置かれるのは間違いなさそうだ。

英代表DFストーンズ、マンC移籍が近づく…エヴァートンは後釜模索
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

エヴァートンに所属するイングランド代表DFジョン・ストーンズが、マンチェスター・Cへの移籍に近づいている。23日付のイギリス紙『デイリーメール』が報じた。
チェルシーやバルセロナなど多くのビッグクラブが関心を示していたストーンズ。昨夏の移籍市場ではエヴァートンへ残留することとなったが、今夏にクラブを離れる可能性が高まっている。
同紙によると、マンチェスター・Cがエヴァートンに対して5000万ポンド(約69億2000万円)のオファーを準備。すでにエヴァートン側に移籍の意思を伝えたと報じられているストーンズ自身も、マンチェスター・Cの指揮官に就任したジョゼップ・グアルディオラ監督の下でのプレーを希望しているという。
ストーンズに新契約を提示したエヴァートンだったが、同選手の引き留めは困難な状況となった。すでに後釜探しに奔走しており、ナポリに所属するセネガル代表DFカリドゥ・クリバリや、ポルトに所属するオランダ代表DFブルーノ・マルティンス・インディらと交渉を開始しているという。
ストーンズは現在22歳のセンターバック。バーンズリーの下部組織出身で、2011年にトップチーム昇格を果たす。エヴァートンへは2013年冬に移籍し、これまでに公式戦通算95試合に出場してきた。また、2014年5月30日の国際親善試合ペルー代表戦でイングランド代表デビューを果たした同選手は、これまでに代表Aマッチで10試合に出場している。先日開催されたユーロ2016でのプレー機会は無かった。

シティ、ストーンズ獲得にラストオファーか エヴァートンとは10億円以上の開き?
(Goal)から

マンチェスター・シティはエヴァートンDFジョン・ストーンズの獲得に、5000万ポンド(約67億5000万円)を支払わない考えという。『ESPN』が報じた。
シティのジョゼップ・グアルディオラ監督はセンターバックの獲得を望んでおり、先日もストーンズへの関心を認めている。昨夏、チェルシーへの移籍が実現しなかったストーンズ本人も、今夏はシティへの移籍を望んでいるとされる。
だが、エヴァートンはストーンズを5000万ポンドと評価。これに対し、シティは約4000万ポンド(約54億円)をオファーしており、『ESPN』によると、これが受け入れられなければ断念する考えという。
シャルケMFレロイ・サネやパルメイラスFWガブリエウ・ジェズスの獲得も注目されるシティは、指揮官が望むセンターバックを手に入れることができるだろうか。

update: 2016年8月1日11:34 pm