ドイツ代表サネ獲得はそろそろ? | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2016/07/21
ドイツ代表サネ獲得はそろそろ?

ずっと狙っているドイツ代表でシャルケのサネ20歳
シャルケSDももうしょうがないというようなコメント
いよいよ獲得なるか

ブンデスが誇るヤングスターはドイツ人最高価格でペップ・シティへ 20歳にしてエジル超え
TheWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

シャルケに所属するドイツ代表MFレロイ・サネのマンチェスター・シティ行きが濃厚となった。かねてより、今夏移籍の噂が取りざたされていたサネ。バルセロナ、バイエルンといったビッグクラブも獲得に興味を示していたが、このレースはマンチェスター・シティが制することになると独『Bild』は伝えている。同紙によると契約は2020年までの4年契約で、年俸は600万ユーロになるようだ。すでにシャルケのクリスティアン・ハイデルSDも独『sky SPORTS』で「レロイは明らかに移籍したがっている。我々は受け入れなければならない」と放出を認めている。注目の移籍金は5000万ユーロとなる見込みで、それはシャルケの要求額である3700万ユーロをはるかに上回る額だ。また、2013年にドイツ人歴代最高の移籍金を生み出したメスト・エジルの4700万ユーロを上回ることにもなり、報道通り移籍が実現すればサネはドイツ人史上歴代最高額でのビッグディールとなる。

マンC移籍報道のザネ、新天地は…父親「レアルとバイエルンにもチャンス」
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

DF内田篤人のシャルケに所属するドイツ代表MFレロイ・ザネの父親が、同選手の去就についてコメントした。イギリスメディア『スカイスポーツ』が19日に報じている。ザネは今夏の移籍市場で複数クラブからの関心を報じられていた。13日付のイギリス紙『デイリーメール』によれば、マンチェスター・C移籍に向けて個人合意に達した模様だ。同クラブはシャルケが求める金額を上回る移籍金5500万ユーロ(約63億9000万円)を提示している模様で、マンチェスター・U移籍が決定的と見られていた。しかし今回の報道によると、ザネの新天地はマンチェスター・Cで決まったわけではないようだ。同選手の父親であるスレイマン氏が「交渉はどの相手とも成立していない。レアル・マドリードとバイエルンにも、まだ(契約をする)チャンスがある」とコメント。ザネがレアル・マドリードやバイエルンからも関心を持たれていることを明かしたうえで、新天地はまだ決まっていないと述べている。ザネは1996年生まれの20歳。シャルケの下部組織出身で、2014年にトップチームでデビューを果たした。2015-16シーズンはブンデスリーガでは33試合出場8ゴールを記録。昨年11月の国際親善試合フランス代表戦でドイツ代表デビューを果たした。ユーロ2016のメンバーにも名を連ね、1試合に出場した。

サネのマンチェスター・シティ行きが前進中か シャルケSD、イングランドからの接触を認める
(Goal)から

シャルケMFレロイ・サネが、マンチェスター・シティ移籍に近づいている。シャルケのクリスティアン・ハイデルSD(スポーツディレクター)が、イングランドから関心があることを認めた。
ドイツメディアは先日、20歳のサネがシティと合意に達した模様だと伝えていた。あとはクラブ間の交渉だと報じられていたが、ハイデルSDは以下のように語っている。『WAZ』や『キッカー』が伝えた。
「サネの代理人が、選手がこの夏の移籍を望んでいることを伝えてきた。我々は、それを受け止めなければいけない。シャルケが満足できる条件であれば、我々は応じるつもりだ」
ハイデルSDは、交渉相手のクラブを明かしていないが、「イングランドから」であることは認めている。シティが相手である可能性は高いだろう。

“ペップ”マンC、早くも大物獲得3人目? 59億円で20歳ドイツ新星を確保か
フットボールチャンネル

マンチェスター・シティがシャルケの新星ドイツ代表MFレロイ・ザネの獲得に近づいているようだ。ドイツ紙『ビルド』が報じている。
ザネは現在20歳のウィンガーであり、シャルケユースから2014年にトップチームへ上がった。ドイツ年代別代表にも選出されており、フル代表でも出場経験がある。今季からマンチェスター・シティの指揮をとるジョセップ・グァルディオラ監督はバイエルン・ミュンヘンの監督を務めていたこともあり、同選手の才能を高く評価し獲得を望んでいるという。
ザネの移籍金は5000万ユーロ(約59億円)とみられており、選手とクラブは5年契約を結ぶとみられている。今夏既にイルカイ・ギュンドアンとノリートと大物を2選手獲得しているシティにとって、早くも3人目の大物選手獲得となりそうだ。

ザネに加えてストーンズも…マンC、有望株2人の獲得へ130億円超用意
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

マンチェスター・Cが、エヴァートンに所属するイングランド代表DFジョン・ストーンズの獲得へ本腰を入れているようだ。イギリス紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が15日に報じている。
報道によると、センターバックの補強を目指すマンチェスター・Cがストーンズの獲得に本腰を入れている。同選手はすでにエヴァートン側に移籍の意思を伝えている模様で、今後は移籍金をめぐる交渉が行われるようだ。エヴァートンは4500万ポンド(約62億3000万円)以上の移籍金を要求する見込みで、5000万ポンド(約69億2000万円)を上回る可能性もあるという。
また、マンチェスター・Cはシャルケに所属するドイツ代表MFレロイ・ザネの獲得にも迫っている。同紙によれば、同選手の移籍金は4500万ポンド以上と見込まれている。なお、13日付のイギリス紙『デイリーメール』は、ザネ自身が移籍の意思を示し、すでにマンチェスター・C移籍で個人合意に達していると伝えた。
報道どおりの移籍金額で取引が実現した場合、22歳のストーンズと20歳のザネ、若手有望株2選手の獲得へマンチェスター・Cが費やす金額はおよそ1億ポンド(約138億円)となる。ジョゼップ・グアルディオラ新監督の下、巨額の移籍金を投じて大型補強を実現する夏になりそうだ。

内田所属のシャルケ、FWザネのマンC移籍に備える…後釜はタディッチか
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

DF内田篤人が所属するシャルケが、ドイツ代表MFレロイ・ザネの退団に備えていることが明らかになった。イギリス紙『デイリースター』が16日に伝えている。
現在20歳のザネは、かねてよりマンチェスター・Cからの関心が伝えられていた。13日付のイギリス紙『デイリーメール』は、ザネとマンチェスター・Cがすでに移籍で個人合意に達していると伝え、契約期間が4年となることなど具体的な契約内容も報じられている。しかし一方、シャルケ側との移籍金交渉が難航し、移籍完了にはいまだ至っていない。
そんな中、同紙はシャルケがザネの後釜を模索していると伝え、その筆頭候補に吉田麻也が所属するサウサンプトンのセルビア代表MFドゥシャン・タディッチを挙げた。シャルケはザネが4000万ユーロ(約46億円)でマンチェスター・Cへ移籍した際に、タディッチ獲得へ動くという。

update: 2016年7月21日3:44 am