グアルディオラ、さっそくコンバート | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2016/07/21
グアルディオラ、さっそくコンバート

グアルディオラがさっそくコンバートをためす
右サイドバックだったラームをボランチに使って
驚かせたがシティでも何かやるはずと思ったら
早速フェルナンドとデルフをDFにしたらしい

マンCのMF2選手がペップの指示でDFに!? グアルディオラ改革はポジション変更からスタート
TheWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

グアルディオラといえば、バルセロナでハビエル・マスチェラーノを中盤からセンターバックへコンバートしたり、バイエルンではフィリップ・ラームをサイドバックから中盤に移すなど本職にとらわれないやり方でチームを作ってきた。結果的にそれが選手の隠れた特性を引き出すことに繋がってきたわけだが、マンCでもさっそくポジション変更をテストし始めている。英『Daily Mirror』によると、グアルディオラは今週火曜日のトレーニングでMFのファビアン・デルフとフェルナンドの2人をDFの位置でテストしたという。グアルディオラが中盤の選手を最終ラインにコンバートするやり方はこれまでにも見られた形で、バイエルンでもダビド・アラバなどがセンターバックでプレイしてきた。グアルディオラは最終ラインの選手にもボールを繋ぐ能力を求めており、それに合った選手を市場で探すよりは中盤の選手をコンバートした方が楽なのかもしれない。サイズが大きくてパワーのあるフェルナンドはともかく、中盤で走り回るタイプのデルフをセンターバックで起用すればサプライズとなるだろう。グアルディオラはすでに練習にロンドを取り入れるなど改革に動いており、プロジェクトは着々と進んでいるようだ。

update: 2016年7月21日2:41 am