インテル、ヤヤ・トゥーレ獲得を諦める | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2016/07/16
インテル、ヤヤ・トゥーレ獲得を諦める

マンチーニのインテルが獲得すると思っていた
ヤヤ・トゥーレだがマンチーニは諦めた
あれだけいろいろ言ったが残留か

インテル、Y・トゥーレ獲得を断念…指揮官が明言「望みはない」
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

日本代表DF長友佑都のインテルを率いるロベルト・マンチーニ監督が、マンチェスター・Cに所属するコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレの獲得を断念したことを明かした。イタリア紙『トゥットスポルト』が14日に報じている。インテルは今夏の移籍市場で、トゥーレの獲得を目指していると報じられていた。2日付のイタリア紙『トゥットスポルト』によれば、インテルは同選手に対して、現状の年俸額1100万ユーロ(約13億円)に近い条件での2年契約を提示する見通しだった。ただ、トゥーレ自身はマンチェスター・C残留を望んでいるとも伝えられていた。現在、イタリア北部のリスコーネでトレーニングキャンプを実施しているインテル。マンチーニ監督は、マンチェスター・Cで指導したトゥーレについて「彼はまだ世界屈指のMFの1人だ。彼を獲得する希望が断たれたか?もはや、望みはないよ」と話し、獲得の可能性がないことを明かした。

update: 2016年7月16日11:33 pm