イングランド代表でマンチーニ劇場か | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2016/07/10
イングランド代表でマンチーニ劇場か

イングランド代表監督としてマンチーニが浮上
しかし元シティのギブンはマンチーニだけはやめておけと強烈に反対
マンチーニ劇場、倉庫係から理学療法士までと出演者多いなあ

マンチーニ監督がイングランド次期監督有力候補に浮上
ゲキサカ[講談社]

イングランドの次期監督候補に、インテルを率いるロベルト・マンチーニ氏が浮上している。最有力とみられていたU-21イングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督が断りをいれたことから、有力候補に浮上。『スカイ』や『ガーディアン』など複数メディアが伝えている。
マンチーニ監督自身も就任に前向きだとする報道もある。マンチェスター・シティを率いてプレミアリーグを制した実績を持つ同監督は、今でも手腕を高く評価する声は多く、本人もイングランドへの再チャレンジの機会を伺っているようだとしている。

マンチーニが次期イングランド代表監督に名乗り? FAは外国人含め模索
フットボールチャンネル

アイスランド代表に敗れてEUROを去ったイングランド代表。チームを率いていたロイ・ホジソン監督はすでに辞意を表明し、新たな指揮官探しが始まっている。そんな中、新監督候補に意外な名前が浮上した。英紙『ガーディアン』など複数メディアが報じている。
同紙によれば現在インテルを率いるロベルト・マンチーニ監督がイングランド代表の職に興味を示しているという。マンチェスター・シティでタイトルを獲得するなど英国のサッカーを熟知するイタリア人指揮官だ。
マンチーニ監督とインテルの契約は残り1年となっているうえ、中国企業によるクラブ買収で両者の関係は微妙になっているようだ。
一方、イングランドサッカー協会(FA)は外国人も候補に含めながらホジソン前監督の後任探しを始めている。自国からはガリー・リネカー氏やリオ・ファーディナンド氏、アメリカで現役を続けているフランク・ランパード、サンダーランドを率いるサム・アラーダイス監督の名前が次期監督候補に挙がっている。

マンチーニだけはやめておけ イングランド代表監督就任説にまさかの教え子が反対「ふさわしくない」
TheWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

先日、インテルを率いるロベルト・マンチーニにイングランド代表監督就任の話題が浮上した。ロイ・ホジソンの後任を探すイングランドサッカー協会(FA)は優秀な人物であれば外国人指揮官に任せる考えもあるとしており、プレミアリーグでマンチェスター・シティをリーグ制覇に導いたマンチーニも高く評価されている指揮官の1人だと言われている。
しかし、マンチーニの代表監督就任に待ったをかける選手が登場した。それはかつてマンCでマンチーニの指導を受けたアイルランド人GKシェイ・ギブンだ。英『TalkSport』によると、ギブンはマンチーニが気の変わりやすいタイプの人間で、周囲の人間とトラブルになることも珍しくないとコメントし、マンチーニだけはやめておけと反対意見を唱えている。
「僕はイングランド人指揮官に任せるべきだと思うし、マンチーニは非常にムラっ気のある人物だ。彼はマンCであらゆる人と言い争いをしていたよ。選手、スタッフともね。イングランド代表でもそうなるだろう。僕は彼がイングランド代表監督にふさわしい人物とは思わない。僕が決断を下すわけじゃないけどね。イングランドサッカー協会は外国にも目を向けているのかもしれないけど、マンチーニはやめておくべきだね」
ギブンはマンチーニの下でジョー・ハートのバックアッパーの位置付けで、まさかの元教え子から反対の意見が出る結果となった。マンチーニの代表監督就任はまだまだ可能性の段階だが、ギブンの言葉通りトラブルの多い人間ならば招聘は考え直すべきかもしれない。

イングランド次期監督問題、元マンC守護神はマンチーニ氏に猛反対!
フットボールチャンネル

EUROで失意の敗退に終わったイングランド代表だが、次期代表監督を巡って様々な議論が展開されているようだ。8日に英ラジオ局『トークスポーツ』が伝えている。
かつてマンチェスター・シティに在籍していたストーク・シティに所属するアイルランド代表GKシェイ・ギヴンは、次期イングランド代表監督にインテルを率いるロベルト・マンチーニ監督を招聘することに猛反対している。
イングランド代表を率いたロイ・ホジソン監督が辞意を表明したことで、現在イングランドサッカー協会は後任監督を探しているところだ。様々な候補者の名前が上がる中で、かつてマンチェスター・シティを率いてリーグ制覇をしたマンチーニ監督の名前が浮上している。
一方ギヴンは2009年から2年間シティに在籍。その当時の指揮官がマンチーニ監督だったが、今でも同監督に対する悪いイメージが記憶に残っているようだ。
ギヴンは「僕としては次期イングランド代表監督はイギリス人がいいね。マンチーニ監督はシティであまりにも機嫌が悪すぎたんだ。選手からスタッフまで、そして倉庫係から理学療法士まで彼は誰とでも口論していたよ。だからイングランドでは誰とでも口論しそうだね」と当時を振り返っている。
そして「僕からすればマンチーニは代表監督には相応しくないと思うけれど、それは僕が決めることではないね。ただイギリス人が次期代表監督になるべきだと思っているだけだ」と付け加えた。誰が現在適任かと尋ねられると「おそらく外国へ探しに行くべきだね。だけどマンチーニ監督はお勧めしない。僕は反対だ」と同監督の招聘に強く反対している。

update: 2016年7月10日12:17 am