クロースとスアレス200億円獲得を狙う | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2016/07/05
クロースとスアレス200億円獲得を狙う

ギュンドアンなど着々と獲得しているが
これまでは準備運動みたいなもので
レアルからトニ・クロース、バルサからスアレスを獲得を狙う

マンCに大型補強の噂が浮上! スアレスとクロース“ダブル獲り“へ、総額200億円を準備か
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

“赤い悪魔“の大型補強に触発されたのだろうか。マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ新監督が、バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスとレアル・マドリードのドイツ代表FWトニ・クロースの獲得に乗り出したと、英地元紙「デイリー・ミラー」が報じている。
シティはドルトムントからドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアン、セルタからスペイン代表FWノリートを獲得したが、潤沢なオイルマネーはまだ余力が残っている。その一方で、マンチェスターユナイテッドはスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ、ドルトムントのアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンと、立て続けにビッグネーム補強に成功している。
宿敵の積極的な動きに刺激を受けたのか、シティも大型補強に向けて動き出した。バイエルン時代に1年間指導したクロースはレアルと4年契約を残しているため、移籍金7500万ユーロ(約85億円)で獲得の打診を試みる方針だとレポートされている。
一方、昨季バルセロナで得点王に輝いたスアレスに対し、ペップ監督は数カ月間、プレミア復帰を呼びかけているという。指揮官の実弟であるペレ・グアルディオラ氏が代理人を務めるストライカーに対して、8500万ポンド(約115億円)の移籍金で獲得に動いているとレポートされている。スアレスは移籍に前向きだが、スペインからイングランドへの移住について家族を説得する必要があるという。
総額200億円でリーガ屈指の2人の名手を、ペップ監督はオイルマネーで強奪することができるのだろうか。

ペップ、114億円でスアレスを強奪!? レアル司令塔に続いて電撃移籍を画策
フットボールチャンネル

マンチェスター・シティのジョセップ・グアルディオラ監督はレアル・マドリーのゲームメーカーだけでなく、バルセロナのストライカーの獲得も望んでいるようだ。4日、英紙『ザ・サン』が報じている。
グアルディオラ監督がマドリーのドイツ代表MFトニ・クロースの獲得を望んでいるとの報道があったばかりだ。しかし、今度は40ゴールで昨季リーグ得点王に輝いたバルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスの獲得を狙っているという。
L・スアレスは昨季公式戦に53試合出場し59ゴール25アシストでヨーロッパゴールデンシューも獲得している。シティは同選手に対して準備している金額は1億ユーロ(約114億円)とみられている。バルセロナがL・スアレス獲得のためリバプールに支払った8100万ユーロ(約93億円)よりも約2000万ユーロ(約23億円)多い金額だ。
今ではすっかりバルセロナのエースとなったL・スアレスだが、シティへの電撃移籍は実現するのだろうか。

グアルディオラ新監督就任のマンC、クロース&スアレスの獲得に挑戦か
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

ジョゼップ・グアルディオラ氏の新監督就任が決定しているマンチェスター・Cが、バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスと、レアル・マドリードに所属するドイツ代表MFトニ・クロースの動向を注視している。3日付のスペイン紙『マルカ』などが報じた。
2015-16シーズンのプレミアリーグで4位に終わったマンチェスター・Cは3日、クラブ主催のイベントで新指揮官のグアルディオラ氏が抱負を語った。新戦力としては日本代表MF香川真司が所属するドルトムントからドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンを、セルタからスペイン代表FWノリートを獲得。新シーズンへの準備を着々と進めている。
同紙によると、マンチェスター・Cは2名に加えて更なる戦力アップを画策。2015-16シーズンにリーガ・エスパニョーラで得点王を獲得したスアレスと、レアル・マドリードのチャンピオンズリーグ制覇に大きく貢献したクロースが、グアルディオラ氏の希望リストのトップに挙げられているという。
しかし、スアレスもクロースも高額な移籍金がかかることに加え、チームの絶対的な中心選手であることから、マンチェスター・C側も簡単な移籍交渉になるとは考えていないようだ。両選手に対しては、グアルディオラ氏の下でプレーできることもアピール材料にしていく方針であるという。
マンチェスター・Cは新シーズンをどのような陣容で迎えるのか。今後の移籍市場での展開に注目が集まる。

ペップ、レアルから司令塔を86億円で強奪? EUROでもドイツ代表を牽引中
フットボールチャンネル

マンチェスター・シティのジョセップ・グアルディオラ監督はレアル・マドリーのドイツ代表MFトニ・クロースの獲得を切望しているという。3日付け『ザ・ミラー』が報じた。
今季からシティのベンチに座るグアルディオラ監督は、バイエルン監督時代にクロースとチームを共にしている。その実力を知る同指揮官はマドリーだけでなくドイツ代表でもなくてはならない存在のクロースの獲得を強く望んでおり、移籍金に7500万ユーロ(約86億円)を支払う用意があるとしている。
マドリーにはユベントスのフランス代表MFポール・ポグバ獲得の噂があり、ポグバ加入次第ではクロースのチーム内での立場が変わる可能性が高い。元恩師のもとへ移籍する可能性が高まっている状況だ。
現在開催中のEURO2016でもドイツ代表を牽引しているクロース。今夏の去就に注目が集まりそうだ。

update: 2016年7月5日11:58 pm