19歳のウクライナ代表MF獲得 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2016/07/05
19歳のウクライナ代表MF獲得

ウクライナの至宝と言われているらしい
ウクライナ代表MFオレクサンドル・ジンチェンコを獲得
まずはレンタルになりそう

[移籍]ギュンドアン&ノリートに続き、ペップ・シティがウクライナ代表のテクニシャンを獲得
TheWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

彼らの野望は徐々に具体的なものとなりつつある。イングランドのマンチェスター・Cが4日、ロシアのFCウファに所属する19歳のウクライナ代表MFオレクサンドル・ジンチェンコを獲得したと発表。未来への投資も兼ねた補強となった。
来季よりスペイン人監督ペップ・グアルディオラがチームの舵を取る同クラブは、すでにドルトムントからドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンを、そしてセルタからはスペイン代表FWノリートを獲得し、順調なチーム作りを進めていた。今回彼らが新たにサインしたジンチェンコは昨年10月にウクライナ代表デビューを飾ったばかりの新鋭ながら、ユーロ2016にも出場。同国の将来を担うことになると期待されるテクニカルなMFで、その繊細なドリブル技術にも定評がある。
この19歳が新生マンチェスター・シティにおいてどのような役割を果たすことになるのかはもちろん未知数だ。しかしペップがバイエルン・ミュンヘンでキングスレイ・コマンなどの若手を積極的に起用していたことを踏まえれば、ジンチェンコが多くのサプライズを提供したとしても不思議ではないだろう。

マンCが今夏3人目の補強…“ウクライナの至宝”19歳MFジンチェンコを獲得
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

マンチェスター・Cは4日、ロシア・プレミアリーグのFCウファに所属するウクライナ代表MFオレクサンドル・ジンチェンコを獲得したと発表した。クラブの公式ツイッターが伝えている。
ジンチェンコは1996年生まれの19歳。昨年10月にウクライナ代表デビューを果たすと、代表2戦目となった5月29日の国際親善試合ルーマニア代表戦で初ゴールを決めた。19歳214日でのゴールで、ウクライナ代表の歴代最年少得点記録を更新している。ユーロ2016のメンバーにも名を連ね、グループステージ全3試合に出場した。
イギリスメディア『スカイスポーツ』は、“ウクライナの至宝”とも称されるジンチェンコについて「ボールコントロールに秀でたドリブラーで、パスやクロスも備えている」とプレースタイルを紹介。「2016-17シーズンはレンタル移籍で他クラブへ行くことになるだろう」と、併せて伝えられている。
ジョゼップ・グアルディオラ監督が就任したマンチェスター・Cは今夏の移籍市場で、ドルトムントからドイツ人MFイルカイ・ギュンドアン、セルタからスペイン代表FWノリートを獲得。ジンチェンコは3人目の補強となる。

シティが“シェフチェンコ超え”のウクライナ新星MFを獲
ゲキサカ[講談社]

マンチェスター・シティは4日、ロシア・プレミアリーグのウファからMFオレクサンドル・ジンチェンコを獲得したことをクラブ公式ツイッターで発表した。
19歳のジンチェンコは昨年にウファへ加入し、同年10月にはウクライナ代表デビューも果たした期待のMF。出場2戦目となった国際親善試合のルーマニア代表戦で早くも初得点を挙げ、ウクライナの英雄アンドリー・シェフチェンコ氏の記録を抜き、19歳214日で同国歴代最年少スコアラーとなった。現在行われているEURO2016でも、チームはグループリーグで敗退したが、ジンチェンコは全3試合に出場している。
新シーズンからジョゼップ・グアルディオラ監督が指揮を執るシティ。MFイルカイ・ギュンドガン、FWノリートに続く今夏3人目の補強となった。

update: 2016年7月5日11:33 pm