スペイン代表FWノリート獲得 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2016/07/01
スペイン代表FWノリート獲得

29歳のノリートを4年契約19億円で獲得
本人は話していない、しかし親族がぽろっと言ってしまった
とかどうなるかと思われたがやっぱりシティへ
これもグアルディオラ効果?

ペップ・シティがノリート獲得を発表! ギュンドガンに続く2人目の補強
ゲキサカ[講談社]

マンチェスター・シティは1日、スペイン代表のFWノリート(29)をセルタから獲得したことを発表した。4年契約で背番号は9をつける。
ノリートは10年10月、バルセロナでジョゼップ・グアルディオラ監督のもとでリーガ・エスパニョーラデビューしていた。その後、ベンフィカやグラナダでプレーし、13年1月にセルタに移籍。今季は29試合で12ゴールをマークし、現在フランスで開催中のEURO2016に参加しているスペイン代表のメンバーにも名を連ねていた。
クラブを通じてノリートは「自分にできる最高の働きをしたい。監督の要求に忠実に応え、全力を尽くしたい。ここまでの選手生活で見せてきたプレーを再現するために全力で取り組むつもりだ。最終的にはいつもやっているプレーをするだけだが、シティの勝利に貢献することを希望している」を意気込みを語った。
また、グアルディオラ監督については「それほど面識がある訳ではない」としながらも「本当に短期間だったが、監督の下で1軍の練習や試合メンバーに選抜された。グアルディオラ監督は世界最高の監督のひとりだと思う。サッカーを非常によく知っており、選手として成長することを後押ししてくれた。今回も自身の最高のプレーを引き出してくれると信じている」とコメントしている。
なお、シティにとってノリートは、ドルトムントから獲得したMFイルカイ・ギュンドガンに続く今夏2人目の補強選手となった。

ペップ・マンC、早くも3人目の新戦力到来…セルタからスペイン代表FWノリートを獲得
フットボールチャンネル

マンチェスター・シティは、セルタからスペイン代表FWノリートを完全移籍で獲得したことを発表した。契約は4年、背番号は「9」に決まった。
『デイリー・ミラー』『インデペンデント』など複数の英国メディアによれは、移籍金は1380万ポンド(約18億7700万円)とされている。
バルセロナのBチームでもプレーしたノリートは、その後ベンフィカ、グラナダを経て2013年7月にセルタに加入。昨季は29試合で12得点7アシストを記録し、EURO2016に臨むスペイン代表にも選出された。
ノリートには古巣であるバルセロナが再獲得するのではという噂もあったが、ジョゼップ・“ペップ”・グアルディオラ監督が就任するシティへの移籍を決断した。、バルセロナのトップチームでは、グアルディオラ監督のもと数試合プレーしていたこともある。
自身初のイングランドでのプレーとなるが、スペイン代表のアタッカーは新天地での活躍を誓っている。
「監督からの要求されたことは何でもやる。ベストを出し尽くし、キャリアを通じて多くのクラブで示したフォームをもう一度できるようにトライしたい。ペップは世界最高の監督のひとりだ。試合について多くのことを知っているし、僕が選手として成長するのを助けてくれるだろう。僕の力を最大限に引き出してくれると確信している」
シティはすでにドルトムントからドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアン、メルボルン・シティからオーストリア代表MFアーロン・ムーイを獲得しており、ノリートは3人目の新戦力となった。

マンC、スペイン代表FWノリートを4年契約で獲得…背番号は「9」
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

マンチェスター・Cは1日、セルタに所属するスペイン代表FWノリートを4年契約で獲得したと発表した。
ノリートは1986年生まれの29歳。2008年から2011年までバルセロナBに所属し、ベンフィカやグラナダでのプレーを経て、2013年からセルタに所属している。今シーズンはリーガ・エスパニョーラで29試合出場12ゴールを記録。現在開催中のユーロ2016にスペイン代表の一員として出場し、決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)までの全4試合に先発出場して1ゴールを挙げた。
移籍にあたり、ノリートは以下のようにコメントしている。
「できる限りのことをしたい。監督の求めるもの全てをやっていく。ベストを尽くし、あらゆることにトライする。キャリアを通じて、私はそれを繰り返しやってきた。様々なクラブでね」
「ペップ・グアルディオラは世界有数の指揮官の1人だと思う。彼は多くのことを知っていて、私の成功を手助けしてくれるはずだ。そう確信しているよ」
なお、ノリートのマンチェスター・Cでの背番号は「9」に決定したと併せて発表されている。

“遅咲きの万能FW”が恩師ペップ就任のマンCへ移籍! 「監督が求めるすべてをこなしたい」
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

マンチェスター・シティが、セルタのスペイン代表FWノリートと4年契約を結んだことを発表した。
シティは29歳の万能型アタッカーに移籍金1380万ポンド(約19億円)を支払うことで合意に至っていた。背番号は「9」となる。
欧州選手権(EURO)では、0-2で敗れた決勝トーナメント1回戦のイタリア戦まで全4試合に先発出場したノリートは、トルコ戦で1ゴールを決めていた。バルセロナの下部組織出身で、ジョゼップ・グアルディオラ新監督がバルサを率いていた際にトップチームに抜擢されていた。
「ペップ・グアルディオラは世界最高の監督の1人だと思う。フットボールについて理解している。選手としての成長に手助けしてくれる。自分の最大値を引き出してくれるはずだ」
シティの公式サイトでこう声明を発表したノリートは、「全てをもたらせるように努力したい。監督が求めるすべてをこなす。様々なクラブで示してきたパフォーマンスを再現できるようにベストを尽くしたい」と、新天地での意気込みを語っていた。

マンCに今夏2人目の新選手到着 ノリートと4年契約
(ISM)から

マンチェスターC(イングランド)は現地時間1日、セルタ(スペイン)からスペイン代表FWノリート(29)を4年契約で獲得したと発表した。同選手は、ペップ・グアルディオラ新監督のもとに到着した2人目の選手となった。
グアルディオラ監督がバルセロナ(スペイン)を指揮していた2008年から11年にかけて、同クラブに所属していたノリート。センターでもサイドでもプレー可能な同選手は、スペイン代表としてEURO2016で全4試合に先発した。
マンC加入に当たり、ノリートは「ペップ・グアルディオラは世界有数の監督だと思う。試合についての知識も豊富で、僕の選手としての成長を促してくれる。彼と一緒なら、僕は能力を最大限発揮できると思う」と、指揮官に信頼を寄せた。(STATS-AP)

ノリートの到着はスターリングが潰れることを意味する 77%ものサポーターが潰れると予想
TheWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

マンチェスター・シティへの移籍が決定したスペイン代表FWのノリートは、昨夏4900万ポンドもの移籍金でチームにやってきたイングランド代表FWラヒーム・スターリングを潰すことになるのだろうか。
英『Daily Mirror』は、ノリート獲得こそ指揮官ジョゼップ・グアルディオラがスターリングを信頼していない証拠だと考えている。グアルディオラはスターリング本人に信頼していることを伝えたそうだが、同メディアはスターリングがスタメン落ちすると予想している。
2列目には右サイドにケビン・デ・ブルイネ、トップ下にダビド・シルバ、最前線にはセルヒオ・アグエロが入るため、スターリングが入るとすれば左サイドだ。しかしノリートはEURO2016でもスペイン代表の左サイドを任されており、得点も奪っている。
一方のスターリングもイングランド代表の左サイドを任されたが、それほどインパクトは残せなかった。同メディアはノリートにはスターリングほどのスピードはないが、代わりに今季リーガ・エスパニョーラで12得点奪った得点力があると伝えており、スペイン代表でポゼッションスタイルも経験しているノリートの方が序列が上になるとの見方だ。
同メディアのアンケートでも来季スターリングがグアルディオラの下で成功すると答えた人はわずか23%で、このまま埋もれてしまうと予想している者の方が多くなっている。スターリングはイングランドの将来を背負う存在としてマンCに迎え入れられたが、このまま潰れてしまうのだろうか。

update: 2016年7月1日11:50 pm