アルテタ・コーチ就任か | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2016/06/22
アルテタ・コーチ就任か

アーセナル退団のアルテタ、指導者に転身へ…マンCのコーチ就任が有力に

サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

今シーズン限りでのアーセナル退団が発表された元スペイン代表MFミケル・アルテタが、マンチェスター・Cのコーチに就任する見通しとなった。イギリス紙『デイリーメール』が20日に報じている。
同紙によると、アルテタはアーセナルからアカデミー(下部組織)の指導者就任を打診されたものの、オファーに断りを入れた。新天地はマンチェスター・Cとなる模様で、同クラブの新指揮官就任が決まっているジョゼップ・グアルディオラ監督の下でコーチングスタッフを務める見通しとなった。
5月5日付の『デイリーメール』によれば、グアルディオラ監督はアルテタのコーチ招へいを希望し、今年の初めにミュンヘンで会談の場を設けていた。当時の報道では、同監督は自身のコーチングスタッフチームをマンチェスター・Cに連れていく意向で、コーチのカルレス・プランチャート氏とドメネク・トレント氏、フィットネスコーチのロレンツォ・ブエナベントゥーラ氏とともに新天地で仕事を行うと伝えられている。アルテタもコーチングスタッフの一員として、指導者としてのキャリアを始めることになりそうだ。
アルテタは1982年生まれの34歳。2011年にエヴァートンからアーセナルに移籍した。今シーズンはプレミアリーグで9試合の途中出場にとどまった。5月15日にアーセナル退団が発表されたものの、正式な引退表明はしていない。

update: 2016年6月22日2:45 am