グアルディオラ、クロースを欲しがる | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2016/05/30
グアルディオラ、クロースを欲しがる

グアルディオラはクロースを欲しがる
グアルディオラがバイエルン監督のときレアルに放出されたが
その理由は年俸が他の選手と比べて安すぎというこれでクロースが出たがった
今度はしっかりグアルディオラとクロースのコンビが見れるか

来季からマンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、あるドイツ代表MF獲得を検討しているようだ。英『デイリースター』によると、ペップが獲得を希望しているのはレアル・マドリーMFトニ・クロースで、すでに1800万ポンドでドルトムントを離れるとみられるMFイルカイ・ギュンドガンとともに新戦力として迎え入れようとしている。13年7月にバイエルンの監督に就任したペップは、初年度にクロースを指導していたものの、1年後のレアル移籍を止めることはできなかった。レアルとクロースの契約は4年間残っているが、レアルはユベントスのフランス代表MFポール・ポグバの獲得資金を捻出するため、クロースを売却するとの噂があり、マンチェスター・C移籍の可能性は十分にあるようだ。(ゲキサカ)

update: 2016年5月30日7:08 pm