ライト・フィリップス「マンCはうまく投資した」 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2009/08/15
ライト・フィリップス「マンCはうまく投資した」

ライト・フィリップスが「マンCはうまく投資した」と
まあまあなんじゃないの?
そこまで賢いとは思わない、カカ獲れてないし
まあライト・フィリップスもスタメン微妙なんだから頑張れ

マンチェスターC(イングランド)のMFショーン・ライト・フィリップスは現地時間10日、クラブの補強について、うまく資金を使って投資しているとの見解を示した。ロイター通信が報じている。「アブダビ・ユナイテッド」がオーナーになってから、マンCは昨夏のブラジル代表FWロビーニョの補強を皮切りに、今夏もアルゼンチン代表FWカルロス・テベス、トーゴ代表FWエマニュエル・アデバヨル、パラグアイ代表FWロケ・サンタクルス、イングランド代表MFギャレス・バリー、コートジボワール代表 DFコロ・トゥーレなど、次々にビッグネームを獲得し続けている。アブラモヴィッチ氏がオーナーを務めるチェルシー(イングランド)時代にも、莫大な資金を使っての補強を経験しているライト・フィリップスは、「全体的にもう少し賢いチーム作りがされている。マンCはアップダウンがあったけど、ようやくクラブがふさわしい方へ向かってよかったよ」とコメント。クラブの投資の仕方は正しいとの考えを明かした。一方で、同選手は「僕らにはいいローテーションシステムがある。それに、競争はチームにとっていいことだよ。僕らを必要としている方へ向かわせてくれるはずさ」と述べ、大量補強によるポジション争いを恐れてはいないとしている。(ISM)

update: 2009年8月15日4:22 pm