コンパニーがバルサに狙われる | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2009/08/15
コンパニーがバルサに狙われる

コンパニーがバルサに狙われる
いくらなんでも今度のバルサ戦で移籍しているとは思えないが

シャフタール・ドネツク所属のDFドミトロ・チグリンスキー獲得を断念したバルサだが、今夏でのセンターバックの補強を諦めたわけではなさそうだ。オプションの一つとしてマンチェスター・シティのベルギー代表DFビンセント・コンパニーの名前が浮上している。ベルギーの複数のウェブサイトは、コンパニーの代理人はバルサからの連絡をすでに受けていると伝えている。バルサは、当時18歳でアンデルレヒトでプレーしていた190センチの大型DFコンパニーに注目していた。また、彼自身もカンプ・ノウでプレーすることは夢だと認めていた。移籍とはならなかったものの、あれから5年、経験を積み成長した彼の夢が実現する可能性がでてきたというわけだ。来週水曜日に行なわれるバルサ主催のガンペール杯の今年の相手は、そのコンパニーが所属するマンチェスター・シティ。しかし、コンパニーのユニフォームの色が変わっている可能性もある。バルサのユニフォームを着てプレーするコンパニーの姿がカンプ・ノウで見られるかもしれない。(欧州通信)

update: 2009年8月15日4:16 pm