イタリアから歓迎されるヤヤ・トゥーレ | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2016/04/10
イタリアから歓迎されるヤヤ・トゥーレ

グアルディオラが就任しでて行くであろうと言われるヤヤ・トゥーレ
そこでマンチーニが欲しがるがまだまだ不透明
しかしイタリアでは歓迎ムード上昇中

来季からジョゼップ・グアルディオラが指揮を執ることが決定しているマンチェスター・シティでは、MFヤヤ・トゥレの去就が不透明となっている。最近は連日のように移籍の話題が浮上しており、同選手の代理人も今季限りでマンCを離れる考えもあると明かしている。ヤヤ・トゥレ本人は移籍するにしてもプレミアリーグでプレイしたいようだが、伊『Football ITALIA』はインテルにヤヤ・トゥレ獲得を強く勧めている。インテルは過去にマンCで指揮を執ったロベルト・マンチーニが率いていることもあり、マンCから選手を引き抜く噂が絶えない。ヤヤ・トゥレもその1人で、マンチーニは同選手を高く評価している。ヤヤ・トゥレは今年5月に33歳を迎え、大ベテランの域に入りつつある。すでに旬は過ぎ去ったようにも感じるが、同メディアはヤヤ・トゥレが元ユヴェントスのアンドレア・ピルロのような存在になれると主張している。ピルロは2011年夏にミランからユヴェントスへ移籍したが、当時の年齢は31歳だった。獲得する際には年をとりすぎているのではとの声もあったが、ピルロは前シーズン7位に沈んでいたチームをスクデットへと導いてみせた。ヤヤ・トゥレはピルロとタイプの異なる選手で、同じベテランでもピルロのように活躍できるとは限らない。しかしヤヤ・トゥレは今でもマンCの中盤でゲームメイクからフィニッシュまで幅広い仕事をこなしており、インテルでも同じような仕事ができるはずだ。さらにピルロ同様にフリーキックの精度にも定評があり、ピルロのように走れない選手になったとしても中盤で存在感を放つことは可能だろう。TheWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

インテルMFジェフリー・コンドグビアは、MFヤヤ・トゥーレとチームメートになることを望んでいる。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』で語った。昨シーズン、インテルが獲得を目指したY・トゥーレは、今年の夏こそマンチェスター・シティを退団するものと見られている。そこで、再びロベルト・マンチーニ監督が獲得に興味を持っていると噂だ。昨年夏、インテルがY・トゥーレを逃した後で獲得したのが、若いコンドグビアだった。フランス代表MFはセリエA1年目で期待されたほどの活躍を見せられていない。Y・トゥーレと比較されることを「非常にうれしい」と語るコンドグビアが、以下のように語った。「だけど今は、とにかく努力を重ねることだ。まだ23歳だからね。僕とトゥーレが次のシーズンはチームメート? そうなったら素晴らしいね。本当に夢だよ」(Goal)

update: 2016年4月10日10:47 pm