メッシ獲得の夢 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2016/03/23
メッシ獲得の夢

メッシ獲得、というのは時々出てくるが
グアルディオラ就任でまた出てきた
アグエロ、ベギリスタイン、ソリアーノ
そしてグアルディオラとメッシ獲得にポイントはどんどん増えてはいるが

恩師の存在が、マンチェスター・シティの自信につながっているのだろうか。バルセロナFWリオネル・メッシが移籍する場合、シティは自分たちがポールポジションにいると確信しているという。イギリス『ガーディアン』が報じた。バルセロナと2018年までの契約を結び、2億5000万ユーロという巨額の契約解除金が設定されているメッシは、以前からバルサで満足していることを強調している。だが、もしもメッシがチームを離れる場合、シティはジョゼップ・グアルディオラ監督がかつての愛弟子を呼び寄せられると考えているようだ。チキ・ベギリスタイン氏やフェラン・ソリアーノ氏といった元バルセロナの幹部たちがいることも大きい。『ガーディアン』によると、グアルディオラ監督はMFセルジ・ブスケッツ、DFダニエウ・アウベス、FWネイマールといった選手たちにも関心があるという。(Goal)

来季からジョゼップ・グアルディオラ監督の就任が決まっているマンチェスター・シティは、指揮官の求心力を頼りに、どうしてもバルセロナFWリオネル・メッシ獲得の夢を諦めきれないようだ。英地元紙「ガーディアン」は、「ペップ・グアルディオラがリオネル・メッシ獲得の助けとなることに期待している」という見出しで報じた。メッシはバルセロナと2018年で契約満了となる。しかし、下部組織からバルサ一筋を貫き、誰もが認めるバルサの顔となったレフティーには、移籍の意思はないと伝えられている。それでも、チキ・ベギリスタインSDやフェラン・ソリアーノCEOなど元バルセロナの幹部をフロントに抱えるシティは、メッシ獲得を熱望している。メッシは年俸2000万ユーロ(約25億円)を受け取っている。さらにバルセロナとの契約解除金は2億5000万ユーロ(約313億円)に設定されており、コストの面からも事実上、獲得は不可能に近い。しかし、潤沢なオイルマネーに支えられる”金満シティ”であれば、この金額を捻出することは可能であり、世界的スターであるメッシ獲得による経済効果を考えれば、すぐにその資金を回収できるという目論見もあるようだ。ペップは、同じく教え子であるスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ(バイエルン・ミュンヘン)やスペイン代表MFセルジ・ブスケッツなどの獲得にも動くと噂されている。その大いなる野望は、果たして実現に向かうのだろうか。(Soccer Magazine ZONE web)

マンチェスター・Cが、バルセロナに所属しているアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが退団した際の獲得に自信を見せている。イギリス紙『デイリースター』が報じた。同紙によると、マンチェスター・Cの首脳陣はメッシがもしバルセロナを離れる場合、来シーズンから同クラブに就任するジョゼップ・グアルディオラ監督が、メッシ獲得に動くことを信じているという。メッシに関心を寄せているクラブにはチェルシーやマンチェスター・Uの名前も挙がっているが、マンチェスター・Cは獲得に大きな自信を持っているとのことだ。自信の根拠としては、グアルディオラ監督がかつてバルセロナでメッシを指導していたということに加え、元バルセロナの強化担当で現在はマンチェスター・Cの強化部長を務めているチキ・ベギリスタイン氏、元バルセロナ副会長のフェラン・ソリアーノ氏と強力な信頼関係を築いていることが大きな要因となっている。なお、現在メッシはバルセロナとの契約を2年残しているが、今シーズン終了後に契約を延長する可能性が高いと報じられている。(SOCCER KING)

update: 2016年3月23日9:51 pm