ピケはユナイテッドが好きすぎるから来ない | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2016/03/03
ピケはユナイテッドが好きすぎるから来ない

グアルディオラが欲しがるバルセロナのピケ
しかしグアルディオラがいてもユナイテッド愛が勝り
シティには行けない、とコメント

バルセロナに所属するDFジェラール・ピケがマンチェスター・シティへの移籍はないと明言した。『ESPN』が伝えている。来季からはピケにとっての恩師であるジョゼップ・グアルディオラ監督がシティの指揮官に就任するが、ピケはかつて所属していたマンチェスター・ユナイテッドへの愛情があることから、移籍はないと語ったようだ。「自分のマンチェスター・Uへの愛着が強すぎて、マンチェスター・Cに移籍することはできないよ。ペップは素晴らしい監督だけどね」と言い、「バルセロナで僕は充分満足している。マンチェスター・Uは僕の第二のクラブだけど、僕の将来はバルセロナとともにある。ここでプレーすることにとても誇りを抱いているんだ。世界最高のクラブだと思うよ」と語った。妻で世界的歌手のシャキーラのことも思いやり、「数年後、引退する前に別のリーグでプレーしたいという気持ちはある。(妻の)シャキーラのことを考えるとコロンビアが望ましいんだけど、誰も未来を予測したりすることはできない」と言う。(ゲキサカ)

バルセロナDFジェラール・ピケは、かつて在籍したマンチェスター・ユナイテッドへの愛着を失ってはいないようだ。ライバルチームのマンチェスター・シティへ移籍することはあり得ないと主張した。シティでは来季から、現バイエルン・ミュンヘンのジョゼップ・グアルディオラ監督が指揮を執ることが決定している。ピケにとっては、バルセロナでともに数々のタイトルを獲得した恩師だ。だがそのペップが率いるとしても、シティへの移籍はピケにあり得ないことだという。2月28日に行われたリーガエスパニョーラ第26節セビージャ戦の試合後に同選手が次のように語ったとしてスペイン『アス』などが伝えている。「マンチェスター・ユナイテッドへの愛情があまりにも大きいから、いつかシティへ移籍するということはないよ。たとえグアルディオラが監督だったとしてもね」(Goal)

バルセロナに所属するスペイン代表DFジェラール・ピケが、今夏にマンチェスター・シティに移籍する可能性を否定した。29日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。同紙によると、来季シティに就任することが決まっているバイエルン・ミュンヘンのジョゼップ・グアルディオラ監督はピケの獲得を狙っているとされているが、選手本人はシティに移籍する意思はないようだ。「僕はペップ(グアルディオラ監督の愛称)がどんなに偉大な監督であっても、マンチェスター・ユナイテッドへの愛が大きすぎてシティのために契約をすることはないよ。それに僕はバルセロナでプレーすることを非常に誇りに思っている。僕はバルセロナが世界最高のクラブだと思っているんだ」(フットボールチャンネル)

update: 2016年3月3日10:52 am