ファーガソン、意識しまくり | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2009/08/02
ファーガソン、意識しまくり

負けず嫌いのお爺ちゃんは
なんだかんだ言って意識しまくり
ダービーは楽しみ

マンチェスター・ユナイテッドのサー・アレックス・ファーガソン監督が、積極補強を続けるマンチェスター・シティに対し、「所詮はスモールクラブ」と、気にしてはいない様子だ。MFバリー、FWアデバヨール、サンタクルス、テベスの獲得を決めているシティについて問われたファーガソン監督は、『BBC』で、次のように述べている。「シティにあるのはスモールクラブの持つメンタルだけだ」「彼らが考えなければいけないことは、ユナイテッドについてだ。逃げることはできないからね」「彼らはテベスをユナイテッドから獲得したことが勝利であると考えているようだが、それは間違っている」ファーガソン監督はまた、FWアデバヨールがシティへ移籍した理由は、金銭面だけであると主張している。「あれほどの金額を提示されれば、多くの人が惹かれることになる。それが彼が移籍を決めた理由だよ」(Goal)

「シティへ移籍する目前になって、彼か彼の代理人が我々に接触してきた。それから彼らはチェルシーにも同様に連絡したよ」「彼がなぜシティ移籍を決めたか、理由が知りたいだろう。理由は一つだけだ。彼は本当はチェルシーか、ユナイテッドへの移籍を望んでいたんだ」ファーガソン監督はまた、FWカルロス・テベスの退団は、ユナイテッドにとってそれほどネガティブなことではないと主張している。「あまりプレーできていない選手のために、交渉をまとめる必要はない」(Goal)

update: 2009年8月2日5:24 pm