ネイマールとブスケッツを狙う | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2016/02/08
ネイマールとブスケッツを狙う

グアルディオラ体制になり
メッシ、スアレスと名前が挙がるが本命は
ネイマールとブスケッツとのこと
グアルディオラからしたらバイエルン就任時から
ネイマールを欲しがっていたのでやっと実現か

来シーズンからマンチェスター・Cの指揮官に就任することが発表されているジョゼップ・グアルディオラ監督(現・バイエルン)が、バルセロナに所属するスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツとブラジル代表FWネイマールの獲得を画策している。イギリス紙『デイリーメール』が6日に報じた。報道によると、来シーズンからマンチェスター・Cの指揮官に就任するグアルディオラ監督が、古巣バルセロナから2選手を獲得したい意向を持っている。補強ターゲットとして挙げられているのはブスケッツとネイマールで、両選手それぞれに対して移籍金1億5000万ユーロ(約195億6000万円)を用意していると報じられた。同紙が報じたところによると、グアルディオラ監督の中で優先順位が高いのはブスケッツ。かつてバルセロナで師弟関係にあった両者は個人的にも深い関係を築いていることから、移籍が実現する可能性があると報じられている。なお、ブスケッツは2018年までバルセロナとの契約を残している。(SOCCER KING)

来季のペップ・グアルディオラ監督就任が決定しているマンチェスターC(イングランド)が、今夏の移籍市場で約1億5000万ポンド(約255億円)を用意して、バルセロナ(スペイン)のFWネイマールとMFセルジ・ブスケッツの獲得を画策しているようだ。英『ザ・サン』紙(電子版)が現地時8日に報じている。今季限りでのマヌエル・ペリェグリーニ監督退任と、来季のグアルディオラ監督就任が先ごろ正式に発表されたマンC。これに伴い今夏の移籍市場での選手入れ替えが予想され、DFパブロ・サバレタもその可能性を認めている。英タブロイド紙『ザ・サン』では、グアルディオラ監督がネイマールとブスケッツの獲得を望んでいると報じた。同監督はバルサのFWリオネル・メッシの加入も望んでいるようだが、ネイマールの方がより現実的なターゲットだという。(ISM)

元ブラジル代表FWロナウジーニョが、同代表FWネイマール(バルセロナ/スペイン)の今夏のマンチェスターC(イングランド)移籍の噂について、実現の可能性は十分にあるとの見解を示した。英『ザ・サン』紙(電子版)が現地時間7日に報じている。ロナウジーニョはネイマールのマンC行きの噂について、選手本人が来季から指揮をとるペップ・グアルディオラ監督との仕事を望んでいることと、同クラブの資金力を考えれば、実現の可能性は十分にあると述べた。英タブロイド紙『ザ・サン』でロナウジーニョは「ネイマールはペップのためにプレーしたいと、すでに公言している」「ペップが夏にマンCに行くことを、多くの人が知っていたことを踏まえれば、この発言の持つ意味は大きい。彼らなら、欧州の他クラブには不可能な給料を支払うこともできる」と語った。ネイマールはバルサの宿敵レアル・マドリー(スペイン)移籍の可能性も取り沙汰されているが、こちらについてロナウジーニョは「ネイマールの将来について、多くのことが噂されているね。でも、レアル移籍の噂は嘘だと思う」と、自身の見解を述べている。また「少なくともあと数年はバルサに残るべきだと、僕はアドバイスするつもりだ。でも、もし彼がマンC行きを望み、マンCも彼を欲すれば、彼らにはそれを可能にする力がある」と述べている。(ISM)

update: 2016年2月8日11:53 pm