グアルディオラ就任でヤヤは出ていくことになりそう | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2016/02/03
グアルディオラ就任でヤヤは出ていくことになりそう

グアルディオラ就任でヤヤ・トゥーレが移籍を匂わす
まあ移籍の季節になるとしょちゅう移籍をちらつかせるが
今回はグアルディオラが来たので真実みを帯びる
誕生日を祝わなかったとか難癖を付けてきたがいよいよか
しかしバイエルン監督就任時グアルディオラと
リベリーやロッベンはぶつかると思われていたが
実際はうまくいったという例もある

代理人は挑発的でヤヤ無しで勝てるか?と言っているが
メンツは揃っているから間違い無く勝てるだろう
中国からは年俸52億円のオファーもあるらしいし
ACL出場で日本でもみれるだろうからシティから出るならば
中国で頑張って欲しい

マンチェスター・シティのMFヤヤ・トゥレが今季限りで同クラブを退団するかもしれない。代理人のディミトリー・セルク氏が明かした。スペイン『スポルト』が報じている。シティは1日、マヌエル・ペレグリーニ監督の今季限りでの退任と、来季からジョゼップ・グアルディオラ監督が指揮することを発表した。トゥレはバルセロナ所属時にグアルディオラ監督の指導を受けているが、グアルディオラ監督が就任した1年後にシティへ売却された苦い思い出があった。来季の監督就任の発表を受け、セルク氏は「これはペップが彼を好きかどうか、という問題ではないんだ」と前置きをしたうえで、「ヤヤはクラブを去ることになるだろう。だがその前に、彼がリーグとカップ戦のタイトルを再び獲ることを願っているよ」と、今夏の退団を明言した。(ゲキサカ)

中国の“爆買い”がとどまるところを知らない。この冬だけでなく、次の夏の市場でも主役になりそうだ。マンチェスター・シティMFヤヤ・トゥーレとシャフタール・ドネツクFWアレックス・テイシェイラも、中国行きの可能性が浮上している。イギリス『デイリー・テレグラフ』は、中国の少なくとも3つのクラブがY・トゥーレ獲得の意思を持っているとした。そのうちの1つである江蘇蘇寧が、年俸3000万ポンド(約52億円)という破格のオファーを用意している模様だ。これはシティでY・トゥーレが受け取っている額の2倍以上だと見られる。シティは来シーズンからジョゼップ・グアルディオラ監督がチームを指揮すると発表した。これを受けて、Y・トゥーレの代理人は「ヤヤはクラブを去ることになるだろう」とコメント。今シーズン終了後の移籍を示唆していた。(Goal)

マンチェスター・シティは来季バイエルン・ミュンヘンを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督の就任を発表したが、バルセロナ時代にスペイン人指揮官によって放出されたコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレが、今季限りで移籍する方向性であることが明らかになった。英地元紙「サン」が報じている。シティに加入前、バルセロナで2007年から10年まで活躍していたトゥーレは、ペップ次期監督就任とともにチームを去る決意を固めたようだ。「ヤヤはこのクラブを去ると思う。移籍する前にリーグとカップ戦のすべてを勝ち取ることを願っている」トゥーレの代理人ディミトリー・セルク氏はこう語った。シティのエースとペップ監督には、バルサで因縁がある。グアルディオラ監督はトゥーレよりもスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツを中盤の底に固定し、出場機会を失った。センターバックなど本職以外でのプレーを余儀なくされ、トゥーレはシティ移籍を選択した。「これはペップが彼を気に入っているかどうかの問題ではない。それが人生というものなんだ」セルク氏は対立軸を否定する一方で、来季から3年契約を結んだグアルディオラ監督の手腕については、次のような考察を示している。「バルセロナは勝利する。なぜなら大家族のようなもので、彼らの組織は万人にとっての手本になる。個人の問題ではない。ルイス・エンリケもグアルディオラのように成功している。『グアルディオラのチーム』と永遠に言うことは不可能だ。ヤヤはグアルディオラなしに、英国ですべての栄冠を手にした。グアルディオラはヤヤなしで(シティで)勝てるかな?」(Soccer Magazine ZONE web)

マンチェスター・シティでプレイするコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレは、“世界最高”の指揮官ペップ・グアルディオラの来季以降のシティ就任をあまり良く思っていないようだ。先日、来季以降のシティ就任が正式に発表されたペップだが、スペイン紙『SPORT』はこの人事がヤヤを難しい状況へと追い込むことになるだろうと報じている。ヤヤはバルセロナ在籍時代にペップの下でプレイした経験があるが、セルヒオ・ブスケツの台頭もあり、出場機会は徐々に減少。最終的にヤヤはマンチェスター・シティへと移籍したという経緯がある。同メディアによればヤヤの代理人を務めるディミトリ・セルク氏が、こうした経緯によってヤヤとペップの人間関係が悪化したと話しているという。さらに同メディアは最近のセルク氏によるコメントを掲載している。「ペップは偉大な監督だが、彼がタイトルを獲ったのはバルセロナとバイエルン・ミュンヘンで、だ。私の祖父でもバルサやバイエルンでならタイトルを獲れるだろう。なぜならそれらのクラブはスター選手を多く抱えるビッグクラブだからね。もちろん彼がシティに来たら、ヤヤは退団することになるだろう」(theWORLD)

今季限りでバイエルン・ミュンヘンを退団するグアルディオラ監督は、マヌエル・ペジェグリーニ監督の後任としてシティを率いることが先日発表された。この監督人事がY・トゥーレの去就にも影響を及ぼすことになるかもしれない。バルセロナでプレーしていたY・トゥーレは、グアルディオラ監督が就任した1年後にシティへ売却されることになった。シティでもそれが繰り返されるのではないかとの憶測は以前からあったが、来季の監督就任の発表を受け、代理人のドミトリ・セルク氏が次のように語ったとイギリス『サン』は伝えている。「ヤヤはクラブを去ることになると思う。だがその前に、もう一度リーグで優勝し、すべてのカップも勝ち取れることを願っているよ」「ペップが彼のことを好きかどうかという問題ではない。人生はそういうものなんだ。ペップはヤヤに電話をして、彼を必要としているかしていないかを伝えることもできるだろう」2010年からシティに在籍するY・トゥーレは、これまで公式戦250試合以上に出場し、2度のプレミアリーグ優勝などに貢献してきた。6年目の今季がラストシーズンとなるのだろうか。(Goal)

マンチェスター・Cに所属するコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレの代理人が、同選手が退団する見通しを語った。イギリス紙『サン』が2日に報じている。1日、現バイエルン・ミュンヘン指揮官のジョゼップ・グアルディオラ監督が、今夏からマンチェスター・Cの監督に就任することが発表された。しかし、バルセロナ所属時にグアルディオラ監督の指導を受けていたトゥーレは、マンチェスター・Cへ放出されている。こうした経緯もあり、トゥーレは以前から同監督の就任に否定的な考えを持っていた模様だ。同選手の代理人を務めるディミトリー・セルク氏は「ヤヤはクラブを退団することになると思う。彼がチームを去る前に、カップ戦を含めた全てのタイトルを取ることを願っているよ。これはペップ(グアルディオラ監督の愛称)が個人的に彼のことを好きかどうかという問題ではないんだ。それが人生だよ」と語り、トゥーレが今夏に退団する見通しを明かした。また、マンチェスター・Cと新たに3年契約を結ぶこととなったグアルディオラ監督の手腕について、「バルセロナは家族のような結束があるから勝てるんだ。誰にとっても見本となる組織だよ。そこで監督の手腕が問題でないことは、ルイス・エンリケがグアルディオラと同じように成功していることからわかる。『バルセロナはまだグアルディオラのチームだ』などと言うことはできないはずだ」と、否定的なコメントを述べている。(SOCCER KING)

update: 2016年2月3日9:13 pm