アフリカMVP受賞がオーバメヤンでヤヤ怒りまくる | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2016/01/29
アフリカMVP受賞がオーバメヤンでヤヤ怒りまくる

アフリカMVP受賞がオーバメヤンになり
優勝した自分たちでは無くグループリーグ敗退の
オーバメヤンということで怒りまくる
しかしオーバメヤンもこれはネーションズカップの活躍だけじゃないと反論

マンチェスター・シティのMFヤヤ・トゥーレが、先日発表されたアフリカ年間最優秀選手投票で2位となったことに怒りを露わにした。受賞したのはドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンだったが、コートジボワール代表の主将は、重要なのはアフリカでの活躍であるべきと主張。2015年のアフリカ・ネーションズカップで優勝した自身が選ばれなかったことを「アフリカにとって恥」と不満を爆発させた。フランスの地元ラジオ局「ラジオ・フランス・インターナショナル」が伝えている。「これはアフリカにとって恥だ。このような扱いは不当だ!」オーバメヤンが受賞した今回のアフリカ最優秀選手賞について、トゥーレはこう語った。トゥーレが主将を務めたコートジボワール代表は、昨年1、2月に行われたアフリカ・ネーションズカップで優勝した一方、オーバメヤンのガボン代表はグループリーグ敗退と、チームの成績では大きな差がついていた。しかし、ガボンの韋駄天FWは所属クラブのドルトムントで今季大ブレイク。現在ブンデスリーガ第17節を終えて18得点と得点ランキングトップを走っている。それでも、同賞はアフリカサッカー連盟(CAF)主催で、加盟国の監督、テクニカルディレクターの投票によって受賞者が決定する。それだけに、アフリカ・ネーションズカップでの成績が考慮される必要があると激怒した。自身の5年連続受賞を阻まれ不満爆発「我々はアフリカ人だ。我々は、他のどこかの国で活躍することよりも、故郷である(アフリカ)大陸のことを最優先にする。この結果は最悪だ。例えば、今年はリオネル・メッシが全てのトロフィーを獲得したが、クリスティアーノ・ロナウドがバロンドールを取ったら、みんなはなんて言うだろう? アンフェアと言うだろう」2011年から4年連続でアフリカ最優秀選手賞を獲得してきたアフリカを代表するスターは、アフリカ人のプライドを傷つけられたとして、投票結果は受け入れられない様子だった。(Soccer Magazine ZONE web)

ドルトムントのFWピエール=エメリク・オーバメヤンは今年1月8日に発表されたアフリカ年間最優秀選手賞を受賞した際、コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレに「アフリカの恥」と批判されたことに対し、中傷こそ恥と反撃している。英国営放送「BBC」が報じている。同賞はアフリカサッカー連盟(CAF)の加盟国の監督とテクニカルダイレクターによる投票によって決められる。オーバメヤン、トゥーレに加え、ガーナ代表MFアンドレ・アイェウを含めた最終候補が3人残る中、最終投票の結果、オーバメヤンは最多の143ポイントを獲得。136ポイントのトゥーレを上回った。しかし、2015年アフリカ・ネーションズカップを制したコートジボワール代表のキャプテンだったトゥーレは「これはアフリカにとって恥だ。このような扱いは不当だ!」「我々はアフリカ人だ。我々は、他のどこかの国で活躍することよりも、故郷である(アフリカ)大陸のことを最優先にする。この結果は最悪だ。例えば、今年はリオネル・メッシが全てのトロフィーを獲得したが、クリスティアーノ・ロナウドがバロンドールを取ったら、みんなはなんて言うだろう? アンフェアと言うだろう」と激昂。アフリカでの活躍が最も考慮すべきと結果に不満を漏らしていた。トゥーレは15年のアフリカ・ネーションズカップで主将としてコートジボワール代表をけん引し、23年ぶり2度目の優勝に大きく貢献した。それに対し、オーバメヤンのガボンはグループステージで敗退した。一方、“オーバ”の愛称で親しまれているストライカーは、ドルトムントでブンデスリーガ開幕から8試合連続ゴールというリーグ記録を打ち立て、前半戦17試合で18得点という驚異的なペースで得点を量産。「この賞は1年全体の活躍が基準になっている。アフリカ・ネーションズカップのだけじゃない」と主張。ドイツでの活躍により、受賞は妥当と主張した。(Soccer Magazine ZONE web)

今シーズンのブンデスリーガで17試合に出場して18得点を記録し、得点ランキング首位を走るオーバメヤン。同選手は7日に、2015年のアフリカ最優秀選手賞を受賞し、マンチェスター・Cに所属するコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレの5年連続受賞を阻止していた。しかし、Y・トゥーレは昨年のアフリカ・ネーションズカップでコートジボワール代表を優勝に導いた功績が評価されなかったことに納得できないようで、「オーバメヤンの受賞はアフリカの恥だ。いかがわしい方法で選出されているからね。だが、我々に何ができる? 我々アフリカ人自身がアフリカでの出来事を重視していないんだ。アフリカ大陸で起きたことを軽視し、外にばかり目を向けている。哀れだよ」と語っていた。さらに、スウォンジーに所属するガーナ代表FWアンドレ・アイェウも、アフリカ・ネーションズカップ決勝に同代表が進出したことを引き合いに出しつつ、「アフリカ・ネーションズカップで決勝の舞台を戦ったということは評価されるべきだと考えている。僕もヤヤもそこでプレーしたんだ。僕たちのどちらかかが受賞すべきだったと思うよ」とコメントしていた。これらの不満についてオーバメヤンは、「彼らの言葉に傷ついたよ。彼らは自らを恥ずべきだ。賞はアフリカ・ネーションズカップだけでなく、一年を通した活躍によって決まっているんだ」と反論している。(SOCCER KING)

update: 2016年1月29日11:10 pm