ナスリ、100本針刺す治療で3月復帰を目指す | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2016/01/26
ナスリ、100本針刺す治療で3月復帰を目指す

ナスリが3月復帰を目指してすごい治療をしている
患部に100本の針を刺す治療を受け
3月の復帰を目指す、100本針・・・

マンチェスター・Cに所属する元フランス代表MFサミル・ナスリが、3月の戦列復帰を目指していることがわかった。25日付のイギリス紙『デイリーメール』が伝えている。ナスリは、昨年10月17日に行われたプレミアリーグ第9節ボーンマス戦を最後に戦線離脱。同10月のトレーニング中に、太ももの筋肉と腱を痛めていた。イギリス紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』のインタビューに応じたナスリは、「3月のインターナショナルブレイクにチームに戻ってくるのを目指している」と、具体的な復帰時期を明かした。また、「このケガで患部に100本もの針を刺す治療を受けたんだ」と、過酷な手術内容を吐露。「僕の医者が言うには、筋肉と骨が分離していて、腱も90パーセントほど分離しているから、特殊な治療が必要になったんだ」と、ケガの詳細についても語った。(SOCCER KING)

update: 2016年1月26日11:21 pm