またイスコ獲得ネタ | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2015/12/31
またイスコ獲得ネタ

ペジェグリーニが就任したときからちょくちょく
獲得ネタが出たイスコ
今獲ったとして次の監督はどうするか?

英『サン』は31日、シティがレアル・マドリードに所属するMFイスコ獲得に3200万ポンド(約57億円)を用意していると報じた。年内を3位で終えることになったシティと首位アーセナルの勝点差は3ポイント。冬に実力者をスカッドに加え、更なる戦力アップを狙う。イスコはこれまでもシティからの関心がしきりに報じられてきた。23歳のスペイン代表MFはマヌエル・ペジェグリーニ監督のマラガ時代(2010-2013)の教え子であり、同クラブでの成長を経てレアル移籍を果たしている。『サン』紙はイスコがレアルでの立ち位置に満足していないことが移籍につながるのではと見ている。イスコは今季リーガで13試合に出場したが先発は9試合に止まり、完全なレギュラーとはいえない状態だ。同紙によればシティのフェラン・ソリアーノCEO(最高経営責任者)とレアルのホセ・アンヘル・サンチェスCEOはすでに交渉をスタートさせているとのこと。シティはイスコの他、ドルトムントFWピエ―ル・エメリク・オバメヤンへの関心も伝えられている。(theWORLD)

マンチェスター・Cが、レアル・マドリードに所属するスペイン代表MFイスコの獲得に乗り出していることが明らかになった。スペインメディア『Fichajes.net』が29日に報じている。イスコは、2013年6月にマラガからレアル・マドリードへ加入。当時はマンチェスター・Cも含めた複数クラブによる争奪戦が繰り広げられていた。また、今夏の移籍市場でも同クラブからの関心が報じられており、2年半にわたる長期的なターゲットとして噂されている。同メディアによると、マンCのフェラン・ソリアーノCEO(最高経営責任者)はレアルのホセ・アンヘル・サンチェスGM(ゼネラル・マネージャー)と面談を行い、獲得希望を伝えた模様。早ければ来年1月にも加入させたい意向にあるという。(SOCCER KING)

update: 2015年12月31日11:18 pm