恐喝容疑のベンゼマを狙う | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2015/12/21
恐喝容疑のベンゼマを狙う

恐喝容疑で今なかなかなベンゼマ
実力は間違い無いので問題無ければ欲しい選手
シティとチェルシーが狙う

フランス代表の同僚に対する恐喝容疑で逮捕、起訴されているレアル・マドリードFWカリム・ベンゼマの争奪戦が、意外にも巻き起こっているという。成績不振からジョゼ・モウリーニョ監督を解任したチェルシーとマンチェスター・シティが、1月の移籍市場で渦中のストライカーの獲得に乗り出していると、英地元紙「デイリー・ミラー」が報じている。ベンゼマに対してはアーセナルが獲得に乗り出していたが、フロレンティーノ・ペレス会長は放出の意向を見せず、「BBC」と呼ばれる強力3トップをクリスティアーノ・ロナウド、ギャレス・ベイルと結成してきた。だが、ここに来て風向きが大きく変わってきた。リヨンMFマテュー・ヴァルブエナの映ったセックステープに関する恐喝事件に関与し、11月にフランス警察当局に逮捕・起訴されている。フランス代表の活動停止処分を受けており、有罪となれば禁錮5年という重罪が課されることになる。容疑を否認し、善意による仲介役であったことを強調しているベンゼマ自身は、レアルのチームメイトからのサポートの少なさにショックを受けているとレポートされている。1月のプレミアリーグ移籍を前向きに検討し始めたというストライカーに対し、シティとチェルシーというオイルマネーを背景にした資金力を誇る強豪2クラブが、獲得に乗り出したという。(Soccer Magazine ZONE web)

update: 2015年12月21日10:42 pm