ハートは10日離脱、シルバが復帰 | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2015/11/28
ハートは10日離脱、シルバが復帰

チャンピオンズリーグ、ユヴェントス戦で途中交代になったハート
ハムストリングだと言われ長期だったら厳しいと思ったが
10日ほどで大丈夫とのこと
そしてシルバが復帰

チャンピオンズリーグのユヴェントス戦で負傷交代したマンチェスター・シティGKジョー・ハートは10日間ほど離脱することが分かった。マンC公式サイトによれば、ユヴェントス戦の81分にウィリー・カバジェロと交代したハートは筋組織を痛めているが、軽傷であるとのこと。マンCは28日にリーグ14節サウサンプトン戦、来月1日にリーグカップのハル・シティ戦、そして8日に15節ストーク・シティ戦を控えているが、これらの試合をハートは欠場する見込みだ。なお、サウサンプトン戦の前日会見に臨んだマヌエル・ペジェグリーニ監督は司令塔ダビド・シルバが復帰したと明かし、28日の試合に出場する可能性を仄めかした。チームのパフォーマンスを大きく左右する中心選手であるだけに、復帰は心強いところだ。(theWORLD)

ハートは25日のチャンピオンズリーグ・ユヴェントス戦で、後半途中にハムストリングを痛めて交代していた。ペジェグリーニ監督は27日の会見で、次のように述べている。「ハートは筋肉の問題だ。回復次第だが分からないが、10日の離脱になると思う。幸いにも、とても深刻なケガではない。だが、よく回復することが重要だ。これから数日の様子を見る」「ケガに関して不満は言わない。私はウィリー・カバジェロをすごく信頼しているしね。彼が良いパフォーマンスをしてくれると確信している。トッテナム戦ではミスがあったかもしれないが、どのGKもミスはある。ジョーもノリッジ(・シティ)戦であった。ウィリーは非常に経験豊富な選手だ」DFヴァンサン・コンパニ、DFエリアキム・マンガラ、DFパブロ・サバレタ、MFサミル・ナスリはいまだ負傷離脱中のシティだが、MFダビド・シルバとFWウィルフリード・ボニーは28日のサウサンプトン戦でメンバー入りできるようだ。「ダビドが戻ってくるのは大きい。彼は非常に重要な選手だ。彼の穴を埋めるのはとても難しい。ダビドは我々に違うプレーをもたらしてくれる。ファイナルサードで最も正確なパスを出す選手だ」「サバレタは2週間離脱だ。ひざのじん帯に同じ問題がある。治療が必要だ。だから、少なくとも10日は不在となる。マンガラはハムストリングの筋肉の問題だが、ストーク(・シティ)戦にはフィットするだろう」(Goal)

GKジョー・ハートは25日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)グループリーグ第5節ユベントス戦に先発出場したが、後半36分に途中交代していた。守護神の状態についてペジェグリーニ監督は、「ハートは筋肉の問題だ。どれくらいで回復するかは分からないが、10日間ほど離脱するだろう」と明かしている。また、負傷離脱中のDFエリアキム・マンガラとDFパブロ・サバレタについても言及。「ザバレタは、数週間離脱する。前と同じ箇所の膝十字じん帯の損傷だ。現在治療中だが、少なくとも10日はかかる。マンガラは、ハムストリングに筋組織の問題を抱えているが、ストーク戦には間に合うだろう」と説明している。その他にもMFサミル・ナスリやDFビンセント・コンパニが離脱しているが、MFダビド・シルバとFWウィルフリード・ボニーはサウサンプトン戦に間に合うようだ。「ダビドの復帰は重要なことだ。彼は、アグエロと同じくらい重要な選手だから。彼の代わりを見つけるのは難しい。彼は、違うプレーをもたらしてくれる。ファイナルサードで一番正確なパスを出すことができる選手だ」(ゲキサカ)

update: 2015年11月28日12:06 pm