ダンとは結局喧嘩別れなのか? | マンチェスター・シティ ファンサイト

公開日:2009/09/09
ダンとは結局喧嘩別れなのか?

ダンとは結局喧嘩別れなのか?
スタメンが厳しい、そして出れないなら他へと
普通の感じだと思ったが遺恨ができてしまったか

今年の夏にマンチェスター・シティからアストン・ヴィラへ移籍したDFリチャード・ダン。同選手は9シーズン在籍したクラブから移籍を強要されたと、古巣シティを非難していた。しかし、シティのマーク・ヒューズ監督は、クラブの公式HPで移籍を選択したのはダンであるとし、ダンが批判していたクックCEOを擁護している。「リチャードは明らかにシティから移籍することを話し合う必要性を感じていた。ただ、移籍する決断を下したのは彼だ。彼はシティのプレーヤーからヴィラのプレーヤーへ変わることができた唯一の人物だ」「それは彼の決断だ。クラブが移籍を強要したということはない。クックとの話し合いを持ち出すのは、アンフェアだと言わなければいけないね」「私はクラブから大きなサポートを受けている。我々はクラブが競争力を得るために働いている」「選手に影響を与える決断も下さなければいけないが、我々はシティを良いクラブに、成功させるために働いているんだ」(Goal)

update: 2009年9月9日11:59 pm